研究者
J-GLOBAL ID:200901009823096599   更新日: 2018年10月28日

古川 澄明

Furukawa Sumiaki
所属機関・部署:
職名: 教授・大学院担当教授
研究分野 (3件): 経営学 ,  経済史 ,  地域研究
研究キーワード (1件): メガ・プラットフォーム、メガ・モジュール化戦略、次世代自動車、モビリティ産業、モビリティ・カンパニー、メガサプライヤー、Automotive 4.0、Industry 4.0、自動車企業ビジネスモデル、自動車産業、VW、AUDI、中国自動車産業、アセアン自動車産業、フグ・ビジネス、フグ食安全衛生
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2016 - 2019 アジア和僑ビジネスと日本の地方農水産業:国際ロジスティックス・ネットワークの併呑
  • 2017 - 2018 フグ処理者の認定手法の標準化に関する研究、研究分担者:渡部終五、長島裕二、望岡典隆、豊福肇
  • 2014 - 2017 日欧自動車メーカーの「メガ・プラットフォーム戦略」とサプライチェーンの変容、研究代表者・古川、研究分担者:居城克治・福岡大学, 商学部, 教授 (20279251)、塩次 喜代明・福岡女子大学, 国際文理学部, 教授 (30154173) 、目代武史・九州大学, 工学研究院, 准教授 (40346474)、李 澤建・大阪産業大学, 経済学部, 准教授 (40570495) 、木村 弘・広島修道大学, 商学部, 准教授 (50336070)、竹原 伸・近畿大学, 工学部, 教授 (50460928)、内田和
  • 2014 - 2017 フグ・ビジネスの海外市場開拓とアジア日系産業集積地の拡大:地域商業活性化への活路
  • 2010 - 2014 環境対応自動車の開発・製造に伴う部品取引システムの進化:中国・九州の越域的新連携、研究分担者・古川澄明
全件表示
論文 (31件):
  • 古川澄明. 著書紹介:German Industry and Global Enterprise. BASF: The History of a Company, by Werner Abelshauser, Wolfgang von Hippel, Jeffrey Allan Johnson and Raymond G.Stokes, Cambridge University Press, 2004. 山口経済学雑誌. 2006. 54. 6. 119-138
  • 古川澄明. 在欧州日系自動車メーカーの戦略-マジャールスズキ社のヒアリング調査記録:続編(2・完). 山口経済学雑誌. 2005. 54. 2. 115-137
  • 古川澄明. 在欧州日系自動車メーカーの戦略-マジャールスズキ社のヒアリング調査記録:続編(1). 山口経済学雑誌. 2005. 54. 1. 155-185
  • 中国自動車・半導体産業調査-1999年10月現地調査報告書. 東亜経済研究(別冊). 2000. 59. 1. 1-145
  • ドイツ自動車産業の対中国戦略について-Volkswagenグループを事例として. 東亜経済研究. 1997. 56. 2. 119
もっと見る
書籍 (18件):
  • フグ処理者の認定手法の標準化に関する研究(厚生労働科学研究費補助金・食品の安全確保推進研究事業)平成29年度総括・分担研究報告書、(課題番号)H29-食品-一般-002、研究代表者・古川澄明、研究分担者:渡部終五、長島裕二、望岡典隆、豊福肇。
    厚生労働科学研究成果データベース公開 2018
  • 自動車メガ・プラットフォーム戦略の進化 : 「ものづくり」競争環境の変容
    九州大学出版会 2018
  • 地域自動車部品サプライヤーのグローバル戦略を考える、科学研究費補助金(基盤研究A)研究成果報告書, 2014-2016年度、古川澄明 [研究代表]
    山口大学経済学部古川澄明研究室発行 2017
  • 日欧自動車メーカーの「メガ・プラットホーム戦略」とサプライチェーンの変容(科学研究費補助金基盤研究A・平成26年度研究成果報告書)、研究代表者・古川澄明
    山口大学経済学部古川研究室発行 2015
  • Building of international cyber cooperation between archives possessing modern-East-Asian historical records
    New Pump-Priming of Yamaguchi University 2014 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (2件):
  • The Shifting of Production Capabilities of the Automobile Industry from Western to Central Europe and Germany's Position as a Business Location: The Case of the Automotive Componets Industry.
    (International Symposium of the German Institute for Japanese Studies 2004)
  • A comparative study on the modularisation of the automobile production in Japan and Germany
    (Workshop of the DFG-JSPS-Project about the Lean production System in Japan and Germany 2002)
Works (4件):
  • 市場経済への転換過程下の中国企業改革に関する調査研究:文部省科学研究費補助金(大学間協力研究、研究分担者)
  • 環黄海地域の産業展開と国際地域間経済協力に関する調査研究--日・中・韓の自動車・電子産業を中心にして-:文部省科学研究費補助金(国際学術研究、研究分担者)
  • 欧州自動車産業の構造変化とポスト・リーン生産システム:文部省科学研究費補助金(基盤研究C1、研究代表者)
  • 日本学術振興会「日欧科学協力事業」(ドイツ)による国際共同研究(研究代表者)
学歴 (2件):
  • - 1981 神戸大学 経営学
  • - 1975 同志社大学
学位 (2件):
  • 商学修士 (その他)
  • 商学修士 (その他)
経歴 (5件):
  • 2016/04 - 現在 岡山商科大学 大学院商学研究科 教授
  • 2016/04 - 現在 岡山商科大学 経営学部 教授、山口大学・名誉教授
  • 2010/05 - 2016/03 山口大学 経済学部 大学院担当教授
  • 1993/05 - 2016/03 山口大学 経済学部 教授
  • 2010/02/24 - 2010/05/17 山口大学 経済学部 大学院担当教授
委員歴 (5件):
  • 2010/07 - 現在 美祢市産業振興審議会 委員・会長
  • 2012/09 - 2013/08 医工連携・先進環境対応車にかかわる有識者会議 委員
  • 2011/07 - 2012/08 中国地域の自動車産業分野の中長期発展展望に関する検討会 委員
  • 2010/08 - 2012/08 産官学ネットワークを活用した中長期戦略の検討委員会 委員
  • 2010/04 - 2011/03 中国地域自動車産業の中長期戦略検討委員会 委員
所属学会 (3件):
中四国商経学会 ,  経営史学会 ,  日本経営学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る