研究者
J-GLOBAL ID:200901009923564735   更新日: 2020年07月07日

高島 明彦

タカシマ アキヒコ | Takashima Akihiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 神経科学一般
研究キーワード (3件): 老化 ,  脳神経疾患 ,  神経科学
論文 (42件):
  • Soeda Y, Saito M, Maeda S, Ishida K, Nakamura A, Kojima S, Takashima A. Methylene Blue Inhibits Formation of Tau Fibrils but not of Granular Tau Oligomers: A Plausible Key to Understanding Failure of a Clinical Trial for Alzheimer's Disease. J Alzheimers Dis. 2019. 68. 4. 1677-1686
  • Ano Y, Ayabe T, Kutsukake T, Ohya R, Takaichi Y, Uchida S, Yamada K, Uchida K, Takashima A, Nakayama H. Novel lactopeptides in fermented dairy products improve memory function and cognitive decline. Neurobiol Aging. 2018. 6. 72. 23-31
  • Yoshikawa M, Soeda Y, Michikawa M, Almeida OFX, Takashima A. Tau Depletion in APP Transgenic Mice Attenuates Task-Related Hyperactivation of the Hippocampus and Differentially Influences Locomotor Activity and Spatial Memory. Front Neurosci. 2018. 1. 12. 124
  • Ano Y, Dohata A, Taniguchi Y, Hoshi A, Uchida K, Takashima A, Nakayama H. Iso-α-acids, Bitter Components of Beer, Prevent Inflammation and Cognitive Decline Induced in a Mouse Model of Alzheimer's Disease. The Journal of biological chemistry. 2017. 292. 9. 3720-3728
  • 高島 明彦. タウを介してのアルツハイマー病における神経変性機序. Journal of Sport and Health Science. 2016
もっと見る
MISC (21件):
  • 阿野泰久, 高市雄太, 内田和幸, 中山裕之, 高島明彦. タウオパチーモデルマウスにおけるビール苦味成分イソα酸の脳内炎症抑制効果. Dementia Japan. 2018. 32. 3. 442
  • 阿野泰久, 吉野有香, 吉川弥里, 内田真一, 山田浩司, 内田和幸, 中山裕之, 高島明彦. ビール苦味成分イソα酸の短期間投与によるアルツハイマー病の病態改善効果. Dementia Japan. 2017. 31. 4. 576
  • 中村 真理, 渡部 博貴, 塩澤 誠司, 久永 眞市, 佐原 成彦, 木村 妙子, 宮坂 知宏, 高島 明彦, 池内 健, 岡野 栄之. FTDP-17患者由来iPS細胞を用いたin vitro病態モデルの確立及び表現型解析. Dementia Japan. 2017. 31. 4. 555-555
  • 高市 雄太, チェンバーズ・ジェームズ, 内田 和幸, 高島 明彦, 中山 裕之. タウオパチーモデルマウス(rTg4510)におけるα-synuclein蛋白質のリン酸化に関する免疫組織学的検討. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2017. 160回. 332-332
  • 阿野 泰久, 高島 明彦. ビールの苦み成分がアルツハイマー病を防ぐ? : ホップ由来イソα酸の効能. 化学 = Chemistry. 2017. 72. 7. 37-40
もっと見る
学位 (1件):
  • 理学博士
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る