研究者
J-GLOBAL ID:200901009945210864   更新日: 2021年04月14日

金尾 政紀

カナオ マサキ | Kanao Masaki
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (2件): https://researchmap.jp/read0211630/http://researchmap.jp/read0211630
研究分野 (3件): データベース ,  環境動態解析 ,  固体地球科学
研究キーワード (25件): 国際共同 ,  データベース ,  リアルタイム防災 ,  テレサイエンス ,  地球システム ,  テクトニクス ,  地球史 ,  インフラサウンド ,  温暖化 ,  氷河地震 ,  フロンティア ,  極地 ,  地球深部 ,  波動伝播 ,  地震活動 ,  構造・ダイナミクス ,  大陸進化 ,  震源・波形 ,  地震観測 ,  情報通信技術 ,  地球環境学 ,  測地学 ,  火山学 ,  地球内部物理学 ,  地震学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2014 - 2018 可聴下波動伝播特性による南極域の多圏融合物理現象解明と温暖化影響評価
  • 2012 - 2016 広帯域地震観測によるグリーンランド氷河地震の発生過程の解明
  • 2013 - 2013 国際交流プログラム:情報通信研究機構(NICT)「グローバルデータシステムにおける極域データ活動」に関する国際フォーラム(2013.10)
  • 2008 - 2011 地球惑星科学仮想データセンターの構築と機能の実証的研究
  • 2005 - 2008 ユーラシア大陸極東域における微小大陸衝突・集合時の変動テクトニクス
全件表示
論文 (232件):
  • Kanao, M. Cryoseismologic Studies for Polar Environment - Recent Progress of Japanese Contribution. Inter. J. Geosci. 2021. 12. 6-22
  • Ishihara, Y, Murayama, T, M.-Y. Yamamoto, T. Matsushima, M. Kanao. Infrasound observation at Japanese Antarctic Station “Syowa": 11 years observations and results. Polar Data Journal. 2020. 4. 45-54
  • Masaki Kanao. Introductory Chapter: Arctic Studies - A Proxy to Climate Change. Special Issue on " Arctic Studies - A Proxy to Climate Change", ISBN 978-1-78984-100-8, Chapter 1, pp. 1-4, IntechOpen, London, United Kingdom. 2019
  • Masaki Kanao. A review of data management for polar sciences in Japan. EasyChair Preprints Series, No. 1759. 2019
  • Masaki Kanao. Introductory Chapter: Antarctica - A Key to Global Change. Special Issue on " Antarctica - A Key to Global Change", ISBN 978-1-78985-816-7, Chapter 1, pp. 1-4, IntechOpen, London, United Kingdom. 2019
もっと見る
MISC (118件):
書籍 (32件):
  • Special Issue on "Glaciers and the Polar Environment"
    IntechOpen, London, United Kingdom 2021
  • Seismic Waves - Probing Earth System
    IntechOpen, London, United Kingdom 2019
  • Arctic Studies - A Proxy for Climate Change
    IntechOpen, London, United Kingdom 2019
  • Antarctica - A Key To Global Change
    ISBN 978-1-78985-816-7, Chapter 1-8, pp.124, IntechOpen, London, United Kingdom, 2019 ISBN:9781789858167
  • Polar Seismology - Advances and Impact
    IntechOpen, London, United Kingdom 2018 ISBN:9781789235692
もっと見る
講演・口頭発表等 (678件):
  • A decade of contribution to the Greenland Ice Sheet Monitoring Network (GLISN)
    (Arctic Science Summit Week 2021 (ASSW-2021), ID:13 - Advancing SAON's Roadmap etc. through Regional and Global capabilities, March 19-26 (Online Meeting), 2021, Portugal 2021)
  • Data and metadata sharing among Asian countries
    (International Symposium “Global Collaboration on Data beyond Disciplines”, PROGRAMME and ABSTRACTS, pp.54-55, Joint Support-Center for Data Science Research, Tokyo, Japan, 23-25 September, 2020 2020)
  • Seismic harmonic tremors determined by local arrays and their relation to cryosphere dynamics in Lützow-Holm Bay, Antarctica
    (SCAR 2020 Open Science Conference, the book of Abstracts, 17 - Geophysical Techniques and Analysis in Antarctic Science, Online Conference 2020)
  • Characteristic multi-sphere interaction in the coastal and marine environment inferred from infrasound observation at Terra Nova Bay, Antarctica
    (JpGU-AGU Joint Meeting 2020, M-TT48, C005267, Virtual Meeting 2020)
  • Progress in Cryoseismology - A review of Japanese contribution -
    (JpGU-AGU Joint Meeting 2020, M-TT48, C005266, Virtual Meeting 2020)
もっと見る
Works (56件):
  • グリーンランドでの氷河地震観測(国際共同研究)
    金尾 政紀 2011 - 現在
  • 極域科学のメタデータマネージメント
    金尾 政紀 2006 - 現在
  • 南極・昭和基地の地震観測業務・データ公開
    金尾 政紀 1989 - 現在
  • 国際極年(IPY2007-2008)のデータマネージメント
    金尾 政紀 2007 - 2012
  • 日米国際共同研究:東南極大陸における広帯域地震計展開計画(AGAP/GAMSEIS, IPY No. 147)
    2008 - 2010
もっと見る
学位 (1件):
  • 理学博士 (京都大学)
経歴 (6件):
  • 2017/04 - 現在 情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 極域環境データサイエンスセンター 准教授
  • 2010/04 - 2017/03 情報・システム研究機構 国立極地研究所 准教授
  • 2007/04 - 2010/03 情報・システム研究機構 国立極地研究所 助教
  • 2004/04 - 2007/03 情報・システム研究機構 国立極地研究所 助手
  • 1993/10 - 2004/03 国立極地研究所 助手
全件表示
委員歴 (61件):
  • 2021/04 - 現在 日本学術会議 地球惑星科学委員会 地球・惑星圏分科会 データ共有小委員会
  • 2021/04 - 現在 日本学術会議 情報学委員会 国際サイエンスデータ分科会 WDS小委員会
  • 2019/06 - 現在 Steering Committee for the Polar Data Forum III, Finland, 2019 November
  • 2019/06 - 現在 Steering Committee for the Polar Data Forum III, Finland, 2019 November
  • 2019/04 - 現在 南極観測委員会データマネージメント分科会
全件表示
受賞 (1件):
  • 2011/02 - 全米科学財団(National Science Foundation) 南極功労章(Antarctica Service Medal of the United States of America) 国際極年IPYでの東南極内陸域の広域地震観測研究(AGAP/GAMSEIS))
所属学会 (22件):
ヨーロッパ地球科学連合 ,  日本音響学会 ,  極地研究振興会 ,  JAPANESE SOCIETY OF APPLIED STATISTICS ,  JAPAN SOCIETY OF ENERGY AND RESOURCES ,  THE JAPANESE SOCIETY OF SNOW AND ICE ,  The Japan Consortium for Arctic Environmental Research ,  Polar Research Promotion Association ,  Japan Geoscience Union ,  American Geophysical Union ,  The Geodetic Society of Japan ,  The Volcanological Society of Japan ,  The Seismological Society of Japan ,  北極環境研究コンソーシアム ,  アメリカ地球物理学連合 ,  応用統計学会 ,  エネルギー・資源学会 ,  日本雪氷学会 ,  日本火山学会 ,  日本測地学会 ,  日本地震学会 ,  日本地球惑星科学連合
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る