研究者
J-GLOBAL ID:200901009973389845   更新日: 2019年12月11日

志賀 元紀

シガ モトキ | SHIGA Motoki
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://www1.gifu-u.ac.jp/~siglab/index.html
研究分野 (7件): 情報学基礎理論 ,  統計科学 ,  生命・健康・医療情報学 ,  知能情報学 ,  統計科学 ,  数理情報学 ,  生命・健康・医療情報学
研究キーワード (19件): 計測インフォマティクス ,  マテリアルズインフォマティクス ,  半教師あり学習 ,  クラスタリング ,  教師有り学習 ,  機械学習 ,  データマイニング ,  データ統合 ,  遺伝子ネットワーク ,  遺伝子機能解析 ,  頻出パターンマイニング ,  行列分解 ,  バイオインフォマティクス ,  生物ネットワーク ,  統計的検定 ,  遺伝子発現量 ,  ケモインフォマティクス ,  統計的機械学習 ,  材料情報学
競争的資金等の研究課題 (24件):
  • 2019 - 2023 AIを導入したマテリアルズインフォマティクスによる巨大光吸収半導体の開発
  • 2016 - 2020 物質・材料の微細構造計測におけるインフォマティクス技術の開拓
  • 2016 - 2020 複数データセットの効率的統合に基づく機械学習法
  • 2016 - 2018 材料インフォマティクスに適した機械学習法の開拓 計画研究
  • 2015 - 2016 補助情報を用いるテンソル因子化法における雑音モデルの一般化
全件表示
論文 (45件):
  • Yohei Onodera, Shinji Kohara, Shuta Tahara, Atsunobu Masuno, Hiroyuki Inoue, Motoki Shiga, Akihiko Hirata, Koichi Tsuchiya, Yasuaki Hiraoka, Ippei Obayashi, Koji Ohara, Akitoshi Mizuno, Osami Sakata. Understanding diffraction patterns of glassy, liquid and amorphous materials via persistent homology analyses. Journal of the Ceramic Society of Japan. 2019
  • Shunsuke Muto, Motoki Shiga. Application of machine learning techniques to electron microscopic/spectroscopic image data analysis. Microscopy. 2019
  • Yuhki Tsukada, Shion Takeno, Masayuki Karasuyama, Hitoshi Fukuoka, Motoki Shiga, Toshiyuki Koyama. Estimation of material parameters based on precipitate shape: efficient identification of low-error region with Gaussian process modeling. Scientific Reports. 2019. 9. 15794
  • Motoki Shiga, Shunsuke Muto. Non-negative matrix factorization and its extensions for spectral image data analysis. e-Journal of Surface Science and Nanotechnology. 2019. 17. 148-154
  • Michael Patrick Menden, Dennis Wang, Yuanfang Guan, Michael Mason, Bence Szalai, Krishna C Bulusu, Thomas Yu, Jaewoo Kang, Minji Jeon, Russ Wolfinger, Tin Nguyen, Mikhail Zaslavskiy, AstraZeneca-Sanger Drug Combination DREAM Consortium, In Sock Jang, Zara Ghazoui, Mehmet Eren Ahsen, Robert Vogel, Elias Chaibub Neto, Thea Norman, Eric KY Tang, Mathew J Garnett, Giovanni Di Veroli, Stephen Fawell, Gustavo Stolovitzky, Justin Guinney, Jonathan R Dry, Julio Saez-Rodriguez. Community assessment to advance computational prediction of cancer drug combinations in a pharmacogenomic screen. Nature Communications. 2019. 10. 2674
もっと見る
書籍 (2件):
  • 脳神経システム解析のための数理アルゴリズム
    オーム社 2006
  • Nanoinformatics
    Springer 2018 ISBN:978-981-10-7617-6
講演・口頭発表等 (20件):
  • 統計的機械学習による物質材料データ解析
    (日本金属学会・日本鉄鋼協会東海支部 若手材料研究会・技術交流フォーラム 2016)
  • 統計的機械学習に基づく走査型電子顕微鏡データ解析
    (先端計測インフォマティクス 大量データ時代の情報活用 2017)
  • 物質・材料の微細構造計測におけるインフォマティクス技術の開拓
    (第2回 さきがけ新分野開拓セミナー「ICTの展開」 2017)
  • 統計的機械学習に基づくスペクトラムイメージ解析
    (2017年真空・表面科学合同講演会・データ駆動表面科学研究部会セッション 2017)
  • スペクトルイメージデータ解析のための統計的機械学習法
    (マイクロビームアナリシス第141委員会第169回研究会 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (岐阜大学)
経歴 (8件):
  • 2006/04 - 2008/03 京都大学 化学研究所 附属バイオインフォマティクスセンター 博士研究員
  • 2008/04 - 2011/03 京都大学大学院 薬学研究科 助教
  • 2008/04 - 2011/03 京都大学 化学研究所 附属バイオインフォマティクスセンター 助教
  • 2011/04 - 2013/09 豊橋技術科学大学大学院 工学研究科 情報・知能工学系 助教
  • 2013/10 - 2017/03 岐阜大学 助教(テニュアトラック)
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2018/04 - 現在 日本応用数理学会・機械学習研究部会 主査
  • 2016/04 - 2018/03 日本応用数理学会・機械学習研究部会 幹事
  • 2014/04 - 現在 日本化学会情報化学部会・若手の会 コアメンバー
  • 2016 - 2016 The 10th International Workshop on Machine Learning in Systems Biology Program Committee
  • 2016 - 2016 第19回情報論的学習理論ワークショップ プログラム委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2005/01/31 - 電気関係学会東海支部 平成 16 年度連合大会奨励賞
  • 2015/08/17 - Dream Challenges Top Performer of DREAM 9.5 Prostate Cancer DREAM Challenge, Sub-Challenge 1-b.
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る