研究者
J-GLOBAL ID:200901010069055714   更新日: 2020年06月02日

川方 裕則

カワカタ ヒロノリ | Kawakata Hironori
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (1件): http://www.ritsumei.ac.jp/se/~kawakata/
研究分野 (2件): 固体地球科学 ,  防災工学
研究キーワード (1件): 固体地球物理学、地震発生物理学、実験地震学、岩石力学、弾性波伝播、前震活動
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2009 - 2014 透過弾性波を用いた岩石破壊のイメージング
  • 2010 - 2010 封圧下マイクロサイスミック解析
  • 2009 - 2009 高圧環境下における広周波数帯域超音波計測用センサー・アセンブリの開発
  • 2005 - 2006 近畿圏内陸地震発生場における非弾性変形抽出のための応力とひずみのモニタリング
  • 2004 - 2004 大地震の初期破壊検出のためのアルゴリズム開発
論文 (59件):
  • Masayuki Nakayama, Hironori Kawakata, Shiro Hirano, Issei Doi, Naoki Takahashi. Propagation characteristics of elastic waves transmitted through sand soils under dry and saturated conditions. PROGRESS in ACOUSTIC EMISSION. 2018. XIX. 163-167
  • Kazune Yamamoto, Makoto Naoi, Youqing Chen, Kengo Nishihara, Shunsuke Yano, Hironori Kawakata, Takashi Akai, Isao Kurosawa, Tsuyoshi Ishida. Moment Tensor Analysis of Acoustic Emissions Induced by Laboratory-based Hydraulic Fracturing in Granite. Geophysical Journal International. 2018
  • Makoto Naoi, Youqing Chen, Kengo Nishihara, Kazune Yamamoto, Shunsuke Yano, Shota Watanabe, Yuta Morishige, Hironori Kawakata, Takashi Akai, Isao Kurosawa, Tsuyoshi Ishida. Monitoring hydraulically-induced fractures in the laboratory using acoustic emissions and the fluorescent method. International Journal of Rock Mechanics and Mining Sciences. 2018. 104. 53-63
  • Futoshi Yamashita, Eiichi Fukuyama, Shiqing Xu, Kazuo Mizoguchi, Hironori Kawakata, Shigeru Takizawa. Rupture preparation process controlled by surface roughness on meter-scale laboratory fault. Tectonophysics. 2018
  • Shiqing Xu, Eiichi Fukuyama, Futoshi Yamashita, Kazuo Mizoguchi, Shigeru Takizawa, Hironori Kawakata. Strain rate effect on fault slip and rupture evolution: Insight from meter-scale rock friction experiments. Tectonophysics. 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (175件):
  • 24-hours broadband measurements of elastic waves transmitted through sand soils under dry and saturated conditions to investigate differences in propagation characteristics
    (2018 AGU Fall Meeting 2018)
  • 基盤強震観測網(KiK-net)強震計の設置方位の推定
    (日本地球惑星科学連合2018年大会 2018)
  • 室内水圧破砕実験中に生じるAEの絶対規模推定
    (日本地球惑星科学連合2018年大会 2018)
  • Observed seismic and infrasonic signals around the Hakone volcano -Discussion based on a finite-difference calculation-
    (2017 AGU Fall Meeting 2017)
  • Extraction of AE events to estimate their b values under a triaxial compressive condition ~Examination using continuous broadband records~
    (2017 AGU Fall Meeting 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1999 京都大学大学院 理学研究科 地球惑星科学専攻
  • - 1996 京都大学大学院 理学研究科 地球惑星科学専攻
  • - 1994 京都大学 理学部
学位 (1件):
  • 京都大学博士(理学) (京都大学)
経歴 (13件):
  • 2016/04/01 - 2018/03/31 京都大学防災研究所・非常勤講師
  • 2017/04/01 - 立命館大学 学生部長(スポーツ振興担当)
  • 2016/04/01 - 2017/03/31 立命館大学 学生部副部長
  • 2013/04/01 - 2015/03/31 立命館大学 理工学部副学部長(入試・高大連携担当)
  • 2012/04/01 - 立命館大学理工学部・教授
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2014/08 - 2019/03 日本地震学会 日本地震学会表彰委員
  • 2016/04 - 2018/03 日本地震学会 日本地震学会表彰委員会 委員長
  • 2006/05 - 2015/03 日本地震学会 日本地震学会広報委員
  • 2014/04 - 日本地震学会 代議員
  • 2012/04 - 2014/03 日本地震学会 日本地震学会「地震」編集委員
全件表示
所属学会 (3件):
自然災害学会 ,  米国地球物理学連合 ,  日本地震学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る