研究者
J-GLOBAL ID:200901010091468135   更新日: 2022年07月30日

東 久美子

アズマ クミコ | Azuma Kumiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (7件): 環境動態解析 ,  宇宙惑星科学 ,  大気水圏科学 ,  数理物理、物性基礎 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価 ,  環境動態解析
研究キーワード (9件): Ice core chemistry ,  極域環境変動 ,  古気候・古環境復元 ,  雪氷コア ,  雪氷学 ,  雪氷化学 ,  雪氷物理学 ,  Snow Chemistry ,  Ice physics
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2020 - 2023 地球温暖化に関わる北極エアロゾルの動態解明と放射影響評価
  • 2020 - 2022 南極氷床コアのダストとブラックカーボンの高精度・高時間分解能分析による古環境復元
  • 2018 - 2022 グリーンランド氷床コアから解読する過去の急激な気候変動と陸海域環境への影響
  • 2017 - 2020 地球温暖化に関わる北極ブラックカーボンとダスト粒子の動態と放射効果
  • 2015 - 2018 南極氷床コア中ダストのマルチパラメータ分析による氷期・間氷期の気候・環境変動解読
全件表示
論文 (151件):
  • Tomotaka Saruya, Shuji Fujita, Yoshinori Iizuka, Atsushi Miyamoto, Hiroshi Ohno, Akira Hori, Wataru Shigeyama, Motohiro Hirabayashi, Kumiko Goto-Azuma. Development of crystal orientation fabric in the Dome Fuji ice core in East Antarctica: implications for the deformation regime in ice sheets. The Cryosphere. 2022. 16. 7. 2985-3003
  • Tobias Erhardt, Matthias Bigler, Urs Federer, Gideon Gfeller, Daiana Leuenberger, Olivia Stowasser, Regine Rothlisberger, Simon Schupbach, Urs Ruth, Birthe Twarloh, et al. High-resolution aerosol concentration data from the Greenland NorthGRIP and NEEM deep ice cores. EARTH SYSTEM SCIENCE DATA. 2022. 14. 3. 1215-1231
  • Wataru SHIGEYAMA, Fumio NAKAZAWA, Kumiko GOTO-AZUMA, Tomoyuki HOMMA, Naoko NAGATSUKA, Ramona V. MATEIU, Morimasa TAKATA, Nobuhiko AZUMA, Dorthe DAHL-JENSEN. Microparticles in a deep ice core drilled at NEEM, Greenland: cryogenic scanning electron microscopic observations of location, size, shape, and constituent elements. Polar Data Journal. 2021
  • Fumio Nakazawa, Kumiko Goto-Azuma. Ultraviolet germicidal irradiation of melted snow and ice samples: inactivation of microorganisms and effects on insoluble microparticles. Journal of Glaciology. 2021. 1-8
  • T. MORI, S. OHATA, K. GOTO-AZUMA, Y. KONDO, K. FUKUDA, Y. OGAWA-TSUKAGAWA, N. MOTEKI, A. YOSHIDA, M. KOIKE, P. R. SINHA, et al. Seasonal variation of wet deposition of black carbon at Ny-Ålesund, Svalbard. J. Geophys. Res. Atmos. 2021. 126. 12. e2020JD034110
もっと見る
MISC (102件):
  • 米倉綾香, 川村賢二, 川村賢二, 川村賢二, 大藪幾美, 北村享太郎, 尾形純, 平林幹啓, 福田かおり, 塚川佳美, et al. ドームふじアイスコアの連続分析により得られた約15万年前の氷期におけるメタン濃度変動. 雪氷研究大会講演要旨集(Web). 2021. 2021
  • 内田努, 繁山航, 繁山航, 大藪幾美, 東久美子, 東久美子, 中澤文男, 中澤文男, 本間智之, 川村賢二, et al. SEM-EDS測定によるair hydrate結晶中のアルゴンの発見. 雪氷研究大会講演要旨集(Web). 2021. 2021
  • 東久美子, 東久美子, 平林幹啓, 中澤文男, 中澤文男, 藤田秀二, 藤田秀二, 福田かおり, 尾形純, 北村享太郎, et al. 南極ドームふじ深層氷床コア中ダストの濃度と粒径の高時間分解能解析 最終氷期最寒期~完新世中盤における変動. 雪氷研究大会講演要旨集(Web). 2021. 2021
  • 米倉綾香, 川村賢二, 川村賢二, 大藪幾美, 北村享太郎, 尾形純, 平林幹啓, 福田かおり, 東久美子, 東久美子, et al. 連続融解分析法によるドームふじアイスコア中のメタン濃度の測定 -最終氷期最寒期から完新世-. 雪氷研究大会講演要旨集(Web). 2020. 2020
  • 川村賢二, 川村賢二, 川村賢二, 阿部彩子, 阿部彩子, 藤田秀二, 藤田秀二, 小長谷貴志, 齊藤冬樹, Greve Ralf, et al. 氷床レーダー探査と浅層アイスコア,氷床流動モデルに基づく南極ドームふじ近傍における「最古のアイスコア」掘削地点の検討. 雪氷研究大会講演要旨集(Web). 2019. 2019
もっと見る
書籍 (12件):
  • 雪と氷の疑問60 みんなが知りたいシリーズ2
    成山堂書店 2016
  • 低温環境の科学事典
    朝倉書店 2016
  • 北極読本(南極OB会編集委員会編)
    成山堂書店 2015
  • 新版雪氷辞典
    古今書院 2014
  • アイスコア 地球環境のタイムカプセル
    成山堂 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (114件):
  • Continuous flow analysis of black carbon in Dome Fuji deep ice core over Termination I using a wide-range single-particle soot photometer
    (The 12th Symposium on Polar Science 2021)
  • Concentrations and sizes of black carbon originated from anthropogenic and biomass burning emissions in Northwest Greenland over the past 350 years
    (The 12th Symposium on Polar Science 2021)
  • 南極ドームふじ深層氷床コア中ダストの濃度と粒径の高時間分解能解析 -最終氷期最寒期~完新世中盤における変動-
    (雪氷研究大会2021 2021)
  • A biomass burning record over the past 350 years in an ice core from Northwest Greenland
    (JpGU2021 2021)
  • Continuous flow analysis of iron oxide in a Greenland ice core using a modified single-particle soot photometer
    (The 11th Symposium on Polar Science, Tokyo, Japan. 2020)
もっと見る
Works (31件):
  • スバールバルにおける積雪調査
    東久美子 2013 -
  • 北グリーンランドにおける氷床コア掘削・現場解析・積雪観測
    東久美子 2009 - 2011
  • 第45次南極地域観測隊に参加
    東久美子 2003 - 2005
  • カナダ、マウトローガンにおける雪氷コア掘削
    2002 -
  • Ice core drilling on Mt. Logan,Canada
    2002 -
もっと見る
学位 (1件):
  • (BLANK) (Hokkaido University)
経歴 (3件):
  • 2015/04 - 現在 国立極地研究所 アイスコア研究センター センター長・教授
  • 2020/04 - 2021/09 国立極地研究所 所長補佐
  • 1998/03 - 2015/03 国立極地研究所 気水圏研究グループ 助教授・准教授
委員歴 (81件):
  • 2020/09 - 現在 日本学術会議 地球惑星科学委員会IUGG分科会委員
  • 2019/06 - 現在 日本雪氷学会 学術委員
  • 2018/05 - 現在 日本学術会議 環境学委員会・地球惑星科学委員会合同FE・WCRP合同分科会CliC小委員会委員
  • 2018/01 - 現在 日本学術会議 環境学委員会・地球惑星科学委員会合同FE・WCRP合同分科会委員
  • 2017/12 - 現在 日本学術会議 地球惑星科学委員会IUGG分科会IACS小委員会
全件表示
受賞 (3件):
  • 2014 - European Commission Marie Currie Fellowship Supporting international mobility and training in Bizkaia (B-MOB)
  • 1998 - 日本雪氷学会平田賞
  • 1998 - JSSI Hirata Award
所属学会 (15件):
地球環境史学会 ,  日本第四紀学会 ,  American Geophysical Union ,  International Glaciological Society ,  日本雪氷学会 ,  アメリカ地球物理学会 ,  国際水文協会 ,  国際雪氷学会 ,  日本雪氷学会 ,  The Physical Society of Japan ,  American Geophysical Union ,  Meteorological Society of Japan ,  International Assosiation of Hydrological Society ,  International Glaciological Society ,  Japanese Society of Snow and Ice
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る