研究者
J-GLOBAL ID:200901010091468135   更新日: 2020年11月13日

東 久美子

アズマ クミコ | Azuma Kumiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (7件): 環境動態解析 ,  宇宙惑星科学 ,  大気水圏科学 ,  数理物理、物性基礎 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価 ,  環境動態解析
研究キーワード (9件): Ice core chemistry ,  Snow Chemistry ,  Ice physics ,  極域環境変動 ,  古気候・古環境復元 ,  雪氷コア ,  雪氷学 ,  雪氷化学 ,  雪氷物理学
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2020 - 2022 南極氷床コアのダストとブラックカーボンの高精度・高時間分解能分析による古環境復元
  • 2018 - 2022 グリーンランド氷床コアから解読する過去の急激な気候変動と陸海域環境への影響
  • 2015 - 2018 南極氷床コア中ダストのマルチパラメータ分析による氷期・間氷期の気候・環境変動解読
  • 2014 - 2015 Chemical Analysis of Microinclusions in Polar Ice Cores
  • 積雪中化学物質の空間分布に関する研究
全件表示
論文 (112件):
  • 青木輝夫, 的場澄人, 庭野匡思, 朽木勝幸, 谷川朋範, 竹内望, 山口悟, 本山秀明, 藤田耕史, 山崎哲秀, et al. SIGMA及び関連プロジェクトによるグリーンランド氷床上の大気・雪氷・雪氷微生物研究- ArCS IIプロジェクトへのつながり -. 雪氷. 2021
  • M. Koike, K. Goto-Azuma, Y. Kondo, H. Matsui, T. Mori, N. Moteki, S. Ohata, H. Okamoto, N. Oshima, K. Sato, et al. Studies on Arctic aerosols and clouds during the ArCS project. Polar Science. 2020
  • Fumio Nakazawa, Naoko Nagatsuka, Motohiro Hirabayashi, Kumiko Goto-Azuma, Jørgen Peder Steffensen, Dorthe Dahl-Jensen. Variation in recent annual snow deposition and seasonality of snow chemistry at the East Greenland Ice Core Project (EGRIP) camp, Greenland. Polar Science. 2020
  • Yuki Komuro, Fumio Nakazawa, Motohiro Hirabayashi, Kumiko Goto-Azuma, Naoko Nagatsuka, Wataru Shigeyama, Sumito Matoba, Tomoyuki Homma, Jørgen Peder Steffensen, Dorthe Dahl-Jensen. Temporal and spatial variabilities in surface mass balance at the EGRIP site, Greenland from 2009 to 2017. Polar Science. 2020
  • Kumiko Goto-Azuma, Tomoyuki Homma, Tomotaka Saruya, Fumio Nakazawa, Yuki Komuro, Naoko Nagatsuka, Motohiro Hirabayashi, Yutaka Kondo, Makoto Koike, Teruo Aoki, et al. Studies on the variability of the Greenland Ice Sheet and climate. Polar Science. 2020. in press
もっと見る
MISC (62件):
もっと見る
書籍 (12件):
  • 雪と氷の疑問60 みんなが知りたいシリーズ2
    成山堂書店 2016
  • 低温環境の科学事典
    朝倉書店 2016
  • 北極読本(南極OB会編集委員会編)
    成山堂書店 2015
  • 新版雪氷辞典
    古今書院 2014
  • アイスコア 地球環境のタイムカプセル
    成山堂 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (109件):
  • Variations of concentrations and sizes of black carbon particles in Northwest Greenland over the past 350 years
    (AGU fall meeting 2020)
  • アイスコア連続融解分析システムを用いたドームふじ深層氷床コアの 高時間分解能固体微粒子分析
    (雪氷研究大会2020 2020)
  • Reduced Marine Biogenic Sulphate Flux in East Antarctica during Glacial Periods - Based on Ion Chemistry Records from Dome Fuji Ice Core -
    (The Tenth Symposium on Polar Science National Institute of Polar Research 2019)
  • グリーンランド北西部における過去350年間のブラックカーボン及びダストの季節変化及び経年変化
    (雪氷研究大会2019 2019)
  • グリーンランドにおける人為起源及び自然起源のブラックカーボンの濃度、粒径分布、季節変動の経年変化
    (JpGU2019 2019)
もっと見る
Works (31件):
  • スバールバルにおける積雪調査
    東久美子 2013 -
  • 北グリーンランドにおける氷床コア掘削・現場解析・積雪観測
    東久美子 2009 - 2011
  • 第45次南極地域観測隊に参加
    東久美子 2003 - 2005
  • カナダ、マウトローガンにおける雪氷コア掘削
    2002 -
  • Ice core drilling on Mt. Logan,Canada
    2002 -
もっと見る
学位 (1件):
  • (BLANK) (Hokkaido University)
経歴 (2件):
  • 2015/04 - 現在 国立極地研究所 アイスコア研究センター センター長・教授
  • 1998/03 - 2015/03 国立極地研究所 気水圏研究グループ 助教授・准教授
委員歴 (79件):
  • 2019/06 - 現在 日本雪氷学会 学術委員
  • 2018/05 - 現在 日本学術会議 環境学委員会・地球惑星科学委員会合同FE・WCRP合同分科会CliC小委員会委員
  • 2018/01 - 現在 日本学術会議 環境学委員会・地球惑星科学委員会合同FE・WCRP合同分科会委員
  • 2017/12 - 現在 日本学術会議 地球惑星科学委員会IUGG分科会IACS小委員会
  • 2017/12 - 現在 日本学術会議 地球惑星科学委員会IUGG分科会委員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2014 - European Commission Marie Currie Fellowship Supporting international mobility and training in Bizkaia (B-MOB)
  • 1998 - 日本雪氷学会平田賞
  • 1998 - JSSI Hirata Award
所属学会 (15件):
地球環境史学会 ,  日本第四紀学会 ,  American Geophysical Union ,  International Glaciological Society ,  日本雪氷学会 ,  アメリカ地球物理学会 ,  国際水文協会 ,  国際雪氷学会 ,  日本雪氷学会 ,  The Physical Society of Japan ,  American Geophysical Union ,  Meteorological Society of Japan ,  International Assosiation of Hydrological Society ,  International Glaciological Society ,  Japanese Society of Snow and Ice
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る