研究者
J-GLOBAL ID:200901010225219692   更新日: 2020年05月21日

加納 太一

カノウ タイチ | Kano Taichi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 有機合成化学 ,  生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学
研究キーワード (1件): 有機合成化学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • ルイス酸触媒を用いた新反応の開発
  • 有機分子触媒を用いた不斉合成反応の開発
論文 (43件):
  • Aika Takeshima, Taichi Kano, Keiji Maruoka. Synthesis of Phenylcyclopropane-Based Secondary Amine Catalysts and Their Applications in Enamine Catalysis. ORGANIC LETTERS. 2019
  • Yasumoto Kento, Kano Taichi, Maruoka Keiji. One-Pot Synthesis of Less Accessible N-Boc-Propargylic Amines through BF3-Catalyzed Alkynylation and Allylation Using Boronic Esters. ORGANIC LETTERS. 2019. 21. 9. 3214-3217
  • Bai Jian-Fei, Yasumoto Kento, Kano Taichi, Maruoka Keiji. Asymmetric Synthesis of Chiral 1,4-Enynes through OrganocatalyticAlkenylation of Propargyl Alcohols with Trialkenylboroxines. ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION. 2019. 58
  • Bai Jian-Fei, Yasumoto Kento, Kano Taichi, Maruoka Keiji. Synthesis of 1-Aminoindenes through Aza-Prins-Type Cyclization. CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL. 2018. 24. 41. 10320-10323
  • Kano Taichi, Maruyama Hiroki, Hommaa Chihiro, Maruoka Keiji. Catalyst-controlled diastereoselectivity reversal in the formation of dihydropyrans. CHEMICAL COMMUNICATIONS. 2018. 54. 28. 3496-3499
もっと見る
書籍 (4件):
  • Sustainable Catalysis: Without Metals or Other Endangered Elements, Part 2
    The Royal Society of Chemistry 2015 ISBN:9781782626411
  • 有機化学要論 生命科学を理解するための基礎概念
    学術図書出版 2015 ISBN:9784780604412
  • 触媒便覧
    講談社 2008 ISBN:9784061543515
  • Main Group Metals in Organic Synthesis
    Wiley-VCH 2004 ISBN:3527305084
講演・口頭発表等 (15件):
  • ビナフチル型アミン有機触媒による位置及び立体選択的共役付加反応の開発
    (第8回 有機触媒シンポジウム 2015)
  • Asymmetric α-functionalizations of aldehydes catalyzed by biaryl-based secondary amines
    (Oxford University 2013)
  • Enantioselective carbon-heteroatom bond formation by binaphthyl-based amine catalysts
    (第1回 国際会議 (兼) 第6回 有機触媒シンポジウム 2013)
  • アミノアルコール有機触媒によるアクリル酸エステルへの不斉共役付加反応の開発
    (日本化学会第93春季年会特別企画「有機分子触媒の最先端」 2013)
  • Stereocontrolled Synthesis of Vicinal Diamines by Organocatalytic Asymmetric Mannich Reaction: Formal Synthesis of (-)-Agelastatin A
    (First Japan-USA Organocatalytic Symposium 2012)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1998 名古屋大学 工学研究科 生物機能工学
  • - 1996 名古屋大学 工学部 生物機能工学
学位 (2件):
  • 工学修士 (名古屋大学)
  • 工学博士 (名古屋大学)
経歴 (4件):
  • 2015/03 - 現在 京都大学大学院理学研究科 准教授
  • 2006 - 2015 京都大学大学院理学研究科 講師
  • 2003 - 2006 京都大学大学院理学研究科 助手
  • 2001 - 2002 カリフォルニア工科大学 博士研究員
受賞 (4件):
  • 2012 - 文部科学大臣表彰若手科学者賞
  • 2009 - 日本化学会進歩賞
  • 2008 - 万有奨励賞
  • 2005 - 有機合成化学協会研究企画賞
所属学会 (2件):
有機合成化学協会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る