研究者
J-GLOBAL ID:200901010260108534   更新日: 2020年05月27日

安藤 敏夫

アンドウ トシオ | Ando Toshio
所属機関・部署:
職名: 特任教授
ホームページURL (1件): http://biophys.w3.kanazawa-u.ac.jp/
研究分野 (3件): 生物物理学 ,  ナノバイオサイエンス ,  ナノ材料科学
研究キーワード (6件): 走査型プローブ顕微鏡 ,  バイオイメージング ,  高速原子間力顕微鏡 ,  高速AFM ,  原子間力顕微鏡 ,  モーター蛋白質
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2017 - 2022 極めて柔らかい膜環境にあるタンパク質分子のナノ動態イメージングの実現
  • 2014 - 2019 高速AFMの高度化技術の開発とタンパク質の動作機序解析
  • 2013 - 2019 ATP/GTPが駆動するタンパク質マシナリーの動的構造生命科学
  • 2012 - 2017 高速AFMが拓く新構造生物学
  • 2012 - 2016 プローブスキャン方式高速AFM用スキャナーの開発
全件表示
論文 (72件):
  • Dynamics of oligomer and amyloid fibril formation by yeast prion Sup35 observed by high-speed atomic force microscopy. 2020
  • S. Watanabe, S. Kitazawa, L. Sun, N. Kodera, T. Ando. Development of high-speed ion conductance microscopy. Rev. Sci. Instrum. 2019. 90. 123704
  • Y. Araiso, A. Tsutsumi, J. Qiu, K. Imai, T. Shiota, J. Song, C. Lindau, L.-S. Wenz, H. Sakaue, K. Yunoki, S. Kawano, J. Suzuki, M. Wischnewski, C. Schütze, H. Ariyama, T. Ando, T. Becker, T. Lithgow, N. Wiedemann, N. Pfanner, M. Kikkawa, T. Endo. Structure of the mitochondrial import gate reveals distinct preprotein paths. Nature. 2019. 575. 395-401
  • L. Sun, K. Shigyou, T, S. Watanabe. Thermally driven approach to fill sub-10-nm pipettes with batch production. Anal. Chem. 2019. 91. 14080-14084
  • 安藤 敏夫. 高速AFMの現状と将来展望. 顕微鏡. 2019. 54. 2. 56-61
もっと見る
MISC (52件):
  • 能代 大輔, 藤岡 優子, 野田 展生, 安藤 敏夫. オートファジーの足場タンパク質Atg17-Atg29-Atg31複合体の高速AFM観察. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2018. 91回. [2P-003]
  • 古寺哲幸, 内橋貴之, 安藤敏夫. 高速AFMの開発とそのバイオ応用. 応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM). 2016. 77th. ROMBUNNO.13p-A31-7
  • 渡辺信嗣, 渡辺大輝, 古寺哲幸, 内橋貴之, 安藤敏夫. 高速イオン伝導顕微鏡による生物試料の高解像観察. 応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM). 2016. 77th. ROMBUNNO.13a-B10-6
  • 内橋貴之, 古寺哲幸, 柴田幹大, 安藤敏夫. 高速AFMによる生体試料の動態イメージング. バイオイメージング. 2016. 25. 2. 73
  • 石田 卓也, 中村 彰彦, 渡辺 大輝, 内橋 貴之, 安藤 敏夫, 和田 昌久, 五十嵐 圭日子, 鮫島 正浩. P-28 結晶性セルロースの分解における溶解性多糖モノオキシゲナーゼとセロビオヒドロラーゼの相乗効果(糖化・発酵,ポスター発表). バイオマス科学会議発表論文集. 2016. 11. 0. 105-106
もっと見る
特許 (8件):
もっと見る
書籍 (20件):
  • 実験医学増刊 Vol38-No.5 イメージング時代の構造生命科学(田中啓二、若槻荘市 編集)
    羊土社 2020
  • Direct imaging of walking myosin V by high-speed atomic force microscopy
    Springer Science+Business Media, LLC, part of Springer Nature 2018
  • High-speed atomic force microscopy (AFM)
    Springer, Berlin, Heidelberg 2018
  • High-speed Atomic Force Microscopy
    Springer Nature Switzerland AG. Part of Springer Nature 2017
  • ナノ動態を捉える高速AFM
    化学同人 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (126件):
  • High-speed AFM revealing dynamic biomolecular processes
    (Biophysical Society Annual Meeting: Nanoscale Approaches to Biology Subgroup meeting (San Diego, USA) 2020)
  • Direct visualization of protein molecules during their functional activity
    (蛋白質科学会・シンポジウム「蛋白質科学の新常識:ナノスケールから細胞まで」(神戸) 2019)
  • High-speed AFM
    (Keystone Symposia on Molecular and Cellular Biology: Imaging across scales: Leveraging the Revolution in Resolution 2019)
  • 高速AFMによる分子・細胞の高解像ダイナミクスイメージングとその展望
    (第124回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019)
  • 動的な分子レベルの生命現象を直視する高速AFM
    (平成30年度金沢大学がん進展制御研究所共同利用・共同研究拠点研究成果報告会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1975 - 1980 早稲田大学 大学院理工学研究科 物理学
  • 1970 - 1974 早稲田大学 理工学部 応用物理
学位 (2件):
  • 理学博士 (早稲田大学)
  • 名誉博士 (AIX-Marseille University)
経歴 (8件):
  • 2017/10 - 現在 金沢大学 PI/特任教授
  • 1996/07 - 2016/03 金沢大学 教授
  • 2010/10 - 2015/03 金沢大学 センター長
  • 1992 - 1996 金沢大学 准教授
  • 1986 - 1992 金沢大学 講師
全件表示
受賞 (17件):
  • 2016/07 - 日本科学技術振興機構 井上春成賞
  • 2014/11 - エックス-マルセイユ大学 名誉博士号
  • 2014/02 - 島津財団 島津賞
  • 2013/11 - 金沢大学 金沢大学功労表彰
  • 2013/06 - 全国発明協会 全国発明表彰発明特別賞(発明協会会長賞)
全件表示
所属学会 (4件):
日本表面科学会 ,  応用物理学会 ,  アメリカ生物物理学会 ,  日本生物物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る