研究者
J-GLOBAL ID:200901010260108534   更新日: 2019年04月15日

安藤 敏夫

アンドウ トシオ | ANDO Toshio
所属機関・部署:
職名: 特任教授
ホームページURL (1件): http://biophys.w3.kanazawa-u.ac.jp/
研究分野 (2件): ナノ材料・ナノバイオサイエンス ,  生物物理学
研究キーワード (6件): 走査型プローブ顕微鏡 ,  バイオイメージング ,  高速原子間力顕微鏡 ,  高速AFM ,  モーター蛋白質 ,  原子間力顕微鏡
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2017 - 2022 極めて柔らかい膜環境にあるタンパク質分子のナノ動態イメージングの実現
  • 2014 - 2019 高速AFMの高度化技術の開発とタンパク質の動作機序解析
  • 2013 - 2019 ATP/GTPが駆動するタンパク質マシナリーの動的構造生命科学
  • 2012 - 2017 高速AFMが拓く新構造生物学
  • 2012 - 2016 プローブスキャン方式高速AFM用スキャナーの開発
全件表示
論文 (103件):
  • S. Kori, L. Ferry, S. Matano, T. Jimenji, N. Kodera, T. Tsusaka, R. Matsumura, T. Oda, M. Sato, N. Dohmae N, T. Ando, Y. Shinkai, P. A. Defossez and K. Arita. Structure of the UHRF1 Tandem Tudor Domain bound to a methylated non-histone protein, LIG1, reveals rules for binding and regulation. Structure. 2019. 27. 485-496
  • M. Owa, T. Uchihashi, H. Yanagisawa, T. Yamano, H. Iguchi, H. Fukuzawa, K. Wakabayashi, T. Ando, & M. Kikkawa. Inner lumen proteins stabilize doublet microtubules in cilia and flagella. Nat. Commun. 2019. 10. 1143-1-1143-10
  • E. Sone, D. Noshiro, Y. Ikebuchi, M. Nakagawa, M. Khan, Y. Tamura, M. Ikeda, M. Oki, R. Murali, T. Fujimori, T. Yoda, M. Honma, H. Suzuki, T. Ando, and K. Aoki. The clustering-induction of RANKL molecules could stimulate early osteroblast differentiation. Biophys. Biochem. Res. Commun. 2019. 509. 2. 435-440
  • B. R. Sahoo, T. Genjo, T. Watanabe-Nakayama, A. K. Stoddard, T. Ando, K. Yasuhara, C. A. Fierke, A. Ramamoorthy. Cationic polymethacrylate-copolymer acts as an agonist for β-amyloid and antagonist for amylin fibrillation. Chem. Sci. 2019. 10. 3976-3986
  • T. Haruyama, Y. Sugano, N. Kodera, T. Uchihashi, T. Ando, Y. Tanaka, H. Konno, and T. Tsukazaki. Single-unit imaging of membrane protein-embedded nanodiscs from two oriented sides by high-speed atomic force microscopy. Structure. 2019. 27. 152-160
もっと見る
特許 (8件):
もっと見る
書籍 (19件):
  • High-speed SPM
    Springer-Verlag 2006
  • High-speed atomic force microscopy for nano-visualization of biomolecular processes
    Wiley-VCH 2008
  • High-speed atomic force microscope
    Springer-Verlag New York 2009
  • AFM高速測定
    共立出版 2009
  • High-speed Atomic Force Microscopy and Biomolecular Processes
    Humana Press 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (124件):
  • Directly watching protein molecules in action by highspeed
    (FEBS Congress 2018 ((Prague, Czech, July 7-12, 2018))
  • High-speed atomic force microscopy: Nanoscale visualization of dynamic biomolecular processes
    (Keynote speech for NanoDay@Penn (Univ. of Pennsylvania, Philadelphia, USA, Oct. 24, 2012))
  • Motor proteins in action filmed by high-speed AFM
    (Gordon Research Conference on Muscle and Molecular Motors (New London, NH, USA, 10-15 July 2011))
  • Direct observation of molecular machines by high-speed atomic force microscopy
    (25th Anniversary Symposium of Protein Society: Molecular Machines (Boston, MA, USA, 23-27 July 2011))
  • High-speed bio-AFM coming of age (3)
    (4th AFM BioMed Conference (Institut Curie, Paris, 23-27 August, 2011))
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1970 - 1974 早稲田大学 理工学部 応用物理
  • 1975 - 1980 早稲田大学 大学院理工学研究科 物理学
学位 (2件):
  • 理学博士 (早稲田大学)
  • 名誉博士 (AIX-Marseille University)
経歴 (7件):
  • 1980 - 1983 カリフォルニア大学サンフランシスコ校 博士研究員 博士研究員
  • 1984 - 1986 カリフォルニア大学サンフランシスコ校 助手
  • 1986 - 1992 金沢大学 講師
  • 1992 - 1996 金沢大学 准教授
  • 2010/10 - 2015/03 金沢大学 センター長
全件表示
受賞 (17件):
  • 2016/07 - 日本科学技術振興機構 井上春成賞
  • 2014/11 - エックス-マルセイユ大学 名誉博士号
  • 2014/02 - 島津財団 島津賞
  • 2013/11 - 金沢大学 金沢大学功労表彰
  • 2013/06 - 全国発明協会 全国発明表彰発明特別賞(発明協会会長賞)
全件表示
所属学会 (4件):
日本生物物理学会 ,  アメリカ生物物理学会 ,  応用物理学会 ,  日本表面科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る