研究者
J-GLOBAL ID:200901010295911135   更新日: 2020年05月07日

内山 武人

ウチヤマ タケト | Uchiyama Taketo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 生物分子化学
研究キーワード (1件): 生物有機化学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2018 - 2020 環状ポリオールを基軸とした糖代謝調節分子の探索と創製
  • 2013 - 2015 1,5-アンヒドロアルジトールの簡便調製法の開発と応用研究
  • 2006 - 2007 ノニルフェノール異性体の構造と内分泌撹乱作用に関する研究
  • 2005 - 2006 ノニルフェノール異性体の構造と内分泌撹乱作用に関する研究
  • 2004 - 2006 環境ホルモン標準物質合成と国際標準化研究
全件表示
論文 (47件):
  • Yasuhito Nobushi, Hiroaki Saito, Shinichi Miyairi, Taketo Uchiyama, Yukinaga Kishikawa. Inhibitory Effects of Indirubin-3’-oxime Derivatives on Lipid Accumulation in 3T3-L1 Cells. Biological & Pharmaceutical Bulletin. 2020. 43. 3. 503-508
  • Hideyuki Shinohara, Hiroaki Saito, Taketo Uchiyama, Muneharu Miyake, Shinichi Miyairi. Asymmetric N-H insertion Reaction with Chiral Aminoalcohol as Catalytic Core of Cinchona Alkaloids. Chemical and Pharmaceutical Bulletin. 2019. 67. 4. 393-396
  • Shota Machida, Saki Mukai, Rina Kono, Megumi Funato, Hiroaki Saito, Taketo Uchiyama. Synthesis and Comparative Structure-Activity Study of Carbohydrate-Based Phenolic Compounds as α-Glucosidase Inhibitors and Antioxidants. Molecules. 2019. 24. 23. 4340
  • Megumi Furukawa, Masakatsu Furukawa, Mitsuko Makino, Taketo Uchiyama, Yasuo Fujimoto and. New Sesquiterpene Pyridine Alkaloids from Hippocratea excelsa. Natural Product Communications. 2018. 13. 8. 957-960
  • Masahiro Kurita, Toshimitsu Nakayama, Satoru Asami, Taketo Uchiyama, Shinichi Ono, Atsuyoshi Nishina, Mamoru Kketsu, Takashi Suzuki. 4'-O-beta-d-Glucopyranosyl-4-hydroxy-3,3',5-trimethoxychalcone derived from Brassica rapa L. induces cell cycle arrest and apoptosis in neuroblastoma cells. Journal of Pharmacology Therapeutic Research. 2018. 2. 3. 6-12
もっと見る
特許 (8件):
  • 植物由来の悪性腫瘍治療薬
  • 新規トリテルペン化合物及び該化合物を有効成分とする抗ガン・免疫増強剤
  • PLANT-DERIVED THERAPEUTIC AGENT FOR MALIGNANT TUMOR
  • ノニルフェノールの製造方法
  • タンパク質非酵素的糖化抑制剤
もっと見る
書籍 (1件):
  • パートナー薬品製造学
    南江堂 2012
講演・口頭発表等 (155件):
  • Clenbuterolのグルクロン酸抱合体に関する合成研究
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • ルテニウムカルベノイドによるN-H挿入反応を用いたスチゾロビニン酸の合成研究
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • 1,5-アンヒドロ糖を基盤とするTellimagrandin I アナログの合成研究
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • TellimagrandinIおよび合成アナログの脂肪蓄積抑制効果
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • グリコシルヨーダイドを用いたクレンブテロールグルクロニドの合成研究
    (日本大学学長特別研究シンポジウム 2020東京オリンピック・パラリンピックを迎えて、そしてその後を見据えて 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1993 静岡県立大学 大学院 薬学研究科 薬品製造化学
  • - 1988 日本大学 理工学部 薬
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (静岡県立大学)
経歴 (7件):
  • 2017/04 - 日本大学 教授
  • 2009/04 - 2017/03 日本大学 准教授
  • 2004/04 - 2009/03 日本大学 専任講師
  • 1998/04 - 2004/03 日本大学 助手
  • 1995/05 - 1998/03 アルバータ大学(カナダ) 博士研究員
全件表示
所属学会 (4件):
日本薬学会 ,  日本生薬学会 ,  日本癌学会 ,  日本糖質学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る