研究者
J-GLOBAL ID:200901010355650956   更新日: 2020年06月09日

戸村 秀明

Hideaki Tomura
所属機関・部署:
職名: 専任教授
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2010 - 2011 (独)科学技術振興機構(JST)A-STEP(検索タイプ) 「炎症性疾患治療の新しい分子標的としてのプロトン感知性受容体に対するアンタゴニストの開発」
  • 2010 - 2011 東京医科歯科大学「難治疾患共同研拠点」共同研究 「小型魚類を用いた心・血管系難治疾患解明に関する研究」研究代表者
  • 2006 - 2007 ライフサイエンス振興財団 「プロトンと脂質性シグナル分子をセンスするG蛋白連関型受容体の情報変換機構」
  • 2002 - 2003 武田科学振興財団 「肝臓におけるスフィンゴシン 1-リン酸応答遺伝子群の網羅的解析」
  • 2001 - 2002 鈴木謙三記念医科学応用研究財団 「網膜遺伝子の網羅的収集を基盤とした糖尿病性網膜症の研究資源の開発」
全件表示
論文 (80件):
もっと見る
書籍 (5件):
  • 細胞外pH環境を感知するプロトン感知性GPCRの機能と作用機構
    日本薬理学会誌 2010
  • Endocr Metab Immune Disord Drug Targets
    2010
  • 「甲状腺ホルモン受容体」 『医系薬理学第2版』
    中外医学社 2005
  • 「学童期発症のNIDDM症例におけるHNF-1α遺伝子(MODY3)のスクリーニング」 『分子糖尿病学10』
    医学図書出版 1999
  • 「甲状腺ホルモン受容体」 『医系薬理学』
    1997
講演・口頭発表等 (27件):
  • Metals activate ovarian cancer G-protein-coupled receptor 1 of zebrafish
    (CompBiol 2015 2015)
  • Analysis of LbT2 cell responses through ovarian cancer G-protein coupled receptor 1
    (CompBiol 2015 2015)
  • プロトン刺激による性腺刺激ホルモン産生細胞株の応答解析
    (第108回日本繁殖生物学会 2015)
  • ガウシアルシフェラーゼを利用した高感度ホルモン分泌アッセイ系の構築の試み
    (第108回日本繁殖生物学会 2015)
  • プロトン刺激によるマウス下垂体細胞株LβT2の応答解析
    (第30回日本下垂体研究会 2015)
もっと見る
Works (1件):
  • 米国保健衛生研究所(NIH)遺伝生化学部門客員研究員
    1993 -
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京都立大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る