研究者
J-GLOBAL ID:200901010359014752   更新日: 2019年12月11日

丸山 義明

Maruyama Yoshiaki
所属機関・部署:
職名: 教授
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2005 - 現在 3DEを用いた、左室dyssynchronyの研究
  • 2005 - 現在 エイジングによる心血管系の変化
  • 1998 - 現在 心臓核医学を用いた、左室リモデリングの研究
論文 (35件):
  • Relation of calcium redistribution with atherosclerotic risk factors and cardiovascular remodeling. Ningen dock. 2013
  • Aging and arterial-cardiac interactions in the elderly. (Review). 2012. Int J Cardiol 155 (1) 14-19
  • Yoshiaki Maruyama. Aging related arterial-cardiac interaction in Japanese men. Heart Vessels. 2010. 24. 406-412
  • Nobuyuki Masaki. Quality of Warfarin Control Affects the Incidence of Stroke in Elderly Patients with Atrial Fibrillation. 2010
  • Yoshiaki Maruyama. Dyssynchrony during acute phase determined by real-time three-dimensional echocardiography predicts reverse cardiac remodeling and improved cardiac function after reperfusion therapy. J Cardiol. 2009. 54. 432-440
もっと見る
書籍 (6件):
  • モンドール病 暮しと健康 5月号「保健同人社」
    2011
  • 「家庭医学大百科(六訂版):循環器の病気」
    法研 2010
  • 「家庭医学大百科:循環器の病気」
    法研 2004
  • 「不整脈 Q&A :不整脈の治療 心室性期外収縮」
    医薬ジャーナル社 1999
  • 「心疾患治療・最新トピックス 狭心症」
    内科治療 Medicament News ライフ・サイエンス社 1998
もっと見る
講演・口頭発表等 (8件):
  • 医療従事者を対象とした、職種と年代別の疲労蓄積度調査
    (第84回日本産業衛生学会 2011)
  • Dual SPECTとRT-3DEを用いた、再還流療法後左室心筋の責任冠動脈病変別解析
    (第50回日本核医学会総会 2010)
  • 再還流療法後患者の、Dual SPECTによる慢性期左心機能と左室dyssynchronyの予測
    (第50回日本核医学会総会 2010)
  • 再還流療法後左室dyssynchronyの,TlとBMIPPを用いたDual SPECTによる解析
    (第50回日本核医学会総会 2010)
  • 3次元心臓超音波検査法時代のTl心筋シンチの有用性
    (第17回日本心臓核医学会 2007)
もっと見る
Works (1件):
  • モンドール病 暮しと健康 5月号
    2011 -
学歴 (1件):
  • 1975 - 1981 東京医科歯科大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (東京医科歯科大学)
所属学会 (6件):
日本人間ドック学会 ,  日本臨床生理学会 ,  日本脈管学会 ,  日本老年医学会 ,  日本循環器学会 ,  日本動脈硬化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る