研究者
J-GLOBAL ID:200901010361198569   更新日: 2021年01月29日

森 勝伸

モリ マサノブ | Mori Masanobu
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 環境材料、リサイクル技術 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術 ,  分析化学
研究キーワード (2件): 水質浄化 イオンクロマトグラフィー 無機分離化学 ,  water-purification ion-chtomatography inorganic-separation-sciences
論文 (151件):
  • Masanobu Mori, Keisuke Aoyagi, Toshihiro Tomoda, Fumi Ishikawara, Shou Sakamoto, Hironori Myochin, Midori Kuga, Daisuke Kozaki, Noriyasu Ohshima, Takashi Izumi, et al. Simultaneous capillary electrophoresis of anions and cations in a single injection using an anion exchanger-modified capillary for determination of salivary ions in combination with statistical analyses. Journal of Chromatography A. 2021. 1635
  • Kazuhiko Tanaka, Masanobu Mori. Milestone Studies on Ion-exclusion Chromatography of Ionic and Nonionic Substances Utilizing Multifunctional Separation Mechanism of Ion-exchange Resins. Analytical Sciences. 2021. 37. 93-105
  • Yumi Sugo, Ryoma Miyachi, Yo Hei Maruyama, Shin Ichi Ohira, Masanobu Mori, Noriko S. Ishioka, Kei Toda. Electrodialytic Handling of Radioactive Metal Ions for Preparation of Tracer Reagents. Analytical Chemistry. 2020. 92. 22. 14953-14958
  • Tsuyoshi Sugita, Kentaro Kobayashi, Taiki Yamazaki, Mayu Isaka, Hideyuki Itabashi, Masanobu Mori. Development of evaluation method for photocatalytic ability by ion chromatography combined with a flow-type reactor: Application to immobilized photocatalyst materials prepared by double-layer coating method. Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry. 2020. 400. 112662-112662
  • Daisuke Nagai, Ayaka Kubo, Moeko Morita, Naoyuki Shimazaki, Yasuyuki Maki, Hiroyuki Takeno, Masanobu Mori, Hiroki Uehara, Takeshi Yamanobe. Pd- and Au-Induced Circular and Fibrous Polymer Gelation via Thiocarbonyl Groups and High Pd Catalyst Activity. ACS Applied Polymer Materials. 2020. 2. 6. 2211-2219
もっと見る
MISC (53件):
もっと見る
特許 (24件):
書籍 (4件):
  • 基本分析化学 : イオン平衡から機器分析法まで
    三共出版 2020 ISBN:9784782707876
  • 日本分析化学会編,創立60周年記念誌~日本の分析化学者
    日本分析化学会 2012
  • 日本分析化学編,改訂6版分析化学便覧
    丸善 2011
  • 役に立つイオンクロマトフィー
    2009
講演・口頭発表等 (321件):
  • 土壌中の重金属分析装置の開発
    (首都圏北部4大学発 新技術説明会 2013)
  • HILICカラムを用いた無機イオンのイオンクロマトグラフィー
    (Separation Sciences 2013 2013)
  • HILICカラムを用いた無機イオンのイオンクロマトグラフィー
    (Separation Sciences 2013 2013)
  • バーク発酵材料土壌改質剤を用いた米へのカドミウム取り込み抑制
    (第22回環境化学討論会 2013)
  • バーク発酵材料によるイネの重金属取り込み抑制
    (第73回分析化学討論会 2013)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 2001 北海道大学 物質環境科学
  • - 2001 北海道大学
  • - 1996 北海道大学 化学科
  • - 1996 北海道大学
学位 (1件):
  • 新規添加剤を用いるキャピラリー電気泳動法における分離能改善に関する研究 (北海道大学)
経歴 (8件):
  • 2017/04 - 現在 高知大学 理工学部 教授
  • 2007/04 - 2017/03 群馬大学 准教授
  • 2005/04 - 2007/03 群馬大学工学部応用化学科 助教授
  • 2004/11 - 2005/03 (株)光触媒研究所 研究員
  • 2004 - 2005 Photocatalytic Materials, Ltd. Researcher
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2018/04 - 現在 イオンクロマトグラフィー研究懇談会 委員長
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る