研究者
J-GLOBAL ID:200901010385450625   更新日: 2020年04月08日

山下 早代子

ヤマシタ サヨコ | Yamashita Sayoko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.tmd.ac.jp/isc
研究分野 (2件): 言語学 ,  科学教育
研究キーワード (3件): 応用言語学 ,  異文化間比較語用論 ,  日本語教育
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 4. 外国語学習における教室談話研究
  • 3. 外国語学習者の語用の習得
  • 臨床現場における医者と患者のコミュニケーション形態の研究
  • 医学生のための英語対訳専門用語辞典の開発
  • 日本語学習者による中間言語語用の測定
全件表示
MISC (85件):
  • Pragmatics in language for a specific purpose training: A focus on medical discourse. The Language Teacher. 2003. 5, 24-27
  • 山下早代子、任都栗新、赤尾信明、森尾郁子、徳永伸一、増田光司「医科歯科系留学しえのためのマルチメディア教材試作に向けて」『21世紀型総合的日本語教育における語学・文学・文化教育及びマルチメディア活用のあり方:論文集』. 韓国日本学会・日本語教育学会、Seoul: Korea. 2001
  • ロールプレイデータによる異文化間比較語用研究-謝罪、断り、依頼の形態(共著). 『言語科学研究』. 2000. 1. 181-192
  • 中間語用 : PRTテストを使用した学習者の言語形態研究. 国際応用言語学会. 2000. CD-ROM
  • ロールプレイを通して見た学習者と母語話者のスピーチアクト. JCHAT言語科学研究会第1回大会予稿集. 1999. 53-56
もっと見る
書籍 (16件):
  • 「異文化間における語用の適切さの測定」飛田良文編、『日本語教育学シリーズ:異文化接触論』
    おうふう出版 2001
  • Using pictures for research in pragmatics: Eliciting pragmatic strategies by picture response tests. In T. Hudson & J.D. Brown, (Ed.), A focus on Language test development: Expanding the language proficiency construct across a variety of tests.
    Honolulu: University of Hawai’i, Second Language Teaching and Curriculum Center 2001
  • 「絵を利用した語用論研究-PRTによる語用方略の抽出」
    『言語テスト開発-言語能力測定の構成概念』ハワイ大学/第二言語教育とカリキュラムセンター 2001
  • 「日本語学習者と日本人小学生のクローズテストを比較する」
    『新しい日本語教育の動向』ハワイ大学 1997
  • 「プロジェクトワークの評価」
    『新しい語学教育の評価』英語教授法学会 1997
もっと見る
学位 (1件):
  • 教育学博士
所属学会 (6件):
TESOL(Teachers of English to speakers of other languages) ,  日本コミュニケーション学会 ,  全国語学教育学会(JALT)(Japan Association for Langiage Teachers) ,  国際語用論学会(Internatiral Pragmatics Association) ,  アメリカ応用言語学会(American Association of Applied Linguistics) ,  日本語教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る