研究者
J-GLOBAL ID:200901010482699840   更新日: 2019年08月18日

斉藤 明

サイトウ アキラ | SAITO Akira
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 印度哲学・仏教学
研究キーワード (1件): インド仏教思想史、中観思想、バウッダコーシャ
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2011 - 2016 仏教用語の現代基準訳語集および定義的用例集(バウッダコーシャ)の構築
  • 2003 - 2007 大乗仏教の起源と実態に関する総合的研究-最新の研究成果を踏まえて-
  • 1997 - 2000 敦煌出土チベット語文献・シャーンティデーヴァ作・初期本『入菩薩行論』の研究
論文 (76件):
  • 斉藤 明. Bhāviveka versus Candrakīrti on the Logic of Mūlamadhyamakakārikā: Negation of Arising in the Four Possible Ways. International Journal of Buddhist Thought and Culture. 2019. 29. 1. 11-27
  • 斉藤 明. 『宝性論』のtathāgatagarbha(如来蔵)解釈考. 国際仏教学大学院大学研究紀要. 2019. 23. 91-108
  • 斉藤 明. 『般若心経』とアヴァローキテーシュヴァラ(観自在). 東洋の思想と宗教. 2019. 36. 1-22
  • 斉藤 明. シャーンティデーヴァの<廻向>論 -新旧『入菩薩行論』最終章を中心として-(3). 成田山仏教研究所紀要. 2019. 42. 63-83
  • Saito Akira. Avalokiteśvara and Brahmā’s Entreaty. Bulletin of the International Institute for Buddhist Studies. 2018. 1. 1-13
もっと見る
MISC (73件):
  • 斉藤 明. Śāntideva. Brill’s Encyclopedia of Buddhism. 2019. 2. 391-397
  • 斉藤 明. [第64回国際東方学者会議(ICES)報告]シンポジウムI:『般若心経』を解体する-般若心経研究の最前線-. 東方学会報. 2019. 116. 16-18
  • 斉藤 明. Symposium V: "What is Tathagatagarbha: The Frontier of Research on Tathagatagarbha and Buddha-nature Thought. Transactions of the International Conference of Eastern Studies. 2018. 63. 142-145
  • 斉藤 明. 第63回国際東方学者会議(ICES)報告:シンポジウムV「如来蔵とは何か-如来蔵・仏性思想研究の最前線-」. 東方学会報. 2018. 114. 24-26
  • 斉藤 明. 第68回日本印度学仏教学会学術大会パネル発表報告:インド学仏教学研究における国際情報発信と国際的学術交流-その総括と展望-. 印度学仏教学研究. 2018. 66. 2. 730-731
もっと見る
書籍 (24件):
  • スタイン蒐集チベット語文献解題目録 第4分冊
    東洋文庫 1980
  • スタイン蒐集チベット語文献解題目録、第5分冊
    東洋文庫 1981
  • A Study of Akṣayamati(=Śāntideva)'s Bodhisattvacaryāvatāra as Found in the Tibetan Manuscripts from Tun-huang (Research Report of the Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 1990.4-1993.3
    Mie University 1993
  • Index to the SaddharmapuṇḍarIkasūtra: Sanskrit, Tibetan, Chinese, Fascicles 1-11
    佛乃世界社 1993
  • 魂の探求ー東西の<魂>をたずねて
    三重学術出版会 1995
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1972 - 1976 東京大学 文学部 第 I 類倫理学専修課程
  • 1976 - 1981 東京大学 大学院人文科学研究科 印度哲学専門課程 修士・博士課程
  • 1981 - 1984 The Australian National Univeristy, Faculty of Asian Studies, PhD Course
学位 (2件):
  • 哲学博士(Doctor of Philosophy)〔Ph.D.〕
  • 文学修士
経歴 (5件):
  • 1984/04 - 1988/03 東京大学 助手
  • 1988/04 - 1993/03 三重大学 助教授
  • 1993/04 - 2000/03 三重大学 教授
  • 2000/04 - 2016/03 東京大学 教授
  • 2016/04 - 現在 国際仏教学大学院大学 教授
受賞 (4件):
  • 2014/07 - 仏教思想学会 仏教思想学術賞
  • 2011/10 - 東方研究会・インド大使館 中村元東方学術賞
  • 1994/11 - 東方学会 東方学会賞
  • 1989/05 - 日本印度学仏教学会 日本印度学仏教学会賞
所属学会 (9件):
International Association of Buddhist Studies ,  日本印度学仏教学会 ,  日本宗教学会 ,  日本倫理学会 ,  東方学会 ,  比較思想学会 ,  南アジア学会 ,  日本西蔵学会 ,  日本生命倫理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る