研究者
J-GLOBAL ID:200901010500159204   更新日: 2020年05月18日

江頭 恒

エトウ コウ | Etou Kou
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 機能生物化学 ,  分子生物学
MISC (6件):
書籍 (1件):
  • 神経伝達修飾物質としての硫化水素~古き毒ガスの新しい生理的役割
    脳の科学(星和書店) 2002
講演・口頭発表等 (22件):
  • Neuregulins promote spermatogonial proliferation and expression of meiosis-specific gene Spo11 during mouse spermatogenesis
    (第23回ヨーロッパ比較内分泌学会(Manchester) 2006)
  • IDENTIFICATION of the TYROSINE-PHOSPHORYLATED p90 in PROLACTIN-INDUCED APOPTOSIS during SPERMATOGENESIS of JAPANESE RED-BELLIED NEWT
    (20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress 2006)
  • Neuregulins promote spermatogonial proliferation and expression of meiosis-specific gene Spo11 during mouse spermatogenesis
    (20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress 2006)
  • Neuregulinはマウス精子形成過程において精原細胞の増殖と減数分裂の開始に特異的な遺伝子の発現を促進する
    (日本発生生物学会(広島) 2006)
  • RNA結合
    (第5回アジアオセアニア比較内分泌・生物多様性国際会議(タイ) 2006)
もっと見る
Works (2件):
  • 体細胞に対する減数分裂の誘導
    2005 - 2007
  • プロラクチンによる生殖細胞アポトーシス誘導の分子機構の解明
    2003 - 2005
学歴 (1件):
  • - 2000 東京大学 医学系研究科 分子細胞生物学専攻 博士課程
経歴 (5件):
  • 2007 - 2010 助教
  • 2010 - 熊本大学大学院自然科学研究科(理学系)生命科学 准教授
  • 2006 - 2007 助手
  • 2002 - 2006 助手
  • 2000 - 2002 国立精神神経センター神経研究所 外来研究員
所属学会 (1件):
日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る