研究者
J-GLOBAL ID:200901010535490043   更新日: 2020年04月21日

内藤 貴子

内藤 貴子 | Naito Takako
所属機関・部署:
職名: 学術研究員
研究分野 (3件): 英文学、英語圏文学 ,  地域研究 ,  子ども学、保育学
研究キーワード (10件): 英米演劇 ,  エコクリティシズム ,  環境文学 ,  イギリス文化 ,  児童演劇 ,  英文学 ,  児童文学 ,  Anglistics ,  CHILDREN'S LITERATURE ,  THEATRE FOR CHILDREN
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2007 - 2009 英語圏児童文学における食と身体性:歴史的・社会的観点からの考察
論文 (7件):
  • 内藤 貴子. シヴォーン・ダウド『ボグ・チャイルド』に描かれた<場所の感覚>とアルスター地方特有のメンタリティー. 明海大学「外国語学部論集」. 2019. 第31集. 39-54
  • 内藤 貴子. 子どものヴィジョンと大人の近眼性:The River at Green Knoweに描かれた自然と人間の関係性についての一考察. 明海大学「外国語学部論集」. 2018. 第30集. 67-81
  • 内藤 貴子. デイヴィッド・アーモンド『ヘヴンアイズ』におけるvisionの変容と自然表象. 日本イギリス児童文学会『Tinker Bell 英語圏児童文学研究』. 2013. 58号. 99-112
  • 内藤 貴子. 川の少年とは誰か?--River Boyにおける“figment”と自然表象. 日本イギリス児童文学会『Tinker Bell 英語圏児童文学研究』. 2012. 57号. 71-84
  • Skelligに見られるウィリアム・ブレイクの「ヴィジョン」. 白百合女子大学 児童文化研究センター論文集7. 2003
もっと見る
MISC (5件):
  • 内藤 貴子. イギリス児童文学に描かれた自然回帰のイメージ --Melvin Burgess, The Cry of the Wolfの場合. 文学・環境学会 ASLE-Japan Newsletter. 2012. No.32. 9-10
  • 内藤 貴子. 翻訳時評「What is REAL? --吐いてでも見据えたい<ほんとうの姿>」. 日本児童文学者協会『日本児童文学』1-2月号. 2008
  • ヨーロッパの中のイギリス児童文学. 「日本児童文学」2005年11-12月号. 2005. 第51巻6号 8-15頁
  • Dramas for Children by Philip Ridley and Magic Realism. Aspects of Fantasy A Seventieth-birthday Festschrift for Prof. Yoko Inokuma. 2001
  • Dramaturgy to Make Child readers "Experience" Picture Books -The Case of Irene Haas-. 2000
書籍 (5件):
  • 『英米児童文化55のキーワード』
    ミネルヴァ書房 2013
  • 『英語圏諸国の児童文学II--テーマと課題--』
    2011
  • 『子どもの本と<食> 物語の新しい食べ方』
    玉川大学出版部 2007
  • 『日本児童文学史の諸相--試論・解題稿--』「現代児童演劇史研究」
    白百合女子大学 2003
  • 『歴史との対話 -十人の声-』
    近代文芸社 2002
講演・口頭発表等 (7件):
  • シヴォーン・ダウド『ボグ・チャイルド』における場所性と湿地遺体のナラティヴィティ
    (ASLE-Japan 文学環境学会・第19回全国大会(東京) 2013)
  • エコロジカル・アイデンティティを掴むキャラクターたち--ボストン、ピアスの児童文学に描かれた自然表象
    (日本児童文学学会・例会(東京) 2012)
  • Going Downstream to "a hell of a river"--ディヴィッド・アーモンド『ヘヴンアイズ』における"vision"の変容と自然表象
    (ASLE-Japan 文学環境学会・第18回全国大会(大阪) 2012)
  • 日本児童演劇史の再検討
    (アジア児童文学会・第六回大会(中国・大連) 2002)
  • Skelligに見られるウィリアム・ブレイクの「ヴィジョン」
    (日本イギリス児童文学会・東日本支部例会(神奈川) 2002)
もっと見る
Works (6件):
  • 『めいたんていネート いそがしいクリスマス』 (共訳)
  • 『めいたんていネート 2るいベースがぬすまれた?!』 (共訳)
  • 『図説子供の本・翻訳の歩み事典』(項目執筆)
  • 『CLC』「国際アンデルセン賞」作家紹介・作品紹介・主要作品一覧(項目執筆)
  • 『完訳 世界文学にみる 架空地名大事典』(共訳)
もっと見る
経歴 (3件):
  • 2015/09 - 現在 東京藝術学舎(京都造形芸術大学×東北芸術工科大学) (公開講座「イギリス児童文学の自然-子どものまなざしから」) 非常勤講師
  • 2014/04 - 現在 大東文化大学 文学部英米文学科(英語の演劇を味わう,英米児童文学を味わう,演劇文化論,ゼミナール,翻訳論,教職実践演習) 特任講師
  • 2017/04 - 2020/03 明海大学 外国語学部 英米語学科 講師
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る