研究者
J-GLOBAL ID:200901010544797356   更新日: 2024年07月17日

李 時旭

イ シウク | LEE SHI-WOOK
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): http://www.aist.go.jp/RESEARCHERDB/cgi-bin/worker_detail.cgi?call=namae&rw_id=S59954874
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2022 - 2025 マルチタスク深層学習における補助損失の動的制御と音声コミュニケーションへの応用
  • 2021 - 2025 ゼロ・少音声言語資源の音声処理技術の構築
  • 2019 - 2022 異種言語感情音声コーパスの統合による多言語感情認識システムの開発
  • 2018 - 2021 方言音声のビデオアーカイブ化と方言音声理解のための情報処理技術の確立
  • 2015 - 2018 異種音声単位と複数言語を用いた高分解能音声特徴空間の構築と応用の研究
全件表示
論文 (4件):
  • Takashi Yokota, Kazunori Kojima, Shi-Wook Lee, Yoshiaki Itoh. Reduction of Speech Data Posteriorgrams by Compressing Maximum-likelihood State Sequences in Query by Example. 2020 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference, APSIPA ASC 2020 - Proceedings. 2020. 649-653
  • Haruka Tanji, Kazunori Kojima, Hiroaki Nanjo, Shi-Wook Lee, Yoshiaki Itoh. A rescoring method using web search and word vectors for spoken term detection. 2019 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference, APSIPA ASC 2019. 2019. 1163-1167
  • 佐土原 健, 李 時旭, 児島 宏明. サブワードユニット上の文字列カーネルを用いたタスク非依存なトピック分割. 人工知能学会全国大会論文集. 2007. JSAI07. 3C94-3C94
  • 児島 宏明, 李 時旭, 佐宗 晃, 佐土原 健, 石 洙永. 不明瞭な音声からの障害者の要求認識. ライフサポート. 2005. 17. 136-136
MISC (25件):
  • 紺野 良太, 小嶋 和徳, 李 時旭. 音声中の検索語検出におけるフレームレベル状態系列間照合方式 (音声). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2015. 115. 146. 7-12
  • 菅原 翔太, 小嶋 和徳, 李 時旭, 伊藤 慶明. ポスター講演 高精度・高速・低容量の音声中の検索語検出法の検討 : サブワードN-gramの転置インデックスの利用 (信号処理). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2015. 114. 474. 191-196
  • 紺野 良太, 李 時旭, 田中 和世, 小嶋 和徳, 伊藤 慶明. ポスター講演 DNNの出力確率から構築したサブワード間及び状態間音響距離によるSTDの精度向上 (信号処理). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2015. 114. 474. 201-206
  • 紺野 良太, 李 時旭, 田中 和世, 小嶋 和徳, 石亀 昌明, 伊藤 慶明. DNNの出力確率を用いたSTDのリスコアリング方式. 研究報告音声言語情報処理(SLP). 2014. 2014. 7. 1-6
  • 大内 一揮, 鳴海 司郎, 菅原 翔太, 李 時旭, 田中 和世, 伊藤 慶明. 類似音節バイグラムリストを用いた音声中の検出語検出. 研究報告自然言語処理(NL). 2014. 2014. 13. 1-6
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る