研究者
J-GLOBAL ID:200901010562208244   更新日: 2020年06月09日

吉田 文

ヨシダ アヤ | Yoshida Aya
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 教育社会学
研究キーワード (1件): 教育社会学、高等教育
競争的資金等の研究課題 (26件):
  • 2019 - 2022 知のオープン化時代の大学・科学相関システムの再構築
  • 2019 - 2022 大学における教養教育と専門教育の葛藤解決の方策に関する研究:日・欧・米の比較
  • 2017 - 2020 参照基準の利用状況を通した大学教育のカリキュラム改善に関する組織文脈的要因の考察
  • 2016 - 2019 大学教育のグローバル・スタディーズ 競争・連携・アイデンティティ
  • 2016 - 2019 教養教育の導入・改革と高等教育システムの変容-日・英・豪・中・香港の比較
全件表示
論文 (98件):
  • 吉田 文. 菅原亮芳 著 『近代日本における学校選択情報 -雑誌メディアは何を伝えたのか』. 日本の教育史学. 2015. 58. 0. 132-134
  • 吉田 文, 二宮 祐. 社会科学系大学院修士課程の教育 : 学生に対する評価との関連で(I-9部会 高等教育と人材養成,研究発表I). 日本教育社会学会大会発表要旨集録. 2014. 66. 126-129
  • 吉田 文. 「グローバル人材の育成」と日本の大学教育 : 議論のローカリズムをめぐって(<特集>グローバル化と教育内容). 教育學研究. 2014. 81. 2. 164-175
  • 吉田 文. 教育の社会理論の可能性:--特集の趣旨と教育研究の課題--. 教育社会学研究. 2014. 94. 0. 137-149
  • 吉田 文, 河野 志穂, 御手洗 明佳, 松本 暢平, 飯田 陸央. 3. 教職大学院で何を獲得するのか? : 全国教職大学院学生意識調査より(III-5部会 大学生,研究発表III). 日本教育社会学会大会発表要旨集録. 2013. 65. 228-231
もっと見る
書籍 (43件):
  • 『「再」取得学歴を問う』
    東信堂 2014
  • “The State and Private Higher Education in Japan: the end of egalitarian policy?,” Higher Education and the State: changing relationships in Europa and East Asia
    Symposium Books Ltd. 2013 ISBN:9781873927762
  • 『大学と教養教育-戦後日本における模索-』
    岩波書店 2013
  • 「序論-大学を取り巻くグローバリゼーションと未来」『シリーズ大学1 グローバリゼーション,社会変動と大学』
    岩波書店 2013 ISBN:9784000286114
  • 「グローバリゼーションと大学」『シリーズ大学1 グローバリゼーション,社会変動と大学』
    岩波書店 2013 ISBN:9784000286114
もっと見る
講演・口頭発表等 (60件):
  • 専門職大学院の教育と専門職資格との葛藤
    (日本高等教育学会第12回大会 2009)
  • 専門職大学院の教育とその効果
    (日本教育社会学会第60回大会 2008)
  • 教育をめぐる競争と大学教員の変貌
    (日本教育社会学会第59回大会課題研究 2007)
  • ロジックは教育効率か、教育効果か-全国大学教員のIT利用実態調査から-
    (日本高等教育学会第10回大会 2007)
  • eラーニングがもたらすメリット・予期される杞憂
    (公開シンポジウム「ITが拓く学びの世界」日本教育社会学会第57回大会 2005)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1981 - 1989 東京大学大学院 教育学研究科 教育社会学
  • 1977 - 1981 東京大学 文学部 国史学科
学位 (1件):
  • 博士 (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2008/04 - 早稲田大学 教授
  • 1997/04 - 2008/03 メディア教育開発センター(組織変更による配置換え) 助教授(~200106)、教授(200107~)
  • 2002 - メディア教育開発センター教授
  • 1995/04 - 1997/03 カリフォルニア大学バークレイ校 客員研究員
  • 1989/10 - 放送教育開発センター 助教授
所属学会 (6件):
日本産業教育学会 ,  日本社会学会 ,  教育史学会 ,  日本教育学会 ,  日本高等教育学会 ,  日本教育社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る