研究者
J-GLOBAL ID:200901010650682630   更新日: 2020年05月25日

石川 敏夫

イシカワ トシオ | Ishikawa Toshio
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 代謝、内分泌学 ,  内科学一般
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 熱ショックレスポンス
  • 分子内分泌学
論文 (16件):
  • Sakamoto M, Edo N, Takahashi S, Okamura E, Uno K, Morita K, Ishikawa T, Asahi K, Iseki K, Moriyama T, Yamagata K, Tsuruya K, Fujimoto S, Narita I, Konta T, Kondo M, Kimura K, Ohashi Y, Watanabe T, Tsukamoto K. Association between Prescription and Control Status of Dyslipidemia and Hypertension among Japanese Patients with Diabetes. Journal of atherosclerosis and thrombosis. 2019. 26. 9. 805-820
  • Edo N, Kawakami K, Fujita Y, Morita K, Uno K, Tsukamoto K, Onose H, Ishikawa T, Ito M. Exosomes Expressing Thyrotropin Receptor Attenuate Autoantibody-Mediated Stimulation of Cyclic Adenosine Monophosphate Production. Thyroid : official journal of the American Thyroid Association. 2019. 29. 7. 1012-1017
  • Morita K, Ogawa M, Kimura M, Okawa Y, Oki Y, Edo N, Tsukamoto K, Ishikawa T. Falsely elevated plasma ACTH levels measured by the Elecsys assay related to heterophilic antibody in a case of secondary adrenocortical insufficiency. Endocrine journal. 2019. 66. 6. 563-569
  • Edo N, Yamamoto T, Takahashi S, Mashimo Y, Morita K, Saito K, Kondo H, Sasajima Y, Kondo F, Okinaga H, Tsukamoto K, Ishikawa T. Optimizing Hemodynamics with Transcatheter Arterial Embolization in Adrenal Pheochromocytoma Rupture. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2018. 57. 13. 1873-1878
  • Edo N, Morita K, Sakamoto M, Kaminaga T, Edo H, Okamura E, Ogawa M, Tsukamoto K, Okinaga H, Ishikawa T. Correlation between anti-thyroid peroxidase antibody levels and diffuse thyroid uptake of 18F-fluorodeoxyglucose in Hashimoto's thyroiditis: a retrospective study. Thyroid research. 2018. 11. 14
もっと見る
MISC (204件):
  • 佐山遥平, 中島利菜, 男澤悠貴, 内野卓也, 岡本かおり, 宇野健司, 盛田幸司, 金子智之, 中川徹, 石川敏夫, 塚本和久. 劇症1型糖尿病感受性HLAを有し、ニボルマブによる自己免疫性1型糖尿病を発症した一例. 第57回日本糖尿病学会関東甲信越地方会プログラム・抄録集. 2020. 97
  • 石渡千聖, 内野卓也, 男澤悠貴, 岡本かおり, 宇野健司, 盛田幸司, 玉井大地, 三宅康史, 坂本哲也, 石川敏夫, 塚本和久. 乳酸アシドーシスを発症し、正常血糖糖尿病ケトアシドーシス(eDKA)併発も疑われた一例. 第57回日本糖尿病学会関東甲信越地方会プログラム・抄録集. 2020. 74
  • 鈴木崇史, 江戸直樹, 佐山遥平, 中島利菜, 石渡千聖, 岡本かおり, 内野卓也, 男澤悠貴, 宇野健司, 盛田幸司, 長谷川浩司, 国見基瑩, 蔵野信, 石川敏夫, 塚本和久. 血清アポD値と代謝関連指標との関連について. 日本成人病(生活習慣病)学会雑誌. 2020. 46. 65
  • 椋棒悦子, 小田嶋宏平, 坂本美貴, 内野卓也, 男澤悠貴, 江戸直樹, 萩原奏, 高橋さゆり, 宇野健司, 盛田幸司, 大山健一, 中川徹, 松野彰, 石川敏夫, 塚本和久. 先端巨大症に右副腎性Cushing症候群、巨大膵嚢胞を合併した1例. 日本内分泌学会雑誌. 2019. 95. 2. 713
  • 平田帆奈美, 村川允崇, 杉原優花, 小田嶋宏平, 佐山遥平, 中島利菜, 男澤悠貴, 岡本かおり, 内野卓也, 宇野健司, 盛田幸司, 大山健一, 松野彰, 石川敏夫, 塚本和久. 転院前後でIGF-1値乖離、トルコ鞍嚢胞性病変を呈した先端巨大症. 日本内分泌学会雑誌. 2019. 95. 2. 712
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (2件):
  • 一目でわかる内分泌学
    メディカル・サイエンス・インターナショナル 2008 ISBN:9784895924962
  • 中毒ハンドブック
    メディカル・サイエンス・インターナショナル 1999 ISBN:4895921964
講演・口頭発表等 (35件):
  • 帝京大学医学部5年生に対する薬剤師と処方せんに対する意識調査
    (日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 2013)
  • 1型糖尿病とバセドウ病を合併した多腺性自己免疫症候群の1例
    (糖尿病 2012)
  • 2型糖尿病の経過中にサイトメガロウィルス腸炎の関与が劇症1型糖尿病の発症に疑われた1例
    (糖尿病 2012)
  • 当科外来通院中80歳以上患者に対するグリメピリド処方量の変化について
    (日本老年医学会雑誌 2012)
  • 2型糖尿病に対するシタグリプチン投与の1年間の臨床効果の検討
    (糖尿病 2012)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1995 - 1999 東京大学 医学系研究科 内科学専攻
  • 1986 - 1990 東京大学 医学部 医学科
  • 1984 - 1986 東京大学 教養学部 理科三類
学位 (1件):
  • 博士(医学) (東京大学)
経歴 (13件):
  • 2015/04 - 現在 帝京大学医学部附属病院 教授
  • 2009/04 - 2015/03 帝京大学医学部附属病院 准教授
  • 2006/07 - 2009/03 帝京大学医学部附属病院 講師
  • 2004/03 - 2006/06 帝京大学医学部附属市原病院 講師
  • 2001/03 - 2004/02 Northwestern大学 研究員
全件表示
所属学会 (6件):
日本動脈硬化学会 ,  日本甲状腺学会 ,  日本糖尿病学会 ,  米国内分泌学会 ,  日本内分必学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る