研究者
J-GLOBAL ID:200901010662382284   更新日: 2019年09月13日

太田 仁

オオタ ヒトシ | OHTA Hitoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 物性II
研究キーワード (1件): 磁性、磁気共鳴、強相関係、高温超伝導、金属、超低温、超伝導、量子液体/固体、分子性固体、有機同体
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2014 - 2017 カンチレバーを用いた高周波電子スピン共鳴測定法の高感度化とタンパク質観測の実現
  • 2010 - 圧力下擬2次元有機導体で実現するディラック粒子状態のサイクロトロン共鳴による研究
  • 2007 - カンチレバーを用いた高感度テラヘルツ電子スピン共鳴技術の開発と応用
  • 2007 - 金属的強相関電子系の測定を可能にする新しい強磁場電子スピン共鳴測定法の開発
  • 2006 - 高圧下強磁場電子スピン共鳴と磁気光学測定によるナローギャップ有機半導体の研究
全件表示
論文 (261件):
  • Hironori Kimata, Takahiro Sakurai, Hitoshi Ohta, Tomoyuki Mochida. Phase Transitions, Crystal Structures, and Magnetic Properties of Ferrocenium Ionic Plastic Crystals with CF3BF3 and Other Anions. ChemistrySELECT. 2019. 4. 1410-1415
  • KIMATA Hironori, 櫻井 敬博, 太田 仁, MOCHIDA Tomoyuki. Phase Transitions, Crystal Structures, and Magnetic Properties of Ferrocenium Ionic Plastic Crystals with CF3BF3 and Other Anions. Chemistry Select. 2019. 4. 1-7
  • 高橋 英幸, NABESHIMA Fuyuki, OGAWA Ryo, 大道 英二, 太田 仁, MAEDA Atsutaka. Superconducting fluctuations in FeSe investigated by precise torque magnetometry. Phys. Rev. B. 2019. 99. 060503(R)/1-5
  • Takashi Inagaki, Tomoyuki Mochida, Kazuyuki Takahashi, Takahiro Sakurai, Hitoshi Ohta. Paramagnetic organometallic ionic liquids exhibiting thermochromism based on monomer-dimer equilibrium of cationic half-sandwich complexes. Journal of Molecular Liquids. 2018. 269. 882-885
  • Y. Kuwata, H. Kotegawa, H. Sugawara, T. Sakurai, H. Ohta, H. Tou. 75As-NQR Investigation of the Relationship between the Instability of Metal-Insulator Transition and Superconductivity in Ru1-xRhxAs. J. Phys. Soc. Jpn. 2018. 87. 7. 073703/1-5
もっと見る
MISC (7件):
  • 藤澤 真士, 太田 仁, 田中 秀数. 擬一次元反強磁性体Cu2Cl4・H8C4SO2の強磁場ESR測定. 電子スピンサイエンス. 2007. Vol. 5(Spring) 通号8 56-57
  • OHTA Hitoshi, KIMATA M, OMICHI E, NAGATA T. カンチレバーを用いた高感度パルス強磁場ESR. 電子スピンサイエンス. 2006. Vol. 4(Spring) 通号6 57-62
  • KIKUCHI H, MITSUFUJI S, OMICHI E, OHTA Hitoshi. ダイヤモンド鎖モデル化合物アズライトの磁性. 日本物理学会誌. 2006. Vol.61, No.3 172-175
  • YOSHIDA M, OHTA Hitoshi. 有限Haldane鎖のエネルギー微細構造及びその鎖長依存性の強磁場ESRによる直接観測. 電子スピンサイエンス. 2006. Vol. 4(Spring) 通号6 65-66
  • YOSHIDA M, OHTA Hitoshi, ITOH T, AJIRO Y. 有限ハルデン鎖の鎖端スピン状態とその鎖長依存性の強磁場ESRによる直接観測. 日本物理学会誌. 2006. Vol.61, No.3 180-183
もっと見る
書籍 (3件):
  • 電子スピンサイエンス&スピンテクノロジー入門 (139-147)
    電子スピンサイエンス学会 2003
  • Field-Induced Phase Transitions and Dynamics in Quantum Spin Systems
    Prog. Theo. Phys. Suppl. 159 416 pages. 2005
  • Rare Earth and Transition Metal Doping of Semiconductor Materials
    Woodhead Publishing 2016
講演・口頭発表等 (1,256件):
  • 低次元磁性体の強磁場ESR-S=1/2を中心に-
    (特定領域研究会 2003)
  • ダイヤモンド鎖化合物Cu3(OH)2(CO3)2の多周波数ESR
    (第42回電子スピンサイエンス学会年会 2003)
  • X-band ESRによるGaAs:Er, Oの発光中心の解明II
    (日本物理学会2003年秋季大会 2003)
  • The investigation of diamond chain substance Cu3(CO3)2(OH)2 by high field ESR
    (Department of Physics and Materials Science Seminar 2003)
  • Submillimeter wave ESR Study on Bond-alternatng Quantum Spin Chain System (CH3)2NH2CuCl3
    (The 28th Int. Conf. on Infrared and Millimeter Waves 2003)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1986 東京理科大学 大学院理学研究科博士課程退学
学位 (2件):
  • 理学修士 (東京理科大学)
  • 理学博士 (東京理科大学)
委員歴 (10件):
  • Asia-Pacific EPR/ESR Society (APES) Immediate Past President
  • Asia-Pacific EPR/ESR 2010 Symposium International Advisory Committee
  • 日本物理学会 領域3代表
  • 電子スピンサイエンス学会(SEST) 会長、事務局
  • 日本赤外線学会 理事 ・企画委員会委員
全件表示
受賞 (9件):
  • 2018 - 日本赤外線学会 日本赤外線学会論文賞 SQUID磁束計を用いた高周波ESR測定法のヘムタンパク質モデル錯体への応用
  • 2017 - The Physcal Society of Japan JPSJ Papers of Editor's Choice New Method for Torque Magnetometry Using a Commercially Available Membrane-Type Surface Stress Sensor
  • 2016 - 日本赤外線学会 論文賞 SQUID磁束計を用いたミリ波ESR測定装置の開発
  • 2015 - 電子スピンサイエンス学会 学会賞 多重極限テラヘルツESRの開発とその量子スピン系研究への応用
  • 2015 - 電子スピンサイエンス学会 電子スピンサイエンス学会(SEST) 学会賞 多重極限テラヘルツESRの開発とその量子スピン系研究への応用
全件表示
所属学会 (7件):
日本赤外線学会 ,  Asia-Pacific EPR/ESR Society (APES) ,  電子スピンサイエンス学会(SEST) ,  日本物理学会 ,  日本分光学会 ,  日本高圧学会 ,  International EPR Society (IES)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る