研究者
J-GLOBAL ID:200901010881488446   更新日: 2020年06月24日

伊藤 純郎

イトウ ジユンロウ | Ito Junro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 教科教育学、初等中等教育学 ,  教育学 ,  日本史
研究キーワード (3件): 社会科教育 ,  教育学(史) ,  日本史
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2002 - 戦争と神社祭紀をめぐる資料調査
  • 1996 - 郷土部隊及び戦時生活資料等の調査研究
  • 郷土教育運動の研究
  • 歴史教育、社会科教育
  • 柳田国男研究
全件表示
論文 (38件):
  • 伊藤,純郎. ふたつの航空隊と空都土浦. 土浦市立博物館紀要 第30号. 2020. 1-13
  • 伊藤,純郎. 語りと記録のなかの大日向満州分村移民体験. 信濃 第71巻第11号. 2019. 47-62
  • 伊藤,純郎. 『いはらき』新聞に見る戦時下の土浦. 『町の記憶ー空都土浦とその時代』. 2019. 105-118
  • 伊藤,純郎. 足元を見つめ、足元から考える社会科. 社会科研究第64号. 2019
  • 伊藤,純郎. 胡桃沢勘内の郷土教育論. 信濃. 2018. 70. 1. 1-17
もっと見る
書籍 (42件):
  • The Legacy of Kano Jigoro:Judo and Education
    Japan Publishing Industry Foundation for Culture 2020
  • 特攻隊の<故郷>霞ヶ浦・筑波山・北浦・鹿島灘
    2019
  • 満州分村の神話 大日向村は、こう描かれた
    信濃毎日新聞社 2018
  • 近・現代日本教育会史研究
    2018
  • 佐久の先人
    佐久市 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • 中等社会科のこれから/これまでー令和時代の中等社会科を考える
    (中等社会科教育学会第38回研究大会 2019)
  • ようこそ上伊那へー信州は社会科教材の宝庫
    (第65回信州社会科教育研究会総括講演 2019)
  • 特攻隊の故郷 茨城
    (歴史文化研究会研究大会 2019)
  • 日韓歴史教科書書記述の課題
    (日韓歴史教科書ワークショップ 2017)
  • 歴史的な見方・考え方をどう育てるのか
    (第3回筑波大学附属小中高大連携社会科授業研究会 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1981 筑波大学 第一学群 人文学類
経歴 (3件):
  • 2007/06/15 - 現在 筑波大学 教授
  • 1998/06/15 - 2007/06/14 筑波大学 助教授
  • 1993/04/01 - 1998/06/14 筑波大学 講師
委員歴 (6件):
  • 2017/04 - 現在 茨城県教育委員会 スーパーサイエンススクール運営指導委員会
  • 2008 - 現在 日本社会科教育学会 幹事/国際交流委員会委員長/評議員/編集委員会委員長/会長選考委員会委員長
  • 2006 - 現在 中等社会科教育学会 理事/会長
  • 2019/04/04 - 2021/03/31 佐久市教育委員会 佐久市大給恒顕彰委員会/委員長
  • 2017/06 - 2020/03 行方市教育員会 行方市歴史資料整理事業/指導者
全件表示
所属学会 (7件):
歴史人類学会 ,  日本民俗学会 ,  日本社会科教育学会 ,  中等社会科教育学会 ,  地方史研究協議会 ,  信濃史学会 ,  教育史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る