研究者
J-GLOBAL ID:200901010987840084   更新日: 2020年06月23日

伊藤 恵啓

イトウ ヨシヒロ | Itoh Yoshihiro
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 有機機能材料 ,  高分子化学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2000 - 2006 発光性材料の創製と発光メカニズムの解析
  • 2004 - 化学分解性機能材料の開発
  • 1993 - 光分解性機能材料の開発
論文 (7件):
  • Y. Itoh, K. Ozaki, R. Maezawa. Hydrolyzable-Emulsifier-Containing Polymer Latices as Dispersants and Binders for Waterborne Carbon Black Paint. J. Appl. Polym. Sci. 2013. 130. 6. 3869-3873
  • Y. Itoh, R. Akasaka, F. Sahara. Facile Polymer Coating of Papers with Polymer Latices Containing a Hydrolysable Emulsifier. J. Appl. Polym. Sci. 2009. 112. 3. 1653-1657
  • Y. Itoh, R. Akasaka. Comparison of Surface-Active Properties of (Alkyloxycarbonylmethyl)trimethyl- ammonium Chlorides and Alkyltrimethylammonium Chlorides. J. Surfact. Deterg. 2009. 12. 2. 101-107
  • Y. Itoh, S. Horiuchi, K. Yamamoto. Photodegradative Surfactants: p-Dodecylbenzyltrimethylammonium Bromide as a Photodegradative Emulsifier for Microemulsion Polymerization. Chem. Lett. 2005. 34. 6. 814-815
  • Y. Itoh, K. Yamamoto, H. Shirai. Photodegradative Surfactants: Photolysis of p-Dodecylbenzyltrimethylammonium Bromide in Aqueous Solution. Chem. Lett. 2003. 32. 1. 8-9
もっと見る
書籍 (3件):
  • 第2章新しい機能性界面活性剤の可能性と機能増強のための技術開発, 第4節分解性界面活性剤の開発とその応用
    2019
  • 固体レーザー用色素の探索
    技術情報協会 2007
  • 光分解性材料
    丸善 2005
講演・口頭発表等 (1件):
  • Paper Coating with Polyacrylate Latexes Containing Alkali-Hydrolysable Cationic Emulsifiers
    (International Conference on Nanoscopic Colloid and Surface Science (CSS2010) 2010)
学歴 (3件):
  • 1980 - 1981 大阪大学大学院 理学研究科 高分子学
  • 1978 - 1980 大阪大学大学院 理学研究科 高分子学
  • 1974 - 1978 大阪大学 理学部 高分子学
学位 (1件):
  • 理学博士 (大阪大学)
受賞 (1件):
  • 2013/05/24 - 平成24年度塗装工学編集委員長賞
所属学会 (3件):
光化学協会 ,  日本化学会 ,  高分子学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る