研究者
J-GLOBAL ID:200901011065429543   更新日: 2003年10月09日

松岡 洋一郎

マツオカ ヨウイチロウ | Matsuoka Yoichirou
所属機関・部署:
職名: 厚生労働技官
研究キーワード (1件): 細胞生物学
MISC (37件):
  • 濱口哲也、松岡洋一郎、川口博明、高須賀信夫、深町勝巳、吉田浩己、津田洋幸(2003) ヒト正常型c-Ha-ras遺伝子トランスジェニックラットの乳腺発がん高感受性の機序解析-第2報-. 乳癌基礎研究. 2003. 12, 45-49
  • Hamaguchi, T., Matsuoka, Y., Kawaguchi, H., Fukamachi, K., Takasuka, N., Ueda, S., Shimizu, K., Ohki, M., Kusunoki, M., Sakakura, T., Yoshida H., and Tsuda, H. (2003) Terminal endbuds and acini as the respective major targets for chemical and sporadic ・・・. Breast Cancer Res. Treat.,. 2003. in press
  • Matsuoka, Y., Fukamachi, K., Hamaguchi, T., Toriyama-Baba, H., Kawaguchi, H., Kusunoki, M., Yoshida H., and Tsuda, H. (2003) Rapid emergence of mammary preneoplastic and malignant lesions in human c-Ha-ras proto-oncogene transgenic rats: possible appli・・・. Toxicol. Pathol.,. 2003. in press
  • Barkalow, K.L., Italiano, Jr. J.E., Chou, D.E., Matsuoka, Y., Bennett, V., and Hartwig, J.H. (2003)α-adducin dissociates from F-actin and spectrin during platelet activation. J. Cell Biol.,. 2003. 161, 557-570
  • 松岡洋一郎、川口博明、鳥山-馬場弘靖、深町勝巳、吉田浩己、津田洋幸(2002) ヒト正常型c-Ha-rasトランスジェニックラットの乳腺発がん高感受性の機序解析. 乳癌基礎研究. 2002. 11, 33-36
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1988 三重大学 医学研究科
  • - 1983 三重大学 医学部
学位 (1件):
  • 医博
経歴 (6件):
  • 1994 - 1999 デューク大学医学部細胞生物学科(米国)Research Associate(助手)
  • 1999 - - 国立がんセンター研究所室長(化学療法部)
  • 1992 - 1994 三重大学医学部病理学講座助手(文部教官)
  • 1990 - 1992 愛知県がんセンター研究所研究員(放射線部)
  • 1992 - 愛知県がんセンター研究所主任研究員(放射線部)
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る