研究者
J-GLOBAL ID:200901011085365061   更新日: 2020年06月09日

ストックウェル グレン

ストックウェル グレン | Stockwell Glenn
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.f.waseda.jp/gstock/http://www.f.waseda.jp/gstock/
研究分野 (2件): 教育工学 ,  外国語教育
研究キーワード (1件): コンピュータ支援語学学習、第2言語学習得論、外国語教授法
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2018 - 2021 スマートフォンによる英語学習者に対する自律的学習の向上に関する縦断的研究
  • 2015 - 2018 Cross-institutional study on the effects of an intelligent embedded training system on language learning in a mobile environment.
  • 2012 - 2015 コンピュータの活用による英語学習者に対する自律的動機付けの向上に関する縦断的研究
  • 2009 - 2013 属性付与英語学習者発話コーパスの拡充と分析:大学新入生英語発話能力の経年変化調査
  • 2006 - 2008 学習者プロファイリングに基づく日本人英語学習者音声コーパスの構築と分析
全件表示
論文 (45件):
  • Reinders, Hayo, Stockwell, Glenn. Computer-assisted SLA. The Routledge Handbook of Instructed Second Language Acquisition. 2017. 361-375
  • Stockwell, Glenn. Mobile language learning. The Routledge Handbook of Language Learning and Technology. 2016. 296-307
  • Thang, Siew Ming, Stockwell, Glenn. Special issue of GLoCALL 2013-2014 selected conference papers. Computer Assisted Language Learning. 2016. 29. 6. 1069-1070
  • Stockwell. G., &am, Liu, Y. Engaging in mobile phone-based activities for learning vocabulary: An investigation in Japan and Taiwan. CALICO Journal. 2015. 32. 2. 299-322
  • Stockwell, G. Exploring theory in computer-assisted language learning. In X. Deng & R. Seow (Eds), Alternative Pedagogies in the English Language & Communication Classroom: Selected Papers from the Fourth CELC Symposium for English Language Teachers. Singapore: Centre for English Language Communication, National University of Singapore. 2014. 25-30
もっと見る
書籍 (2件):
  • Computer Assisted Language Learning: Diversity in Research & Practice.
    Cambridge University Press 2012 ISBN:9781107016347
  • CALL dimensions: Options and issues in Computer-Assisted Language Learning.
    Lawrence Erlbaum Associates 2006
講演・口頭発表等 (39件):
  • モーバイルラーニングにおけるタスク活用
    (XVIIth International CALL Research Conference, Universitat Rovira i Virgili, Tarragona, Spain 2015)
  • モバイル語学学習へのラーナー・トレーニング
    (JALTCALL 2015 Conference, Kyushu Sangyo University, Japan 2015)
  • オンライン教育における多様性への対応
    (KOTESOL 2015 National Conference, Sookmyung Womens's University, Seoul, South Korea 2015)
  • 語学学習のためのモーバイル・ラーニング:流行、問題と今後の行方
    (The Digital Education Show Asia, Kuala Lumpur, Malaysia 2015)
  • コンピュータ支援語学学習におけるパラダイムシフト
    (AsiaCALL 2014 Conference, National Changhua University of Education, Changhua, Taiwan 2014)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2000 クィーンズランド大学 言語科学研究科 コンピュータ支援語学学習、第2言語習得論
  • - 1998 南クィーンズランド大学 教育学研究科 第2言語教授法
  • - 1995 ボンド大学 文芸・言語研究科 応用言語学、コンピュータ支援語学学習
学位 (3件):
  • 博士号(応用言語学) (クィーンズランド大学 (オーストラリア))
  • 修士号(教育学) (南クィーンズランド大学 (オーストラリア))
  • 修士号(応用言語学) (ボンド大学 (オーストラリア))
所属学会 (2件):
ヨーロッパコンピュータ支援語学学習学会 ,  全国語学教育学会CALL-SIG
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る