研究者
J-GLOBAL ID:200901011208302108   更新日: 2024年06月05日

飯塚 聡

イイヅカ サトシ | Iizuka Satoshi
所属機関・部署:
職名: 上席研究員
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/40414403
研究分野 (2件): 大気水圏科学 ,  防災工学
研究キーワード (4件): 大気海洋相互作用 ,  豪雨 ,  台風 ,  インド洋ダイポールモード
競争的資金等の研究課題 (21件):
  • 2024 - 2029 急速に温暖化する日本近海の海洋前線と豪雨・豪雪
  • 2024 - 2027 メガストームと梅雨がもたらす極端気象・海象災害ハザードの近未来予測研究
  • 2020 - 2025 メガストームに係る災害ハザードの近未来予測研究
  • 2024 - 2025 中緯度大気海洋研究の推進と統括
  • 2019 - 2024 中緯度大気海洋研究の推進と統括
全件表示
論文 (66件):
  • Shinji Matsumura, Satoshi Iizuka. Local-scale circulation associated with enhanced poleward moisture transport for Meiyu-Baiu heavy rainfall over western Japan. Environmental Research Letters. 2023. 18. 11. 114038-114038
  • Naoki Yoshida, Ryuichi Kawamura, Tetsuya Kawano, Takashi Mochizuki, Satoshi Iizuka. Remote dynamic and thermodynamic effects of typhoons on Meiyu-Baiu precipitation in Japan assessed with bogus typhoon experiments. Weather and Climate Extremes. 2023. 41. 100578-100578
  • Koki Iida, Hironori Fudeyasu, Yuusuke Tanaka, Satoshi Iizuka, Yoshiaki Miyamoto. Quantification and attribution of ocean cooling induced by the passages of Typhoons Faxai (2019) and Hagibis (2019) over the same region using a high-resolution ocean model and cooling parameters. Atmospheric Science Letters. 2023
  • Takumi Matsumoto, Ryuji Yamada, Satoshi Iizuka. Heat flow data and thermal structure in northeastern Japan. Earth, Planets and Space. 2022. 74. 1
  • Eigo Tochimoto, Satoshi Iizuka. Impact of warm sea surface temperature over a Kuroshio large meander on extreme heavy rainfall caused by an extratropical cyclone. Atmospheric Science Letters. 2022. 24. 2. 1-10
もっと見る
MISC (60件):
  • 中村 尚, 関澤 偲温, 宮坂 貴文, 万田 敦昌, 飯塚 聡, 西井 和晃, 田口 文明. 平成30年7月豪雨とその後の記録的猛暑への海洋からの影響-2018年夏の異常気象 : 記録的な広域豪雨と猛暑. 気象研究ノート. 2022. 246. 47-59
  • 野中正見, 平田英隆, 岡英太郎, 飯塚聡. シンポジウム「中緯度大気海洋相互作用研究の現状と展望」開催報告. JOSニュースレター. 2021. 11. 3. 8-9
  • 飯田康生, 飯田康生, 筆保弘徳, 田中裕介, 飯塚聡, 宮本佳明. 2019年台風15号(Faxai)と19号(Hagibis)による海洋変化. 日本気象学会大会講演予稿集(CD-ROM). 2021. 119
  • 飯塚 聡, 下瀬 健一, 横山 仁. 令和元年房総半島台風による園芸施設の被害状況に基づく解析値の風の評価 (特集 2019年の台風災害). 日本風工学会誌. 2021. 46. 1. 5-12
  • 平野洪賓, P.C. Shakti, 飯塚 聡. 令和元年東日本台風における水戸市および常陸太田市の浸水推定と調査報告. 防災科学技術研究所主要災害調査. 2021. 58
もっと見る
書籍 (10件):
  • 海面水温の上昇が豪雨をもたらす 極端気象を予測して備えよう
    月間BAN 2022
  • 気象研究ノート:気候系のhot spot:中緯度大気海洋相互作用の最前線
    日本気象学会 2021 ISBN:9784904129272
  • 天気と海の関係についてわかっていることいないこと
    ペレ出版 2016
  • シミュレーション辞典
    コロナ社 2011
  • 自然災害の事典
    朝倉書店 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (221件):
  • Local-scale circulation associated with enhanced poleward moisture transport for Meiyu-Baiu heavy rainfall over western Japan
    (JpGU2024 2024)
  • Potential impact of marine heatwaves on Extreme Rainfall Events
    (AGU2023 2024)
  • Quantification and attribution of ocean cooling induced by the passages of Typhoons Faxai (2019) and Hagibis (2019) over the same region using a high-resolution ocean model and cooling parameters
    (AGU2023 2023)
  • Quantification and attribution of ocean cooling induced by the passages of Typhoons Faxai (2019) and Hagibis (2019) over the same region using a high-resolution ocean model and cooling parameters
    (The 1st International Workshop Typhoon Science and Technology Research Center (TRC) 2023)
  • 気象リポートシステム「ふるリポ!」を活用した 気象と防災への関心向上のための取り組み
    (2023)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1993 - 1995 東京大学大学院 理学系研究科地球惑星物理学専攻
  • 1991 - 1993 九州大学大学院 総合理工学研究科 大気海洋環境システム学専攻
  • 1987 - 1991 弘前大学 理学部 地球科学科
学位 (1件):
  • 理学博士
経歴 (11件):
  • 2023/04 - 現在 国立研究開発法人防災科学技術研究所 水・土砂防災研究部門 上席研究員
  • 2022/08 - 現在 筑波大学 生命環境系 教授(連携大学院)
  • 2022/04 - 現在 筑波大学 システム情報工学研究群リスク・レジリエント工学 非常勤講師
  • 2016/10 - 2023/03 国立研究開発法人防災科学技術研究所 総括主任研究員
  • 2016/04 - 2016/09 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 主任研究員
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2020/07 - 現在 日本気象学会 SOLA 編集委員
  • 2022/04 - 2025/03 JR東日本 鉄道防災検討委員会
  • 2020/04 - 2024/03 自然災害研究協議会 5号委員
  • 2020/07 - 2022/08 日本気象学会 気象集誌・SOLA特別号 2018年・2019年の台風 編集委員
受賞 (1件):
  • 2004/04 - 防災科学技術研究所 理事長表彰 高分解能大気海洋結合モデルと領域モデルを結合したモデルの開発
所属学会 (4件):
日本気象学会 ,  日本海洋学会 ,  JpGU ,  American Geophysical Union
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る