研究者
J-GLOBAL ID:200901011223197914   更新日: 2017年03月14日

石島 旨章

イシジマ ムネアキ | ISHIJIMA Muneaki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 整形外科学
研究キーワード (3件): 整形外科 ,  整形外科学 ,  骨軟骨代謝
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2015 - 2018 変形性膝関節症における滑膜を標的とした病態解明とその応用による疾患制御
  • 2015 - 2023 ロコモ予防・改善のための健康・医療イノベーション
  • 2013 - 2014 「幸福寿命」をのばす医療イノベーション
  • 2012 - 2015 滑膜間葉系幹細胞に着目したパールカンによる変形性膝関節症の骨棘形成制御
  • 2009 - 2010 パールカンの成長板軟骨への血管侵入における作用機序解明
全件表示
論文 (47件):
  • Yuji Takazawa, Hiroshi Ikeda, Yoshitomo Saita, Takayuki Kawasaki, Muneaki Ishijima, Masataka Nagayama, Haruka Kaneko, Kazuo Kaneko. Return to Play of Rugby Players After Anterior Cruciate Ligament Reconstruction Using Hamstring Autograft: Return to Sports and Graft Failure According to Age. Arthroscopy - Journal of Arthroscopic and Related Surgery. 2017. 33. 181-189
  • Masashi Nagao, Tokuhide Doi, Yoshitomo Saita, Yohei Kobayashi, Mitsuaki Kubota, Haruka Kaneko, Yuji Takazawa, Muneaki Ishijima, Hisashi Kurosawa, Kazuo Kaneko, Masahiko Nozawa, Hiroshi Ikeda, Sung Gon Kim. A novel patient-reported outcome measure for anterior cruciate ligament injury: evaluating the reliability, validity, and responsiveness of Japanese anterior cruciate ligament questionnaire 25. Knee Surgery, Sports Traumatology, Arthroscopy. 2016. 24. 2973-2982
  • Lizu Liu, Muneaki Ishijima, Haruka Kaneko, Ryo Sadatsuki, Shinnosuke Hada, Mayuko Kinoshita, Takako Aoki, Ippei Futami, Anwarjan Yusup, Anwarjan Yusup, Hitoshi Arita, Jun Shiozawa, Yuji Takazawa, Hiroshi Ikeda, Kazuo Kaneko. The MRI-detected osteophyte score is a predictor for undergoing joint replacement in patients with end-stage knee osteoarthritis. Modern Rheumatology. 2016. 1-7
  • Yu Sugawara, Yu Sugawara, Muneaki Ishijima, Muneaki Ishijima, Hisashi Kurosawa, Hisashi Kurosawa, Yukio Shimura, Yukio Shimura, Haruka Kaneko, Lizu Liu, Lizu Liu, Ippei Futami, Yoshiyuki Iwase, Yoshiyuki Iwase, Kazuo Kaneko, Kazuo Kaneko. Preoperative timed single leg standing time is associated with the postoperative activity of daily living in aged disabled patients with end-stage knee osteoarthritis at six-months after undergoing total knee arthroplasty. Modern Rheumatology. 2016. 1-6
  • Muneaki Ishijima, Haruka Kaneko, Shinnosuke Hada, Mayuko Kinoshita, Ryo Sadatsuki, Lizu Liu, Yukio Shimura, Hitoshi Arita, Jun Shiozawa, Anwarjan Yusup, Ippei Futami, Yuko Sakamoto, Masayoshi Ishibashi, Syuichi Machida, Hisashi Naito, Eri Arikawa-Hirasawa, Chieko Hamada, Yoshitomo Saita, Yuji Takazawa, Hiroshi Ikeda, Yasunori Okada, Kazuo Kaneko. Osteoarthritis as a Cause of Locomotive Syndrome: Its Influence on Functional Mobility and Activities of Daily Living. Clinical Reviews in Bone and Mineral Metabolism. 2016. 14. 77-104
もっと見る
MISC (325件):
書籍 (4件):
  • 名医が語る最新・最良の治療 変形性関節症(股関節・膝関節)-最新の治療法で痛みがとれる!! (ベスト×ベストシリーズ)
    法研 2012 ISBN:4879549444
  • 変形性膝関節症の運動療法ガイド-保存的治療から術後リハまで
    日本医事新報社 2014 ISBN:4784961526
  • 健康長寿のためのスポートロジー (放送大学教材)
    放送大学教育振興会 2015 ISBN:459531552X
  • 変形性関節症:関節が老いたのか、関節軟骨の変性とはなにか (シリーズ・骨の話)
    ミネルヴァ書房 2017 ISBN:4623077233
学歴 (2件):
  • - 1996 順天堂大学 医学部
  • 1998 - 2002 順天堂大学大学院 医学研究科
学位 (1件):
  • 医学博士 (順天堂大学)
経歴 (9件):
  • 1998/07 - 2002/03 東京医科歯科大学 共同研究員
  • 2002/04 - 2003/06 私学共済・東京臨海病院 医員
  • 2003/07 - 2004/12 順天堂大学 助手
  • 2005/01 - 2006/12 米国 国立衛生研究所 (NIH) 日本学術振興会 海外特別研究員
  • 2007/01 - 2007/03 順天堂大学 助手
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2013 - 日本整形外科学会 専門医試験委員会委員
  • 2013 - 日本整形外科学会 教育研修委員会委員
  • 2014 - 日本整形外科学会 情報管理システム委員会委員
  • 2013 - 日本整形外科学会 ロコモチャレンジ!推進協議会委員
  • 2015 - 日本軟骨代謝学会 評議員
全件表示
受賞 (9件):
  • 2013 - 順天堂大学 医学部同窓会 学術奨励賞
  • 2009 - 順天堂大学 整形外科学教室同門会 奨励賞
  • 2009 - 日本整形外科学会(JOA)-米国整形外科学会(AOA) Traveling Fellow
  • 2009 - 国際関節病学会 (Osteoarthritis Research Society International, OARSI) Osteoarthritis Biomarker Global Initiative Workshop, Young Investigator Travel Award
  • 2009 - 日本学術振興会 藤田記念医学研究振興基金研究助成
全件表示
所属学会 (10件):
日本軟骨代謝学会 ,  日本骨粗鬆症学会 ,  日本整形外科学会 ,  米国骨代謝学会 ,  国際関節病学会 ,  日本骨代謝学会 ,  日本関節病学会 ,  日本結合組織学会 ,  関東整形災害外科学会 ,  国際スポートロジー学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る