研究者
J-GLOBAL ID:200901011301535139   更新日: 2020年05月31日

馮 旗

ヒヨウ キ | Feng Qi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www.researchgate.net/profile/Qi_Feng13
研究分野 (7件): 環境材料、リサイクル技術 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術 ,  無機材料、物性 ,  無機物質、無機材料化学 ,  電子デバイス、電子機器 ,  ナノバイオサイエンス ,  ナノ材料科学
研究キーワード (1件): 材料化学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2019 酸化マンガン機能性材料の製造法の開発
  • 2019 - 2019 福島原発事故放射能汚染水処理用高性能Sr2+選択吸着剤の開発
  • 2018 - 2019 強誘電性半導体の電荷分離機構解明によるペロブスカイト太陽電池の高性能化
  • 2018 - 2019 放射能汚染水から放射性ストロンチウム除去用高性能吸着剤の開発
  • 2018 - 2019 固体表面上での動的有機金属化学の展開と環境対応型固体触媒の創成
全件表示
論文 (42件):
  • Zhen Zhang, Lei Miao, Minggang Yao, Lijie Li, Fan Zhao, Hongxi Gu, Yinfeng Han, Galhenage Asha Sewvandi, Qi Feng, Desuo Yang, Xiaoling Wang, Dengwei Hu. Rod-like incipient ferroelectric SrTiO3 polycrystal with crystal-axis orientation. Ceramics International (DOI: 10.1016/j.ceramint.2019.10.088). 2020. 46. 3675-3687
  • Xingang Kong, Dingying Ma, Li Li, Peiguang Xu, Yong Wang, Qi Feng. In situ synthesis and electrochemical properties of sawtooth-like Bi4Ti3O12/K0.8Ti1.73Li0.27O4 as anode material for lithium-ion batteries. Journal of Electroanalytical Chemistry (DOI: 10.1016/j.jelechem.2019.113637). 2020. 856. No.113637
  • Weixing Zhao, Wenxiong Zhang, Yan Wang, Dengwei Hu, Xingang Kong, Shinobu Uemura, Takafumi Kusunose, Qi Feng. Ferroelectric mesocrystalline BaTiO3/Bi0.5K0.5TiO3 nanocomposites: topochemical synthesis, enhanced piezoelectric and dielectric responses. Journal of Alloys and Compounds (DOI: 10.1016/j.jallcom.2019.152869). 2020. 818. No.152869
  • Kenji Wada, Han Yu, Qi Feng. Titania-supported iridium catalysts for dehydrogenative synthesis of benzimidazoles. Chinese Chemical Letters (DOI: org/10.1016/j.cclet.2019.05.054). 2020. in press
  • Xingang Kong, Dingying Ma, Jiarui Zhang, Qinqin Gong, Yong Wang, Qi Feng. Synthesis of Sn2Nb2O7-GO nanocomposite as an anode material with enhanced lithium storage performance. Journal of Materials Science. 2020. 55. 3561-3570
もっと見る
MISC (86件):
特許 (22件):
  • ストロンチウムイオン吸着剤とその製造法
  • 重金属イオン吸着剤およびその製造方法
  • ナノ複合酸化物及びその製造方法
  • ニオブ酸系強誘電体の配向性薄膜とその作製方法
  • 酸化物ナノシート及びその製造方法
もっと見る
書籍 (7件):
  • トコトンやさしいイオン交換の本
    日刊工業新聞社 2013
  • 図解 最先端イオン交換技術のすべて
    工業調査会 2009 ISBN:9784769342250
  • Inorganic and Metallic Nanotubular Materials
    Springer Publishing Company 2009 ISBN:3642036201
  • ナノチューブ状物質の最新技術と応用展開
    フロンティア出版 2008
  • Materials Syntheses, A Practical Guide,
    Springer Wien New York 2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (228件):
  • Synthesis and Characterization of Bismuth Chalcogenide Halide Compounds for Solar Cells
    (第57回セラミックス基礎科学討論会 2019)
  • MAPbI3ペロブスカイトの強誘電性挙動と強誘電性半導体太陽電池
    (第57回セラミックス基礎科学討論会 2019)
  • Synthesis of Ba1-x(Bi0.5Na0.5)xTiO3 Mesocrystals via Solvothermal Soft Chemical Reaction
    (第57回セラミックス基礎科学討論会 2019)
  • マンガン酸化物系Sr2+吸着剤の合成と吸着特性評価
    (第25回 ヤングセラミスト・ミーティング in 中四国 2018)
  • 多孔性TiO2の合成と光触媒特性評価
    (第25回 ヤングセラミスト・ミーティング in 中四国 2018)
もっと見る
Works (19件):
  • 酸化マンガン機能性材料の製造法の開発
    2017 - 2018
  • 多孔性チタン酸ナノシート膜の合成およびその特性評価
    2017 -
  • 鉛フリー強誘電体の合成およびその特性評価
    2016 -
  • 酸化亜鉛と酸化マンガン機能性材料の製造法の開発
    2013 - 2014
  • 形状異方性粒子を使用した、結晶配向性BaTiO3多結晶体の作製、およびその特性評価
    2014 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1987 - 1990 九州大学 大学院理学研究科 化学専攻 博士課程
  • 1985 - 1987 九州大学 化学研究科 化学専攻 修士課程
  • 1978 - 1982 広西大学(中国) 理学部 化学科
学位 (1件):
  • 理学博士 (九州大学)
経歴 (7件):
  • 2006 - 現在 - 香川大学工学部, 教授
  • 2001 - 2006 香川大学工学部, 助教授
  • 2000 - 2001 高知大学理学部, 助教授
  • 1995 - 2000 高知大学理学部, 助手
  • 1993 - 1994 通産省工業技術院四国工業技術研究所研究員, 研究員
全件表示
委員歴 (29件):
  • 2017/04 - 2018/03 日本イオン交換学会, 日本イオン交換学会 理事
  • 2017/04 - 2018/03 日本セラミックス協会基礎科学部, 日本セラミックス協会基礎科学部会、幹事
  • 2017/12 - ヤングセラミストミーティングin中四国, ヤングセラミストミーティングin中四国、奨励賞選考委員
  • 2016/04 - 2017/03 日本セラミックス協会基礎科学部, 日本セラミックス協会基礎科学部会、幹事, 幹事
  • 2016/04 - 2017/03 日本イオン交換学会, 日本イオン交換学会 理事, 理事
全件表示
受賞 (2件):
  • 2004 - 源内大賞
  • 2002 - 日本イオン交換学会 奨励賞
所属学会 (6件):
日本原子力学会 ,  電気化学会 ,  ソフト溶液プロセス研究会 ,  日本イオン交換学会 ,  日本セラミックス協会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る