研究者
J-GLOBAL ID:200901011855391970   更新日: 2018年12月29日

札埜 和男

フダノ カズオ | Fudano Kazuo
所属機関・部署:
職名: 准教授
論文 (26件):
  • 札埜 和男. ワハハと笑ってウーンと悩む、国語科における法教育の実践ー一作品で三回楽しめる、漢文「饅頭を畏る」・古典落語「饅頭怖い」から対話が生まれる現代の「裁き」の授業へー. 日本国語教育学会編『月刊国語教育研究11月号』. 2018. 559. 77-77
  • 札埜 和男. 岡山県下の諸学校(小・中・高・特別支援)における方言教育の実情と背景及び今後の展望. 日本方言研究会編『日本方言研究会第107回研究発表会発表原稿集』. 2018. 17-24
  • 札埜 和男. 国語科と地歴公民科の教員による実業高校での模擬裁判授業の協同実践ー教科をこえた高大連携の法(言語)教育より. 全国大学国語教育学会『国語科教育研究第135回東京ウォーターフロント大会研究発表要旨集』. 2018. 79-82
  • 札埜 和男. 「京都教育大学附属高等学校における高校生模擬裁判選手権の指導実践-京教モデル方式の提案」. 法と教育. 2018. 8. 59-67
  • 札埜 和男. 「模擬裁判と臨床こくご学」. 日本国語教育学会編『月刊国語教育研究七月号』. 2018. No.555. 42-49
もっと見る
書籍 (18件):
  • 『関西弁事典』
    ひつじ書房 2018
  • 『裁判員時代の法リテラシー 法情報・法教育の理論と実践』
    日本評論社 2018
  • 『シリーズ刑事司法を考える第0巻 刑事司法への問い』
    岩波書店 2017
  • 『これならできる主権者教育 実践アイデア&プラン』
    学事出版 2016
  • 『法情報が、活かされる社会のためにー龍谷大学法情報研究会の軌跡』
    日本評論社 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (43件):
  • 「国語科教員と地歴公民科教員による実業高校での模擬裁判授業の協同実践ー教科をこえた高大連携の法(言語)教育よりー」
    (全国大学国語教育学会第135回東京ウォーターフロント大会 2018)
  • 「岡山県下の諸学校(小・中・高・特別支援)における方言教育の実情と背景及び今後の展望」
    (第107回日本方言研究会 2018)
  • 「方言教育と国語科教員に見る『国語』意識」
    (第69回多言語化現象研究会 2018)
  • 「古文『蜻蛉日記』で民事模擬裁判ー『かげろう裁判』道綱母、兼家を訴える/古典と法と日本史の融合」
    (法と教育学会第9回学術大会 2018)
  • 「資質・能力の育成と法教育ー模擬裁判を題材に」
    (法と教育学会第9回学術大会 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2008 - 現在 大阪大学 (論文博士・文学)
  • 2004 - 現在 関西学院大学大学院 社会学研究科 博士課程後期課程(単位取得後退学)
  • 2000 - 現在 関西大学大学院 総合情報学研究科修士課程 社会情報学専攻(修士・情報学)
  • 1985 - 現在 慶應義塾大学 法学部 政治学科(学士・法学)
学位 (1件):
  • 博士(文学) (大阪大学)
経歴 (6件):
  • 2017/04 - 現在 岡山理科大学 准教授
  • 2007/04 - 2017/03 京都教育大学附属高等学校 教諭
  • 1997/04 - 2007/03 京都府立八幡高等学校 国語科教諭
  • 1989/04 - 1997/03 京都府立東稜高等学校 国語科教諭
  • 1988/04 - 1989/03 華頂女子高等学校 社会科講師
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2012/12 - 現在 法と言語学会 理事
  • 1998/07 - 現在 日本笑い学会 理事
受賞 (2件):
  • 2013/09 - 一般社団法人日本電気協会新聞部電気新聞 「エネルギー教育賞」優秀賞(学校受賞)
  • 2011/03 - 法務省(法教育推進協議会) 「法教育懸賞論文」優秀論文賞
所属学会 (8件):
多言語化現象研究会 ,  多言語社会研究会 ,  日本方言研究会 ,  日本国語教育学会 ,  全国大学国語教育学会 ,  法と言語学会 ,  法と教育学会 ,  日本笑い学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る