研究者
J-GLOBAL ID:200901011857608429   更新日: 2021年06月10日

牛久保 孝行

ウシクボ タカユキ | Ushikubo Takayuki
所属機関・部署:
職名: 副主任研究員
研究分野 (1件): 宇宙惑星科学
研究キーワード (4件): 惑星科学 ,  二次イオン質量分析計 ,  同位体地球化学 ,  隕石
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2024 局所硫黄4同位体比分析で初期地球環境解明に挑む
  • 2020 - 2022 炭酸塩安定同位体から遠方形成小惑星の揮発性物質供給源を探る
  • 2017 - 2020 微小炭酸塩鉱物の局所高精度同位体比分析による地球惑星表層環境研究への挑戦
  • 2014 - 2017 軽元素局所同位体比分析による地球初期大陸地殻進化の探求
論文 (81件):
  • Tatsuo Nozaki, Toshiro Nagase, Takayuki Ushikubo, Kenji Shimizu, Jun-ichiro Ishibashi. Microbial sulfate reduction plays an important role at the initial stage of subseafloor sulfide mineralization. Geology. 2021. 49. 2. 222-227
  • Masataka Kawaguchi, Toshiaki Hasenaka, Kenneth T. Koga, Estelle F. Rose-Koga, Atsushi Yasuda, Natsumi Hokanishi, Yasushi Mori, Kenji Shimizu, Takayuki Ushikubo. Persistent gas emission originating from a deep basaltic magma reservoir of an active volcano: the case of Aso volcano, Japan. Contributions to Mineralogy and Petrology. 2021. 176. 1
  • Ushikubo, T., Kimura, M. Oxygen-isotope systematics of chondrules and olivine fragments from Tagish Lake C2 chondrite: Implications of chondrule-forming regions in protoplanetary disk. Geochimica et Cosmochimica Acta. 2021. 293
  • Hane, Y., Kimura, S., Yokoyama, Y., Miyairi, Y., Ushikubo, T., Ishimura, T., Ogawa, N., Aono, T., Nishida, K. Reconstruction of temperature experienced by Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis larvae using SIMS and microvolume CF-IRMS otolith oxygen isotope analyses. Marine Ecology Progress Series. 2020. 649
  • Hamada, M., Iwamori, H., Brandl, P.A., Ushikubo, T., Shimizu, K., Ito, M., Li, H., Savov, I.P. Temporal Evolution of Proto-Izu-Bonin-Mariana Arc Volcanism over 10 Myr: Constraints from Statistical Analysis of Melt Inclusion Compositions. Journal of Petrology. 2020. 61. 1
もっと見る
MISC (4件):
書籍 (1件):
  • Chondrules: Records of Protoplanetary Disk Processes
    Cambridge University Press 2018
講演・口頭発表等 (46件):
  • タギッシュレイク隕石コンドルールの酸素同位体比組成から見えてくる原始惑星系円盤の揮発性物質分布
    (JpGU 2021 2021)
  • 隕石試料の酸素・炭素同位体比研究の進捗報告
    (水惑星学全体会議 2021)
  • Oxygen isotope systematics of chondrules and olivine fragments from Tagish Lake C2 chondrite
    (The 11th Symposium on Polar Science 2020)
  • コンドルールから原始惑星系円盤での固体粒子の移動を探る
    (新学術領域 星惑星形成 大研究会 2020)
  • 高知コア研における硫黄2同位体及び4同位体比局所分析の取り組み
    (JpGU 2020 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2001 - 2005 東京大学 地球惑星科学専攻
  • 1997 - 2000 東京大学 地球惑星物理学専攻
  • 1995 - 1997 東京大学 地球惑星物理学専攻
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2013/09 - 現在 海洋研究開発機構 高知コア研究所 技術研究員
  • 2008/07 - 2013/08 ウィスコンシン大学マディソン校 研究員
  • 2006/06 - 2008/06 ウィスコンシン大学マディソン校 ポスドク研究員
  • 2005/06 - 2006/05 アリゾナ州立大学 ポスドク研究員
  • 2000/04 - 2001/03 環境省 環境技官
委員歴 (1件):
  • 2016/03 - 現在 高知大学海洋コア総合研究センター 全国共同利用課題選定委員
所属学会 (4件):
日本地球惑星科学連合 ,  Geochemical Society ,  Meteoritical Society ,  日本惑星科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る