研究者
J-GLOBAL ID:200901011966943505   更新日: 2020年07月03日

松澤 暢

マツザワ トオル | Matsuzawa Toru
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 東北大学  高度教養教育・学生支援機構キャリア支援副センター長
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/91928e0f02f967b695c85f5f6d53edde.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/91928e0f02f967b695c85f5f6d53edde.html
研究分野 (2件): 固体地球科学 ,  防災工学
研究キーワード (4件): 沈み込み帯 ,  相似地震 ,  プレート ,  地震発生過程
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 1992 - 現在 プレート境界型地震の発生過程
  • 1984 - 現在 内陸地震の発生過程に関する研究
  • 1981 - 現在 上部マントルの地震波速度・減衰構造
  • 1981 - 現在 スラブ内地震の発生過程の研究
論文 (71件):
  • Keisuke Yoshida, Taka'aki Taira, Yoshiaki Matsumoto, Kentaro Emoto, Toru Matsuzawa. Stress release process along an intraplate fault analogous to the plate boundary: a case study of the 2017 M5.2 Akita-Daisen earthquake, NE Japan. Journal of Geophysical Research - Solid Earth. 2020
  • 吉田圭佑, 松澤暢. 近年の地震観測により得られた東北日本の応力場の不均質性と断層強度および地震発生機構の関係. 地学雑誌. 2020
  • Katsumata, K, M. Ichiyanagi, M. Ohzono, H. Aoyama, R. Tanaka, M. Takada, T. Yamaguchi, K. Okada, H. Takahashi, S. Sakai, S. Matsumoto, T. Okada, T. Matsuzawa, S. Hirano, T. Terakawa, S. Horikawa, M. Kosuga, H. Katao, Y. Iio, A. Nagaoka, N. Tsumura, T. Ueno. The 2018 Hokkaido Eastern Iburi earthquake (MJMA = 6.7) was triggered by a strike-slip faulting in a stepover segment: Insights from the aftershock distribution and the focal mechanism solution of the main shock. Earth Planets Space. 2019. 71. 53
  • Yoshida, K, A. Hasegawa, T. Yoshida, T. Matsuzawa. Heterogeneities in stress and strength in Tohoku and its relationship with earthquake sequences triggered by the 2011 M9 Tohoku-Oki earthquake,. Pure and Applied Geophysics. 2019. 176. 3. 1335-1355
  • Siina T, H. Takahashi, T. Okada, T. Matsuzawa. Implications of seismic velocity structure at the junction of Kuril-northeastern Japan arcs on active shallow seismicity and deep low-frequency earthquakes. J. Geophys. Res. 2018
もっと見る
MISC (59件):
  • 有吉 慶介, 松澤 暢, Burgmann Roland, 長谷川 昭, 日野 亮太, 堀 高峰. 数値シミュレーションから見出された余効すべり伝播速度と摩擦特性の関係. SENAC : 東北大学大型計算機センター広報. 2017. 50. 2. 3-7
  • 松澤暢. 大震法について. 日本地震学会ニュースレター. 2017. 69. 5. 33-34
  • 松澤暢. プレート境界型巨大地震と内陸大地震. パリティ. 2017. 32. 1. 72-73
  • 本堂 毅, 松澤 暢, 宮内 崇裕. 座談会(パート2) (特集 科学の不定性と東日本大震災). 科学技術社会論研究. 2015. 11. 86-99
  • 有吉 慶介, 内田 直希, 松澤 暢, 日野 亮太, 長谷川 昭, 堀 高峰, 金田 義行. 東北地震に伴う固有地震活動の揺らぎから推定された摩擦特性と余効すべり伝播過程. SENAC : 東北大学大型計算機センター広報. 2015. 48. 1. 33-38
もっと見る
書籍 (1件):
  • The Seismogenic Zone of Subduction Thrust Faults
    Columbia University Press 2007
講演・口頭発表等 (126件):
  • Stress release process ongoing along a crustal fault examined through the foreshock-mainshock-aftershock sequence of the 2017 M5.2 Akita-Daisen, NE Japan, earthquake
    (日本地震学会2019年秋季大会 2019)
  • Validation of the method to estimate the crustal thickness using the cross-correlations of broad-band seismic ambient noise
    (日本地震学会2019年秋季大会 2019)
  • 鹿児島湾の M 5.3 の地震の前駆的活動及び余震活動の背後にある非地震過程の可能性
    (日本地震学会2019年秋季大会 2019)
  • 2019年山形沖 M6.7地震の余震の詳細な震源分布とその時空間発展
    (日本地震学会2019年秋季大会 2019)
  • 2011年東北沖地震後の流体圧変化に伴う内陸の群発地震震源域近傍の速度構造の時間変化
    (日本地震学会2019年秋季大会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1986 東北大学 理学研究科 地球物理学専攻
  • - 1981 東北大学 理学部 天文及び地球物理学科第二
学位 (1件):
  • 理学博士 (東北大学)
経歴 (6件):
  • 2008/04 - 現在 東北大学大学院理学研究科 教授
  • 2007/04 - 2008/03 東北大学大学院理学研究科 准教授
  • 2004/04 - 2007/03 東北大学大学院理学研究科 助教授
  • 2003/01 - 2004/03 東京大学地震研究所 助教授
  • 1998/02 - 2003/01 東北大学大学院理学研究科 助教授
全件表示
委員歴 (26件):
  • 2009/04 - 現在 国土地理院 地震予知連絡会 副会長
  • 2008/04 - 現在 国土地理院 地震予知連絡会 委員
  • 2000/12 - 現在 (社)日本地震学会 代議員
  • 2009/04 - 2020/03 国土地理院 地震予知連絡会 東日本部会長
  • 2013/04 - 2019/03 東京大学地震研究所 地震・火山噴火予知研究協議会 委員
全件表示
所属学会 (4件):
日本活断層学会 ,  日本地球惑星科学連合 ,  米国地球物理学連合 ,  日本地震学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る