研究者
J-GLOBAL ID:200901012132833296   更新日: 2020年09月01日

鈴木 厚

スズキ アツシ | Suzuki Atsushi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/mcbl/suzuki/
研究分野 (3件): 機能生物化学 ,  医化学 ,  細胞生物学
研究キーワード (11件): ゴルジ体 ,  軸索起始部 ,  PAR-1 ,  細胞極性 ,  上皮細胞 ,  aPKC ,  微小管 ,  細胞接着 ,  細胞運動 ,  Pathological Medical Chemistry ,  Biochemistry
競争的資金等の研究課題 (30件):
  • 2016 - 2019 架橋、安定化された微小管の生物学
  • 2015 - 2017 微小管制御異常に起因する脊髄小脳変性症の新たな発症メカニズムの解明
  • 2015 - 2016 AIS微小管による新しい神経機能制御機構の研究
  • 2009 - 2012 普遍的細胞極性制御装置による哺乳動物初期胚発生制御機構の研究
  • 2009 - 2012 哺乳類初期発生の細胞コミュニティー
全件表示
論文 (41件):
  • Hiroyuki Yahikozawa, Satoko Miyatake, Toshiaki Sakai, Takeshi Uehara, Mitsunori Yamada, Norinao Hanyu, Yasuhiro Futatsugi, Hiroshi Doi, Shigeru Koyano, Fumiaki Tanaka, et al. A Japanese Family of Spinocerebellar Ataxia Type 21: Clinical and Neuropathological Studies. Cerebellum (London, England). 2018. 17. 5. 525-530
  • Mohammad Abdul Kader, Tomoko Satake, Masatoshi Yoshida, Ikuko Hayashi, Atsushi Suzuki. Molecular basis of the microtubule-regulating activity of microtubule crosslinking factor 1. PLOS ONE. 2017. 12. 8. e0182641
  • Michiru Nishita, Tomoko Satake, Yasuhiro Minami, Atsushi Suzuki. Regulatory mechanisms and cellular functions of non-centrosomal microtubules. Journal of biochemistry. 2017. 162. 1. 1-10
  • Tomoko Satake, Kazunari Yamashita, Kenji Hayashi, Satoko Miyatake, Miwa Tamura-Nakano, Hiroshi Doi, Yasuhide Furuta, Go Shioi, Eriko Miura, Yukari H. Takeo, et al. MTCL1 plays an essential role in maintaining Purkinje neuron axon initial segment. EMBO JOURNAL. 2017. 36. 9. 1227-1242
  • Kazunari Yamashita, Mariko Ide, Kana T. Furukawa, Atsushi Suzuki, Hisashi Hirano, Shigeo Ohno. Tumor suppressor protein Lgl mediates G1 cell cycle arrest at high cell density by forming an Lgl-VprBP-DDB1 complex. MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL. 2015. 26. 13. 2426-2438
もっと見る
MISC (41件):
書籍 (2件):
  • Cell Polarity: Biological Role and Basic Mechanisms
    Springer International Publishing AG 2015
  • Defects in muscle-cytoskeleton interaction in diseased states, in Treatise on the Cytoskeleton(Hesketh, J. E. & Pryme, I. F. , eds)
    Treatise on the Cytoskeleton 1993
学歴 (4件):
  • 1985 - 1991 京都大学 生物物理学
  • - 1991 京都大学
  • 1981 - 1985 京都大学 生物系
  • - 1985 京都大学
学位 (1件):
  • 理学博士 (京都大学)
経歴 (10件):
  • 2018/04 - 現在 横浜市立大学大学院 生命医科学研究科 分子細胞医科学研究室 教授
  • 2013/04 - 2018/03 横浜市立大学大学院 生命医科学研究科 分子細胞医科学研究室 准教授
  • 2012/04 - 2013/03 横浜市立大学 医学群 分子生命医科学系 生命医科学 准教授
  • 2004/04 - 2011/03 横浜市立大学 医学(系)研究科(研究院) 准教授
  • 1998/04 - 2004/03 横浜市立大学 大学院 医学研究科 専任講師
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2015/06 - 現在 日本細胞生物学会 代議員
  • 2013/01 - 現在 日本細胞生物学会 CSF 常任編集委員
  • 2008/04 - 2015/06 日本細胞生物学会 評議員
  • 2011/01 - 2012/12 日本細胞生物学会 CSF編集委員
  • 2007/05 - 2010/05 日本細胞生物学会 プログラム専門委員会 委員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2016/03 - 内藤記念科学振興財団 内藤記念科学財団・研究助成 AIS微小管束の制御を介した新しい神経細胞維持機構の解明
  • 2004 - 横浜市立大学 医学会 医学会賞
  • 1992 - 国立精神神経センター、神経研究所 最優秀発表賞
所属学会 (5件):
米国細胞生物学会 ,  細胞生物学会 ,  日本分子生物学会 ,  Japanese Society of Cell Biology ,  The Japanese Biochemical Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る