研究者
J-GLOBAL ID:200901012177395540   更新日: 2020年05月18日

坂根 幸治

サカネ コウジ | Sakane Kohji
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
ホームページURL (1件): http://www.aist.go.jp/RESEARCHERDB/cgi-bin/worker_detail.cgi?call=namae&rw_id=K19176860
研究分野 (1件): 無機物質、無機材料化学
研究キーワード (1件): 無機化学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 海水リチウム採取用吸着剤の開発
MISC (7件):
  • 地下浸透海水を利用した低コストサンゴ生産による環境保全技術の開発及び、生態系リサイクル養殖システムによる高商品価値の水産物養殖技術の開発(実用化への諸条件の検討). 平成17年度沖縄産学官共同研究推進事業「地下浸透海水を利用した低コストサンゴ生産による環境保全技術の開発及び、生態系リサイクル養殖システムによる高商品価値の水産物養殖技術の開発」成果報告書. 2006. 31-68
  • 地下浸透海水を利用した低コストサンゴ生産による環境保全技術の開発及び、生態系リサイクル養殖システムによる高商品価値の水産物養殖技術の開発(基礎的諸条件の検討). 平成16年度 沖縄産学官共同研究推進事業「地下浸透海水を利用した低コストサンゴ生産による環境保全技術の開発及び、生態系リサイクル養殖システムによる高商品価値の水産物養殖技術の開発」成果報告書. 2005. 21-64
  • The Synthesis and Phosphate Adsorptive Properties of Mg(II)-Mn(III) Layered Double Hydroxieds and Their Heat-Treated Materials. BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN. 2004. 77. 11. 2101-2107
  • サンゴ卵からサンゴ生産による環境保全技術の開発. 平成14年度補正 沖縄産学官共同研究推進事業「サンゴ卵からサンゴ生産による環境保全技術の開発」成果報告書. 2004. 55-70
  • リチウム吸着剤の多孔化による吸着速度の向上と経済効果. 日本海水学会誌. 2002. 56. 1. 57-63
もっと見る
学位 (1件):
  • 理学修士
所属学会 (2件):
日本分析化学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る