研究者
J-GLOBAL ID:200901012294777853   更新日: 2022年08月02日

鯉沼 代造

Koinuma Daizo
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://beta-lab.umin.ac.jp/
研究分野 (5件): 呼吸器内科学 ,  細胞生物学 ,  分子生物学 ,  遺伝学 ,  生命、健康、医療情報学
研究キーワード (17件): 上皮間葉転換 EMT ,  シグナル伝達 ,  発現制御 ,  癌 ,  発生・分化 ,  細胞・組織 ,  ゲノム ,  病理学 ,  循環器・高血圧 ,  内科 ,  分子標的治療 ,  TGF-β ,  転移 ,  がん幹細胞 ,  クロマチン ,  ChIP-chip ChIP-seq ,  TGF-beta ユビキチン Arkadia
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2019 - 2022 肺線維症における細胞種特異的TGF-β活性化機構の役割
  • 2017 - 2022 TGF-βファミリーによる細胞分化とダイバーシティー獲得の分子基盤
  • 2015 - 2018 TGF-βシグナル因子Smadのスキルス胃がんにおける結合部位のダイナミズム
  • 2012 - 2016 未分化性維持におけるBMPシグナルの役割
  • 2010 - 2016 TGF-βファミリーのがん微小環境に及ぼす作用とがん治療戦略
全件表示
論文 (63件):
  • Tomohiro Ogami, Yusuke Tamura, Kim Toss, Keiko Yuki, Masato Morikawa, Shuichi Tsutsumi, Hiroyuki Aburatani, Keiji Miyazawa, Kohei Miyazono, Daizo Koinuma. MAB21L4 regulates the TGF-β-induced expression of target genes in epidermal keratinocytes. Journal of biochemistry. 2021
  • Yusuke Tamura, Shuichi Tsutsumi, Kohei Miyazono, Daizo Koinuma. PolyI:C attenuates TGF-β signaling to induce cytostasis of surrounding cells by secreted factors in triple-negative breast cancer. Cancer science. 2021
  • Tomohiko Fukuda, Risa Fukuda, Daizo Koinuma, Aristidis Moustakas, Kohei Miyazono, Carl-Henrik Heldin. BMP2-induction of FN14 promotes protumorigenic signaling in gynecologic cancer cells. Cellular signalling. 2021. 110146-110146
  • Ryo Tanabe, Kohei Miyazono, Tomoki Todo, Nobuhito Saito, Caname Iwata, Akiyoshi Komuro, Satoshi Sakai, Erna Raja, Daizo Koinuma, Masato Morikawa, et al. PRRX1 induced by BMP signaling decreases tumorigenesis by epigenetically regulating glioma-initiating cell properties via DNA methyltransferase 3A. Molecular oncology. 2021
  • Kosuke Miyakuni, Jun Nishida, Daizo Koinuma, Genta Nagae, Hiroyuki Aburatani, Kohei Miyazono, Shogo Ehata. Genome-wide analysis of DNA methylation identifies the apoptosis-related gene UQCRH as a tumor suppressor in renal cancer. Molecular oncology. 2021
もっと見る
MISC (54件):
  • 江幡正悟, 江幡正悟, 西田純, 宮國昂介, 鯉沼代造, 宮園浩平. 好中球を介した腎がん肺転移の分子メカニズム. 日本癌学会学術総会抄録集(Web). 2021. 80th
  • 宮國昂介, 西田純, 鯉沼代造, 江幡正悟, 宮園浩平. 腎細胞がんはDNAメチル化を介してアポトーシス耐性を獲得する. 日本癌学会学術総会抄録集(Web). 2021. 80th
  • 荻窪一貴, 田村佑介, 西田純, 高橋恵生, 江幡正悟, 鯉沼代造, 宮園浩平. トリプルネガティブ乳がんTNBCの高悪性化に伴うエピゲノム変化と治療標的遺伝子の同定. 日本がん分子標的治療学会学術集会プログラム・抄録集. 2021. 25th
  • 荻窪一貴, 田村佑介, 田村佑介, 西田純, 高橋恵生, 高橋恵生, 森川真大, 江幡正悟, 鯉沼代造, 宮園浩平. トリプルネガティブ乳がんの転移能に寄与する遺伝子とその発現制御機構の同定. 日本癌学会学術総会抄録集(Web). 2021. 80th
  • 田村佑介, 森川真大, 田邉諒, 鯉沼代造, 宮園浩平. トリプルネガティブ乳がんの治療に対するpolyI:Cの治療有効性とそのメカニズム. 日本薬学会年会要旨集(Web). 2021. 141st
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • Dynamics of chromatin accessibility during TGF-β-induced EMT of Ras-transformed mammary gland epithelial cells.
    (TGF-β meeting in Uppsala 2017)
  • Genome-wide profiling of TGF-β-related transcription factor footprints.
    (TGF-β meeting in Uppsala 2015)
  • Dynamics of chromatin accessibility during TGF-β-induced EMT of Ras-transformed mammary gland epithelial cells.
    (FASEB Summer Research Conference 2015)
  • Genome-wide identification of Smad2/3 binding regions during TGF-β-induced epithelial to mesenchymal transition in NMuMG cells.
    (FASEB Summer Research Conference 2013)
  • Epigenomic mechanism of TGF-β induced transcriptional repression.
    (FASEB Summer Research Conference 2013)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2004 東北大学
  • - 1997 東北大学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (東北大学)
経歴 (11件):
  • 2014/02 - 現在 東京大学 医学系研究科 分子病理学分野 准教授
  • 2016/02 - 2019/03 スウェーデン ウプサラ大学 客員研究員(非常勤)
  • 2012/07 - 2014/01 東京大学 医学系研究科 分子病理学分野・リーディング大学院 特任准教授
  • 2009/09 - 2012/06 東京大学 医学(系)研究科(研究院) 講師
  • 2009/03 - 2009/09 東京大学 医学系研究科 分子病理学分野 特任研究員
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2016/01 - 現在 日本癌学会 評議員
受賞 (3件):
  • 2014 - 日本医師会医学研究奨励賞
  • 2009 - 日本癌学会 奨励賞
  • 2004 - 東北大学 総長賞
所属学会 (1件):
日本薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る