研究者
J-GLOBAL ID:200901012294777853   更新日: 2020年09月01日

鯉沼 代造

Koinuma Daizo
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://beta-lab.umin.ac.jp/
研究分野 (5件): 呼吸器内科学 ,  細胞生物学 ,  分子生物学 ,  遺伝学 ,  生命、健康、医療情報学
研究キーワード (17件): 上皮間葉転換 EMT ,  シグナル伝達 ,  発現制御 ,  癌 ,  発生・分化 ,  細胞・組織 ,  ゲノム ,  病理学 ,  循環器・高血圧 ,  内科 ,  分子標的治療 ,  TGF-β ,  転移 ,  がん幹細胞 ,  クロマチン ,  ChIP-chip ChIP-seq ,  TGF-beta ユビキチン Arkadia
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2015 - 2017 TGF-βシグナル因子Smadのスキルス胃がんにおける結合部位のダイナミズム
  • 2012 - 2014 乳がん細胞におけるEMT制御因子のシストローム解析
  • 2010 - 2011 肺高血圧症に関連するBMPによる転写制御のChIP-seq解析
  • 2008 - 2009 肺癌細胞の線維化への関与とEGFシグナルによるTGF-βシグナル調節機構の解析
  • 2008 - 2009 肺癌細胞の線維化への関与とEGFシグナルによるTGF-βシグナル調節機構の解析
全件表示
論文 (44件):
MISC (10件):
講演・口頭発表等 (9件):
  • Dynamics of chromatin accessibility during TGF-β-induced EMT of Ras-transformed mammary gland epithelial cells.
    (TGF-β meeting in Uppsala 2017)
  • Genome-wide profiling of TGF-β-related transcription factor footprints.
    (TGF-β meeting in Uppsala 2015)
  • Dynamics of chromatin accessibility during TGF-β-induced EMT of Ras-transformed mammary gland epithelial cells.
    (FASEB Summer Research Conference 2015)
  • Genome-wide identification of Smad2/3 binding regions during TGF-β-induced epithelial to mesenchymal transition in NMuMG cells.
    (FASEB Summer Research Conference 2013)
  • Epigenomic mechanism of TGF-β induced transcriptional repression.
    (FASEB Summer Research Conference 2013)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2004 東北大学
  • - 1997 東北大学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (東北大学)
経歴 (11件):
  • 2014/02 - 現在 東京大学 医学系研究科 分子病理学分野 准教授
  • 2016/02 - 2019/03 スウェーデン ウプサラ大学 客員研究員(非常勤)
  • 2012/07 - 2014/01 東京大学 医学系研究科 分子病理学分野・リーディング大学院 特任准教授
  • 2009/09 - 2012/06 東京大学 医学(系)研究科(研究院) 講師
  • 2009/03 - 2009/09 東京大学 医学系研究科 分子病理学分野 特任研究員
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2016/01 - 現在 日本癌学会 評議員
受賞 (3件):
  • 2014 - 日本医師会医学研究奨励賞
  • 2009 - 日本癌学会 奨励賞
  • 2004 - 東北大学 総長賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る