研究者
J-GLOBAL ID:200901012296043660   更新日: 2020年05月18日

保田 昌彦

ヤスダ マサヒコ | Yasuda Masahiko
所属機関・部署:
職名: 研究員
ホームページURL (1件): https://www.ciea.or.jp/
研究分野 (1件): 実験動物学
論文 (15件):
  • Fukuda T, Asou E, Nogi K, Yasuda M, Goto K. Association between Helicobacter pylori infection and platelet count in mice. Experimental animals. 2018. 67. 4. 487-492
  • Kasahara K, Fukunaga Y, Igura S, Andoh R, Saito T, Suzuki I, Kanemitsu H, Suzuki D, Goto K, Nakamura D, Mochizuki M, Yasuda M, Inoue R, Tamura K, Nagatani M. Background data on NOD/Shi-scid IL-2Rγnull mice (NOG mice). The Journal of toxicological sciences. 2017. 42. 6. 689-705
  • Yasuda M, Ogura T, Goto T, Yagoto M, Kamai Y, Shimomura C, Hayashimoto N, Kiyokawa Y, Shinohara H, Takahashi R, Kawai K. Incidence of spontaneous lymphomas in non-experimental NOD/Shi-scid, IL-2Rγnull (NOG) mice. Experimental animals. 2017. 66. 4. 425-435
  • Yasuda M, Inoue T, Ueno M, Morita H, Hayashimoto N, Kawai K, Itoh T. A case of nontraumatic gas gangrene in a common marmoset (Callithrix jacchus). The Journal of veterinary medical science. 2016. 77. 12. 1673-1676
  • Hayashimoto N, Morita H, Inoue T, Yasuda M, Yamamoto M, Itoh T. Draft Genome Sequence of Enteropathogenic Escherichia coli, Isolated from the Bloody Stool Sample of a Common Marmoset (Callithrix jacchus). Genome announcements. 2015. 3. 5
もっと見る
講演・口頭発表等 (4件):
  • 筋ジストロフィーモデルNOG-mdxおよびC57BL/10-mdxマウスの背景データ解析
    (第65回日本実験動物学会総会 2018)
  • DMDモデルDBA/2N-mdxマウスにおける背景データの比較解析
    (第64回日本実験動物学会総会 2017)
  • Analysis of background data in the NOG-mdx mice
    (The 7th AFLAS Congress 2016 2016)
  • 筋ジストロフィーモデルマウスの背景データ解析 (1)-NOG-mdxマウスにおける血液生化学データの比較解析-
    (第63回日本実験動物学会総会 2016)
学歴 (2件):
  • - 2002 麻布大学 獣医学研究科 獣医学専攻
  • - 1998 麻布大学 獣医学部 獣医学科
学位 (1件):
  • 博士(獣医学) (麻布大学)
所属学会 (3件):
日本実験動物学会 ,  日本毒性病理学会 ,  日本獣医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る