研究者
J-GLOBAL ID:200901012377542165   更新日: 2020年09月15日

網中 昭世

Aminaka Akiyo
所属機関・部署:
職名: Research Fellow
ホームページURL (1件): http://www.ide.go.jp/Japanese/Researchers/aminaka_akiyo.html
研究分野 (4件): 史学一般 ,  ヨーロッパ史、アメリカ史 ,  社会学 ,  地域研究
研究キーワード (13件): 政治 ,  移民労働 ,  アンゴラ ,  モザンビーク ,  移民 ,  経済 ,  社会 ,  南部アフリカ ,  Mozambique ,  Migration ,  Labour ,  Social Economy ,  Southern Africa
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2000 - 南部アフリカ地域経済構造の形成と変容-モザンビークを中心に
  • The Formation and the Change of Economic Structure in Southern Africa with special reference on Mozambique
論文 (22件):
  • 網中 昭世. 市場の表裏とジェンダーー20世紀初頭南部アフリカにおける還流型移民を中心に. グローバル経済史にジェンダー視点を接続する. 2020. 139-158
  • 網中 昭世. モザンビークの社会福祉. 新 世界の社会福祉 アフリカ/中東. 2020. 11. 197-244
  • 網中 昭世. 南アフリカへ向かうモザンビーク人女性移民の移動性と脆弱性ー周辺部からの流出ー. アフリカ女性の国際移動. 2020. 125-171
  • 網中 昭世. モザンビークにおける土地法の運用と政治力学. 『現代アフリカの土地と権力』. 2017
  • 網中 昭世. モザンビークにおける政治暴力発生のメカニズムー除隊兵士と野党の役割ー. 『アフリカレポート』. 2017. 55. 62-73
もっと見る
MISC (20件):
  • 網中 昭世. 書評:小倉充夫・舩田クラーセンさやか著『解放と暴力ー植民地支配とアフリカの現在』を読む. 図書新聞. 2019. 3401. 1-1
  • 網中 昭世. 「物価高世界一」の地、アンゴラへ-ポルトガル・ワインの悲願の進出. 『ワールドトレンド』. 2018. 269. 88
  • 網中 昭世. 変容する人の移動と移民研究. 『ワールドトレンド』. 2018. 269. 64-65
  • 網中 昭世. 書評:北川勝彦・北原聡・西村雄志・熊谷幸久・柏原宏紀編『概説世界経済史』. アジア経済. 2018. 59. 1. 89-89
  • 網中 昭世. 資料紹介:『ヤナマール:セネガルの民衆が立ち上がるとき』. 『アフリカレポート』. 2018. 56. 18
もっと見る
Works (2件):
  • 南部アフリカにおける地域的再編成と人の移動
    1999 - 2001
  • Regional Reorganization and Movement of People in Southern Africa
    1999 - 2001
学歴 (2件):
  • - 2002 津田塾大学
  • - 2000 京都外国語大学
経歴 (5件):
  • 2015/04 - 現在 独立行政法人日本貿易振興機構アジア経済研究所 地域研究センター 研究員
  • 2013/04 - 2015/03 津田塾大学 国際関係研究所 研究員
  • 2010/04 - 2013/03 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2008/04 - 2010/03 津田塾大学学芸学部国際関係学科 助教
  • 2007/10 - 2008/03 津田塾大学国際関係研究所 研究員
委員歴 (6件):
  • 2002 - 日本土地制度史学会 学会員
  • 2002 - 歴史学研究会 会員
  • 2002 - The Political Economy and Economic History Society Member
  • 2002 - The Historical Science Society of Japan Member
  • 2001 - 日本アフリカ学会 学会員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2015/05 - 日本アフリカ学会 研究奨励賞 『植民地支配と開発--モザンビークと南アフリカ金鉱業』
所属学会 (6件):
日本土地制度史学会 ,  歴史学研究会 ,  日本アフリカ学会 ,  The Political Economy and Economic History Society ,  The Historical Science Society of Japan ,  Japan Association for African Studies
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る