研究者
J-GLOBAL ID:200901012470811460   更新日: 2020年05月26日

益田 玲爾

マスダ レイジ | Masuda Reiji
所属機関・部署:
職名: 助教授
ホームページURL (1件): http://www.maizuru.marine.kais.kyoto-u.ac.jp/staff/masuda/masuda.html
研究分野 (3件): 水圏生産科学 ,  動物生理化学、生理学、行動学 ,  実験心理学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 海産魚類の資源変動機構の解明
  • 魚類の行動発現におよぼすドコサヘキサエン酸の影響
  • 魚類の学習能力の個体発生に関する研究
論文 (67件):
  • Nakamura M, Watanabe S, Kaneko T, Masuda R, Tsukamoto K, Otake T. Limited adaptation to non-natal osmotic environments at high water temperature in euryhaline wanderer fishes. Environmental Biology of Fishes. 2020
  • Suzuki KS, Suzuki KW, Kumakura E, Sato K, Oe Y, Sato T, Sawada H, Masuda R, Nogata Y. Seasonal alternation of the ontogenetic development of the moon jellyfish Aurelia coerulea in Maizuru Bay, Japan. PLOS ONE. 2019
  • Jo T, Murakami H, Masuda R, Minamoto T. Estimating shedding and decay rates of environmental nuclear DNA with relation to water temperature and biomass. Environmental DNA. 2019
  • Mizutani K, Yamada T, Suzuki KW, Masuda R, Nakata K, Tagawa M. Prevention of hypermelanosis by rearing Japanese flounder Paralichthys olivaceus in net-lined tanks. Fisheries Science. 2019
  • Minami K, Masuda R, Takahashi K, Sawada H, Shirakawa H, Yamashita Y. Seasonal and interannual variation in the density of visible Apostichopus japonicus (Japanese sea cucumber) in relation to sea water temperature. Estuarine, Coastal and Shelf Science. 2019. 229. 106384
もっと見る
MISC (36件):
書籍 (48件):
  • 気仙沼舞根湾に潜り続けて 〜水中から見る復興〜.
    アカデミア. No. 169. 2018
  • 環境DNAが海の未来にもたらすもの
    Oceans Newsletter. No. 435: 4-5. 2018
  • 生物種間の関係性.
    磯・投げ情報.2018年8月号:82. 2018
  • おおきなひとのための『うみのなかがみえるよ』.
    ちいさなかがくのとも.2018年8月号(通巻197号). 2018
  • 環境DNAの有効性:水槽実験とフィールドでの検証.
    海洋と生物.40(1) : 17-22. 2018
もっと見る
Works (2件):
  • 合衆国メキシコ湾における海産稚魚の放流プロジェクト
    1999 -
  • ハワイ州における水産資源管理
    1998 -
学歴 (2件):
  • - 1995 東京大学 農学研究科 水産学
  • - 1990 静岡大学 理学部 生物学科
学位 (1件):
  • 水産学博士
受賞 (1件):
  • 2003 - 日本水産学会 奨励賞
所属学会 (1件):
日本水産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る