研究者
J-GLOBAL ID:200901012518345512   更新日: 2020年05月28日

内本 喜晴

ウチモト ヨシハル | Yoshiharu Uchimoto
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.h.kyoto-u.ac.jp/jinkan/third/342/uchimoto/
研究分野 (5件): 無機物質、無機材料化学 ,  電子デバイス、電子機器 ,  機能物性化学 ,  無機・錯体化学 ,  基礎物理化学
研究キーワード (2件): エネルギー変換 ,  電気化学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 1990 - 燃料電池電極反応機構及び劣化機構の解明
  • 1988 - リチウムイオン二次電池電極反応機構の解明と新規材料の開発
  • 1987 - 燃料電池新規材料の開発と電極反応機構の解明
論文 (97件):
  • Operando Observation of Formation and Annihilation of Inhomogeneous Reaction Distribution in a Composite Electrode for Lithium-Ion Batteries. 2019
  • Morphological Effect on Reaction Distribution Influenced by Binder Materials in Composite Electrodes for Sheet-type All-Solid-State Lithium-Ion Batteries with the Sulfide-based Solid Electrolyte. 2019
  • Solar Water Oxidation by a Visible-Light-Responsive Tantalum/Nitrogen-Codoped Rutile Titania Anode for Photoelectrochemical Water Splitting and Carbon Dioxide Fixation. 2019
  • A Visible-Light-Driven Z-Scheme CO2 Reduction System Using Ta3N5 and a Ru(II) Binuclear Complex. 2019
  • A Reversible Rocksalt to Amorphous Phase Transition Involving Anion Redox. 2018
もっと見る
MISC (7件):
  • 内本喜晴. Innovation Driven by Catalysis - Past, Present and Future. 招待講演CRC International Symposium on “Innovation Driven by Catalysis - Past, Present and Future" (Sapporo, Japan). 2009
  • 内本喜晴. 次世代蓄電システム実用化戦略的技術開発/ 次世代自動車用高性能蓄電システム技 術開発. 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構補助金. 2007
  • 内本喜晴. 固体高分子形燃料電池のための木質系炭素材料電極の開発. 京都大学生存圜研究所 萌芽ミッションプロジェクト. 2006
  • 内本喜晴. 固体高分子形燃料電池実用化戦略的技術開発事業/ 基礎的・共通的課題に関す,る技 術開発. 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構補助金. 2005
  • M. Nakayama, M. Kaneko, S. Matsuno, H. Ikuta, Y. Uchimoto, M. Wakihara. Molecular dynamics simulations of LiCryMn2-yO 4 with spinel structure. Proceedings - Electrochemical Society. 2003. 20. 255-260
もっと見る
特許 (8件):
  • 水素ジェネレータ兼用発電システム
  • 水素ジェネレータ兼用発電システム
  • 電解液
  • リチウムイオン二次電池の製造方法
  • マグネシウム化合物,その製造方法,正極活物質,正極,及びマグネシウムイオン二次電池
もっと見る
書籍 (13件):
  • XAFS/EELSによる局所構造解析・状態分析技術」, 第4章1 「XAFSによるリチウムイオン二次電池の電極・電解質界面の解析
    情報機構 2014
  • Nanoscale Technology for Advanced Lithium Batteries
    Springer 2013
  • リチウムイオン2次電池の革新技術と次電池の革新技術と次世代2次電池の最新技術
    技術教育出版社 2013
  • SPing-8の高輝度放射光を利用したグリーンエネルギー分野における電池材料開発
    シーエムシー出版 2013
  • 全固体電池開発の最前線
    辰巳砂昌弘監修、シーエムシー出版、全238頁 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (468件):
  • Electrochemical Behavior of Spinel Oxide during Magnesium ion insertion/extraction reactions at Moderate Temperature
    (AiMES 2018 ECS 2018)
  • Observation of the Li3PS4 formation mechanism by total X-ray scattering measurement coupled to pair distribution function analysis.
    (AiMES 2018 ECS 2018)
  • Effect of annealing treatment for the morphology and proton transport property of Nafion thin-film on platinum electrode
    (AiMES 2018 ECS 2018)
  • The fluoridation and defluoridation mechanism of Cu/CuF2 in all-solid-state fluoride battery
    (AiMES 2018 ECS 2018)
  • Novel High Capacity Cathode Materials Based on Li-rich Cathode Materials by Nitrogen-doping
    (AiMES 2018 ECS 2018)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る