研究者
J-GLOBAL ID:200901012562015651   更新日: 2020年06月08日

西田 升三

ニシダ シヨウゾウ | Nishida Shozo
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 薬学部 医療薬学科 薬物治療学研究室
研究分野 (4件): 薬理学 ,  実験病理学 ,  薬理学 ,  薬系衛生、生物化学
研究キーワード (3件): 実験病理学 ,  生化学 ,  薬物治療学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2015 - 2017 慢性骨髄性白血病における分子標的治療薬耐性機序の解明とその耐性克服薬の開発
  • ビスフォスフォネート、スタチンの多発性骨髄腫への抗腫瘍剤としての利用
  • スタチン、ビスフォスフォネートによる骨転移抑制機序の解析
  • ビスフォスフォネートによる破骨細胞分化抑制機序および効果の検討
  • スタチンによるアポトーシス誘導機序の解析および抗腫瘍、抗転移薬としての利用
全件表示
論文 (53件):
  • Tsubaki M, Takeda T, Noguchi M, Jinushi M, Seki S, Morii Y, Shimomura K, Imano M, Satou T, Nishida S. Overactivation of Akt Contributes to MEK Inhibitor Primary and Acquired Resistance in Colorectal Cancer Cells. Cancers. 2019. 11. 12
  • Tabata M, Tsubaki M, Takeda T, Tateishi K, Maekawa S, Tsurushima K, Imano M, Satou T, Ishizaka T, Nishida S. Inhibition of HSP90 overcomes melphalan resistance through downregulation of Src in multiple myeloma cells. Clinical and experimental medicine. 2019
  • Tsubaki M, Takeda T, Obata N, Kawashima K, Tabata M, Imano M, Satou T, Nishida S. Combination therapy with dacarbazine and statins improved the survival rate in mice with metastatic melanoma. Journal of cellular physiology. 2019. 234. 10. 17975-17989
  • Shinkai M, Imano M, Chiba Y, Iwama M, Shiraisi O, Yasuda A, Tsubaki M, Nishida S, Kimura Y, Yasuda T. Phase II trial of neoadjuvant chemotherapy with intraperitoneal paclitaxel, S-1, and intravenous cisplatin and paclitaxel for stage IIIA or IIIB gastric cancer. Journal of surgical oncology. 2018. 119. 1. 56-63
  • Shinkai M, Imano M, Chiba Y, Hiraki Y, Kato H, Iwama M, Shiraisi O, Yasuda A, Tsubaki M, Nishida S, Kimura Y, Yasuda T. Intraperitoneal Administration of Paclitaxel Followed by Paclitaxel, Cisplatin, and S-1 Chemotherapy for Cytology-positive Gastric Cancer: A Feasibility Study. Anticancer research. 2018. 38. 10. 5969-5974
もっと見る
MISC (61件):
特許 (10件):
もっと見る
書籍 (1件):
  • Alzheimer's disease pathogenesis-core concepts, shifting paradigms and therapeutic targets, Expression and cerebral function of amyloid precursor protein after rat traumatic brain injury
    Intech open access publisher 2011
講演・口頭発表等 (143件):
  • Survivin の発現増加が多発性骨髄腫におけるvincristine 耐性に中心的な役割を果たす.
    (第74回日本癌学会学術総会 2015)
  • 多発性骨髄腫での抗がん剤耐性獲得機序?シグナル伝達因子活性化によるMDR1、Survivin及びBimの発現調節?
    (日本薬学会第134回年会 2014)
  • 多発性骨髄腫でのTNF-αオートクライン阻害によるmTOR及びNF-κB抑制を介した抗がん剤感受性増強効果
    (日本薬学会第134回年会 2014)
  • Statinsによる悪性黒色腫でのRho経路阻害を介した転移抑制・延命効果
    (日本薬学会第134回年会 2014)
  • Nitrogen-containing bisphosphonatesによるRas/ERK及びRas/mTOR経路阻害を介したアポトーシス誘導機序
    (日本薬学会第134回年会 2014)
もっと見る
Works (3件):
  • ビスフォスフォネートによる骨代謝への影響
    2004 -
  • ビスフォスフォネートによる骨髄腫に対するアポトーシス誘導効果
    2003 -
  • ビスフォスフォネートによるアポトーシス誘導機序の解明
    2002 -
学歴 (2件):
  • - 1988 近畿大学 医学研究科 病理学
  • 近畿大学 薬学部 薬学科
学位 (2件):
  • 医学博士
  • 薬学修士
所属学会 (5件):
医療薬学会 ,  薬学会 ,  日本耳鼻咽喉科学会 ,  日本生化学会 ,  日本癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る