研究者
J-GLOBAL ID:200901012598147805   更新日: 2020年06月09日

相賀 裕美子

サガ ユミコ | Saga Yumiko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.nig.ac.jp/labs/ManDev/home-j.html
研究分野 (1件): 実験動物学
研究キーワード (2件): 分子生物学 ,  発生遺伝学
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2017 - 2022 生殖細胞の性分化機構
  • 2013 - 2017 RNA制御を介した生殖細胞の性特異的エピゲノムの確立
  • 2014 - 2016 生殖細胞の発生分化を司るRNA制御機構
  • 2009 - 2013 生殖細胞の性分化と精子幹細胞の維持を支える分子機構
  • 2011 - 2012 精子形成周期依存的な精子幹細胞制御機構の解析
全件表示
論文 (25件):
  • Kato Y, Iwamori T, Ninomiya Y, Kohda T, Miyashita J, Sato M, Saga Y. ELAVL2-directed RNA regulatory network drives the formation of quiescent primordial follicles. EMBO reports. 2019. 20. 12. e48251
  • Saba R, Kitajima K, Rainbow L, Engert S, Uemura M, Ishida H, Kokkinopoulos I, Shintani Y, Miyagawa S, Kanai Y, Kanai-Azuma M, Koopman P, Meno C, Kenny J, Lickert H, Saga Y, Suzuki K, Sawa Y, Yashiro K. Endocardium differentiation through Sox17 expression in endocardium precursor cells regulates heart development in mice. Scientific reports. 2019. 9. 1. 11953
  • Shimada R, Kiso M, Saga Y. ES-mediated chimera analysis revealed requirement of DDX6 for NANOS2 localization and function in mouse germ cells. Scientific reports. 2019. 9. 1. 515
  • Fujita Y, Tominaga T, Abe H, Kangawa Y, Fukushima N, Ueda O, Jishage KI, Kishi S, Murakami T, Saga Y, Kanwar YS, Nagai K, Doi T. An adjustment in BMP4 function represents a treatment for diabetic nephropathy and podocyte injury. Scientific reports. 2018. 8. 1. 13011
  • Fukuda K, Masuda A, Naka T, Suzuki A, Kato Y, Saga Y. Requirement of the 3'-UTR-dependent suppression of DAZL in oocytes for pre-implantation mouse development. PLoS genetics. 2018. 14. 6. e1007436
もっと見る
MISC (11件):
もっと見る
書籍 (1件):
  • 実験医学(増刊)「発生・分化・再生研究2005」,23 Notchシグナルの多様性
    2005
講演・口頭発表等 (274件):
  • マウス初期発生におけるDDX6の役割
    (第52回日本発生生物学会 2019)
  • マウス初期発生におけるWnt5a下流因子の探索
    (第52回日本発生生物学会 2019)
  • scRNA-Seqを利用したマウス生殖細胞オス化機構の研究
    (第52回日本発生生物学会 2019)
  • Germ cell specific conditional knockout without making mouse lines
    (2019)
  • Essential role of the expression network between two RNA-binding proteins in the formation of sustainable primordial follicles
    (日本分子生物学会年会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 筑波大学
  • 筑波大学大学院 生物科学研究科 生物物理化学専攻
  • 筑波大学
学位 (1件):
  • 理学博士
経歴 (11件):
  • 2000 - :国立遺伝学研究所・系統生物研究センター・教授
  • 1997 - :国立医薬品食品衛生研究所・毒性部・第4研究室・室長
  • 1997 - :国立医薬品食品衛生研究所・毒性部・第4研究室・主任研究官
  • 1995 - :萬有製薬筑波研究所・バイオメデイカル研究所
  • 1992 - :萬有製薬筑波研究所・バイオメデイカル研究所
全件表示
所属学会 (2件):
日本分子生物学会 ,  日本発生生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る