研究者
J-GLOBAL ID:200901012651060199   更新日: 2020年05月17日

櫻井 文子

サクライ アヤコ | Sakurai Ayako
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): ヨーロッパ史、アメリカ史
研究キーワード (6件): 公共圏 ,  政治文化 ,  自発的結社 ,  自然科学 ,  都市 ,  近代ドイツ
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2022 在外ドイツ系知識人と公共圏の科学-明治期東京における東洋文化研究協会を例に
  • 2015 - 2018 市場原理の拡大と公共圏の科学ー19世紀ドイツを例に
  • 2007 - 2009 19世紀ドイツにおける科学知の政治性-結社・実践・都市共同体
  • 2005 - 2006 日常性の中の科学-19世紀フランクフルトにおける自然科学結社と政治文化
論文 (11件):
  • 櫻井文子. 『蝶王国』台湾の創造-ハンス・ザウターと20世紀初頭のチョウ類標本取引. 専修大学人文科学研究所月報. 2019. 300. 83-106
  • 櫻井文子. サヌカイト「発見」に見る科学のインフォーマルなネットワーク:ナウマンによる紹介からヴァインシェンクによる命名記載まで. 専修大学人文科学研究所月報. 2018. 294. 9-24
  • 櫻井文子. 寄付金・募金・信託基金:19世紀ドイツの自然科学協会の財政事情. 科学史研究 第3期. 2018. 56. 284. 297-298
  • 櫻井文子. 科学とカネ ー 日本科学史学会第64回年会シンポジウム(一般公開)報告. 科学史研究第3期. 2018. 56. 284. 294-295
  • 櫻井文子. フランクフルトの「森の日」試論. 現文研(専修大学現代文化研究会). 2015. 91. 48-59
もっと見る
MISC (2件):
  • 櫻井文子. インドの博物館に見る歴史的展示空間の残存ーコルカタとパトナを例に. 専修大学人文科学研究所月報. 2015. 275. 39-54
  • 櫻井文子. 宮下晋吉『模倣から「科学大国」へ -19世紀ドイツにおける科学と技術の社会史. 歴史学研究. 2009. 852. 51-54
書籍 (4件):
  • 歴史の中の感情 失われた名誉/創られた共感
    東京外国語大学出版会 2018 ISBN:4904575695
  • ドイツ史を知るための50章
    明石書店 2016 ISBN:4750344133
  • Science and Societies in Frankfurt am Main (Science and Culture in the Nineteenth Century)
    Routledge 2013 ISBN:1848933975
  • 集いのかたち-歴史における人間関係
    柏書房 2004 ISBN:4760125701
講演・口頭発表等 (20件):
  • Purveyor of Natural History - Dr. O. Staudinger & A. Bang-Haas and the International Entomological Market, 1874-1914
    (Logistical Natures - Trade, Traffics, and Transformations in Natural History Collecting 2020)
  • Molluscs, plants, and giant salamanders for Frankfurt: Johannes Justus Rein in Japan, 1873-5
    (German Purveyors of Natural History in the Age of Empire: Collecting in the Asia Pacific in the Long Nineteenth Century 2020)
  • The Making of the Butterfly Kingdom - Hans Sauter (1871-1943) and the Institutionalization of Japanese Entomology
    (International Society for History, Philosophy, and Social Studies of Biology (ISHPSSB) 2019)
  • 寄付金・募金・信託基金:19世紀ドイツの自然科学協会の財政事情
    (日本科学史学会第64回年会・総会 シンポジウム「科学とカネ」 2017)
  • 相対化のアドバンテージー英語とドイツ語を使っての研究経験から
    (日本科学史学会 2016)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 2000 - 2006 東京大学 総合文化研究科 地域文化研究専攻博士課程
  • 2001 - 2005 ケンブリッジ大学 科学史科学哲学科(2007年3月24日学位授与)
  • 1998 - 2000 東京大学 総合文化研究科 地域文化研究専攻修士課程
  • 1993 - 1998 慶應義塾大学 文学部 史学科西洋史専攻
  • 1995 - 1996 デュッセルドルフ大学 哲学部留学
学位 (1件):
  • Ph.D. (ケンブリッジ大学)
経歴 (21件):
  • 2020/04 - 現在 専修大学 准教授
  • 2020/02 - 2020/03 マックス・プランク科学史研究所 客員研究員
  • 2015/04 - 2020/03 専修大学 准教授
  • 2018/01 - 2018/03 東京外国語大学 非常勤講師(ヨーロッパ地域研究B担当)
  • 2017/04 - 2017/09 成城大学 非常勤講師(European Studies A担当)
全件表示
所属学会 (6件):
史学会 ,  三田史学会 ,  日本科学史学会 ,  Deutsche Gesellschaft fuer Geschichte und Theorie der Biologie ,  社会経済史学会 ,  日本西洋史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る