研究者
J-GLOBAL ID:200901012818467474   更新日: 2020年01月10日

藤井 まき子

フジイ マキコ | FUJII Makiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 物理系薬学 ,  医療系薬学
研究キーワード (4件): 物理系薬学 ,  生物系薬学 ,  Physical pharmaceutics ,  Biopharmaceutics
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2015 - 2018 抗原・アジュバント複合化ナノ粒子を用いた経皮ワクチンシステムの開発
  • 2015 - 2016 医薬部外品および化粧品配合成分の安全性確保のための規格等に関する研究
  • 2012 - 2015 毛包をターゲットとしたナノ粒子化経皮ワクチンシステムの構築
論文 (102件):
  • 無限用量にて適用した種々剤形からのカフェインの皮膚透過性と皮膚内濃度の関係について. 日本香粧品学会誌. 2019. 43. 3. 183-190
  • 無限用量にて適用した種々剤形からのイソプロピルメチルフェノールの皮膚透過性と皮膚内濃度の関係について. 日本香粧品学会誌. 2019. 43. 2. 99-108
  • OWRK法に基づく皮膚へのローション剤の濡れ性と付着性の予測. 薬学雑誌. 2019. 139. 4. 635-640
  • The comparison of surface free energy of human, Yucatan Micropig, and hairless mouse skins and influence of surfactant ofn surface free energy of the skin. Biol. Pharm. Bull. 2019. 42. 2. 295-298
  • Application of pickering emulsion with cyclodextrin as an emulsifier ot a transdermal drug delivery vehicle. Biol. Pharm. Bull. 2019. 42. 1. 116-122
もっと見る
MISC (8件):
  • ヒト長期投与(安全性)試験の用量設定法ガイドライン発行に寄せて. 日本香粧品学会誌. 2019. 43. 3. 243-244
  • 化粧品・薬用化粧品中の成分の経皮吸収. 皮膚と美容. 2019. 51. 1. 20-24
  • 藤井まき子. 高分子を乳化剤とした皮膚適用製剤. ファームテクジャパン. 2015. 31. 2725-2729
  • 藤井まき子. 化粧品開発における皮膚移行・経皮吸収の重要性. 香粧会誌. 2015. 39. 109-113
  • 藤井まき子. セミナー 経皮吸収促進技術. ファルマシア. 2013. 49. 5. 400-404
もっと見る
書籍 (8件):
  • 化粧品・医薬品の経皮吸収
    フレグランスジャーナル社 2005
  • 現場の疑問に答える皮膚病治療薬Q&A
    中外医学社 2008
  • 次世代経皮吸収型製剤の開発と応用
    シーエムシー出版 2011
  • In vitro毒性・動態評価の最前線
    シーエムシー出版 2013
  • 皮膚科医のための香粧品入門
    金原出版 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (61件):
  • Sec61βによるタイトジャンクション開口・形成速度亢進のメカニズム
    (日本薬学会第134年会 2014)
  • 疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロースを用いたo/w型乳剤の処方検討
    (日本薬剤学会29年会 2014)
  • Encapsulation of UV-filter, methoxycinnamate 2-ethylhexyl, with polymer-Effect on distribution in Yucatan micropig skin-
    (The 3rd International Conference on Nutraceutical and Cosmetic Science 2014)
  • メタクリル酸コポリマーLを用いた油状薬物の固形製剤化
    (第58回日本薬学会関東支部大会 2014)
  • メトキシケイ皮酸 2-エチルヘキシルの皮膚移行性に与える乳化剤の影響
    (第58回日本薬学会関東支部大会 2014)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1976 - 1980 大阪大学 薬学部 薬学科
学位 (1件):
  • 薬学博士 (広島大学)
経歴 (5件):
  • 1982/04/01 - 1989/03/31 昭和薬科大学 助手
  • 1989/04/01 - 2000/03/31 昭和薬科大学 講師
  • 2000/04/01 - 2007/03/31 昭和薬科大学 助教授
  • 2007/04/01 - 2015/03/31 昭和薬科大学 准教授
  • 2015/04/01 - 日本大学 薬学部 教授
委員歴 (2件):
  • 日本香粧品学会 理事
  • 2017/04/01 - 日本薬剤学会 代議員
受賞 (2件):
  • 2013 - 日本毒性学会 ファイザー賞
  • 2008 - 日本香粧品学会 優秀論文賞
所属学会 (5件):
International Pharmaceutical Federation ,  日本DDS学会 ,  日本香粧品学会 ,  日本薬剤学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る