研究者
J-GLOBAL ID:200901012863419430   更新日: 2020年10月17日

大野 武雄

オオノ タケオ | Ohno Takeo
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (6件): 構造材料、機能材料 ,  結晶工学 ,  電子デバイス、電子機器 ,  ナノマイクロシステム ,  ナノ材料科学 ,  電気電子材料工学
研究キーワード (4件): 脳型・知的ナノイオニクスデバイス ,  原子スイッチ ,  MEMS ,  分子層エピタキシ
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2017 - 2020 電気化学材料が創る新しい知能情報処理デバイス(国際共同研究強化)
  • 2014 - 2018 電気化学材料が創る新しい知能情報処理デバイス
  • 2013 - 2017 極薄ナノ金属酸化膜をもつ抵抗変化型メモリ
  • 2004 - 2006 低次元系ナノ構造トンネル接合の実現とテラヘルツ帯域キャリア伝導機構の解明
論文 (31件):
  • Firman Mangasa Simanjuntak, Takeo Ohno, Sridhar Chandrasekaran, Tseung-Yuen Tseng, Seiji Samukawa. Neutral oxygen irradiation enhanced forming-less ZnO-based transparent analog memristor devices for neuromorphic computing applications. Nanotechnology. 2020. 31. 26. 26LT01
  • Simanjuntak, F.M., Ohno, T., Samukawa, S. Influence of rf sputter power on ZnO film characteristics for transparent memristor devices. AIP Advances. 2019. 9. 10. 105216
  • Firman Mangasa Simanjuntak, Takeo Ohno, Seiji Samukawa. Film-nanostructure-controlled inerasable-to-erasable switching transition in ZnO-based transparent memristor devices: sputtering-pressure dependency. ACS Applied Electronic Materials. 2019. 1. 11. 2184-2189
  • Firman Mangasa Simanjuntak, Takeo Ohno, Seiji Samukawa. Neutral oxygen beam treated ZnO-based resistive switching memory device. ACS Applied Electronic Materials. 2018. 1. 1. 18-24
  • Hongyu An, Takeo Ohno, Yusuke Kanno, Yuito Kageyama, Yasuaki Monnai, Hideyuki Maki, Ji Shi, Kazuya Ando. Current-induced magnetization switching using an electrically insulating spin-torque generator. Science Advances. 2018. 4. 2. eaar2250
もっと見る
特許 (2件):
書籍 (4件):
  • Artificial Synapses Realized by Atomic Switch Technology, in Atomic Switch (ed M. Aono)
    Springer 2020 ISBN:9783030348748
  • Compound Semiconductor Oscillation Device Fabricated by Stoichiometry Controlled-Epitaxial Growth and Its Application to Terahertz and Infrared Imaging and Spectroscopy, in Energy Efficient Computing & Electronics (eds S. K. Kurinec and S. Walia)
    CRC Press 2019
  • Atomic Switches, in Resistive Switching (eds D. Ielmini and R. Waser)
    Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA 2016
  • Nanoionic Switches as Post-CMOS Devices for Neuromorphic Electronics, in Micro- and Nanoelectronics (ed T. Brozek)
    CRC Press 2014
講演・口頭発表等 (7件):
  • 原子/イオン移動型素子を用いたニューロモルフィック動作
    (電子情報通信学会シリコン材料・デバイス研究会 2018)
  • 原子スイッチ-原子とイオンの移動を制御して動作するナノデバイス-
    (応用物理学会シリコンテクノロジー分科会第186回研究集会 2015)
  • Nanoionic switches for neuromorphic electronics
    (The 13th International System-on-Chip Conference, Exhibit & Workshops 2015)
  • Novel metal oxidation process by using a neutral beam and its application to electronic nano-devices
    (AIMR-NCTU Joint Workshop 2014)
  • Atomic switch technology for ultimate memory devices
    (MANA-ICYS Reunion Workshop 2014)
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 2005 東北大学大学院 材料物性学専攻 博士課程後期3年の課程 修了
  • - 2005 東北大学
  • - 2002 東北大学大学院 材料物性学専攻 博士課程前期2年の課程 修了
  • - 2002 東北大学
  • - 2000 東北大学 材料物性学 卒業
全件表示
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東北大学)
経歴 (10件):
  • 2018/03 - 現在 大分大学理工学部創生工学科 准教授
  • 2017/04 - 2018/02 東北大学材料科学高等研究所 准教授
  • 2013/10 - 2017/03 科学技術振興機構 さきがけ研究者
  • 2012/07 - 2017/03 東北大学原子分子材料科学高等研究機構 准教授
  • 2008/07 - 2012/04 物質・材料研究機構国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 NIMSポスドク研究員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2005 - 財団法人青葉工学振興会第11回研究奨励賞
  • 2003 - 応用物理学会東北支部第8回講演奨励賞
所属学会 (1件):
応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る