研究者
J-GLOBAL ID:200901012873906452   更新日: 2021年04月27日

金子 聰

カネコ サトシ | Kaneko Satoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
  • 医歯薬学総合研究科  教授
  • グローバル連携機構  アフリカ教育研究拠点長
  • 熱帯医学・グローバルヘルス研究科  教授
研究分野 (1件): 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
競争的資金等の研究課題 (32件):
  • 2020 - 2024 子供の成長と生活環境に関するアフリカ出生コホート研究
  • 2019 - 2024 スリランカ水害地域における安全教育を用いた持続可能な包括的水害対策研究
  • 2020 - 2023 狂犬病制圧にむけた犬のワクチン接種率向上にナッジは有効か -ランダム化比較実験-
  • 2020 - 2023 グローバルヘルスの改善・向上に資するIoT学術拠点の形成
  • 2019 - 2022 A Cross-sectional Study on Invasive Bacterial Infections Associated with Severe Malaria Among Children Hospitalized in Western Kenya
全件表示
論文 (90件):
  • Mio Tanaka, Anna O Kildemoes, Evans Asena Chadeka, Benard Ngetich Cheruiyot, Miho Sassa, Taeko Moriyasu, Risa Nakamura, Mihoko Kikuchi, Yoshito Fujii, Claudia J de Dood, et al. Potential of antibody test using Schistosoma mansoni recombinant serpin and RP26 to detect light-intensity infections in endemic areas. Parasitology international. 2021. 102346-102346
  • Hideki Fukuda, Yoshihiko Hayashi, Kazuo Toda, Satoshi Kaneko, Evelyn Wagaiyu. Perceived general health in relation to oral health status in a rural Kenyan elderly population. BMC oral health. 2021. 21. 1. 154-154
  • Sachi Tomokawa, Takashi Asakura, Sammy M Njenga, Doris Wairimu Njomo, Rie Takeuch, Takeshi Akiyama, Haruki Kazama, Alex Mutua, Walema Barnett, Hanae Henzan, et al. Examining the appropriateness and reliability of the strategy of the Kenyan Comprehensive School Health Program. Global health promotion. 2020. 27. 4. 78-87
  • Mami Hitachi, Violet Wanjihia, Lilian Nyandieka, Chepkirui Francesca, Norah Wekesa, Juma Changoma, Erastus Muniu, Phillip Ndemwa, Sumihisa Honda, Kenji Hirayama, et al. Improvement of Dietary Diversity and Attitude toward Recommended Feeding through Novel Community Based Nutritional Education Program in Coastal Kenya-An Intervention Study. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2020
  • Eman Sayed Mohammed, Risa Nakamura, Yombo Dj Kalenda, Sharmina Deloer, Taeko Moriyasu, Mio Tanaka, Yoshito Fujii, Satoshi Kaneko, Kenji Hirayama, Ahmed I Ibrahim, et al. Dynamics of serological responses to defined recombinant proteins during Schistosoma mansoni infection in mice before and after the treatment with praziquantel. PLoS neglected tropical diseases. 2020. 14. 9. e0008518
もっと見る
MISC (26件):
書籍 (2件):
  • Health in Ecological Perspectives in the Anthropocene
    Springer Singapore 2019
  • 油症研究-30年の歩み
    九州大学出版 2000
講演・口頭発表等 (4件):
  • スリランカ都市部の小学生における食品摂取状況と栄養不良の関連
    (日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 2018)
  • アフリカにおける複数の「顧みられない熱帯病」に対する一括抗体測定技術の応用
    (日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2016)
  • ケニア共和国ビタ県における口腔保健行動
    (日本公衆衛生学会総会抄録集 2011)
  • 日本におけるがん罹患の生涯リスク評価
    (日本癌学会総会記事 2004)
学歴 (3件):
  • 1998 - 2001 産業医科大学大学院
  • 1996 - 1997 Harvard School of Public Health
  • 1984 - 1990 防衛医科大学校
学位 (2件):
  • MPH (Harvard School of Public Health)
  • 博士(医学) (産業医科大学大学院)
経歴 (6件):
  • 2016/07 - 現在 長崎大学熱帯医学研究所 主任教授
  • 2005/10 - 2016/07 長崎大学熱帯医学研究所 教授(有期)
  • 2003/10 - 2005/09 国立がんセンター がん予防・検診研究センター 情報研究部 室長
  • 2001/04 - 2003/09 国立がんセンタ-研究所がん情報研究部がん情報システム室 がん情報研究部 室長
  • 1997/07 - 1998/03 国立がんセンタ-研究所 がん情報研究部 研修員
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2018/01 - 現在 日本疫学会 理事
  • 2017/11 - 現在 日本熱帯医学会 理事
  • 2015/01 - 現在 日本疫学会 代議員
  • 2011/01 - 2019/12 日本疫学会 Journal of Epidemiology編集委員
  • 2015/12 - 2018/11 日本学術振興会 科学研究費委員会専門員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2016/12 - 武見記念生存科学研究基金 武見奨励賞
  • 2005/01 - 日本疫学会 日本疫学会奨励賞
所属学会 (5件):
日本公衆衛生学会 ,  国際疫学会 ,  日本健康学会 ,  日本熱帯医学会 ,  日本疫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る