研究者
J-GLOBAL ID:200901012955443604   更新日: 2020年05月29日

山田 知明

ヤマダ トモアキ | Tomoaki Yamada
所属機関・部署:
職名: 専任教授
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/site/tyamadaeconomics/
研究分野 (3件): 経済政策 ,  経済政策 ,  理論経済学
研究キーワード (4件): 社会保障制度 ,  経済格差 ,  家計の消費・貯蓄行動 ,  動学的一般均衡理論
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2017 - 現在 動学的一般均衡モデルを用いた経済格差と財政・金融政策に関する定量分析
  • 2015 - 現在 多様な個人を前提とする政策評価型国民移転勘定の創成による少子高齢化対策の評価
  • 2012 - 2015 ロストジェネレーションの動学的一般均衡分析(研究代表者)
  • 2010 - 2015 多地域モデルによるDSGE財政政策の評価(研究分担者)
  • 2007 - 2010 家計における消費・貯蓄行動のマクロ経済的帰結としての資産格差とその厚生評価(研究代表者)
論文 (22件):
  • Minchung Hsu. Population Aging, Health Care and Fiscal Policy Reform: The Challenges for Japan. Scandinavian Journal of Economics. 2017
  • Masayuki Inui, Nao Sudo a, Tomoaki Yamada. Effects of Monetary Policy Shocks on Inequality in Japan. 2017. 642
  • 評価装置としての経済モデルとカリブレーション. 経済セミナー増刊. 2016. 42-45
  • 書評:『21世紀の資本』トマ・ピケティ著. 経済セミナー増刊号. 2015
  • マクロ経済学:一国の経済活動を体系的に理解する. 経済セミナー. 2014. 677. 4.5. 25-29
もっと見る
書籍 (4件):
  • 新しい経済の教科書(気鋭の論点:「奨学金の存在で経済はどれだけ成長するのか」)
    2014
  • 新しい経済の教科書(再掲:「失業したら、パラサイトシングルも悪くない」)
    日経BP 2013
  • ビジネス研究の最前線(第7章分担執筆)
    同文館出版 2012 ISBN:9784495644918
  • 応用ミクロ計量経済学(第11章)
    日本評論社 2010 ISBN:9784535555938
講演・口頭発表等 (36件):
  • Effects of Monetary Policy Shocks on Inequality in Japan
    (2018)
  • Effects of Monetary Policy Shocks on Inequality in Japan
    (Pan Pacific Conference in Economic Research 2018)
  • Effects of Monetary Policy Shocks on Inequality in Japan
    (CEP-SNB-SCG Workshop on Aggregate and Distributive Effects of Unconventional Monetary Policies 2017)
  • TFP Growth, Monetary Policy, and Inequality in Japan
    (Asian Meeting of the Econometric Society 2016)
  • TFP Growth, Monetary Policy, and Inequality in Japan
    (日本経済学会2016年度春季大会 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2002 - 2005 一橋大学 経済学研究科 経済理論・経済統計専攻
  • 2000 - 2002 一橋大学 経済学研究科 経済理論・経済統計専攻
  • 1996 - 2000 立教大学 経済学部 経営学科
学位 (1件):
  • 博士(経済学) (一橋大学)
経歴 (1件):
  • 2006/04 - 2009/03 立正大学 経済学部
委員歴 (1件):
  • 2008/04 - 2009/03 「公的年金財政・運用モデルに関する研究会」(財団法人 年金シニアプラン総合研究機構) 研究会委員
所属学会 (4件):
日本経済学会 ,  計量経済学会 ,  アメリカ経済学会 ,  ヨーロッパ経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る