研究者
J-GLOBAL ID:200901013072728036   更新日: 2019年04月03日

岡本 亮輔

オカモト リョウスケ | Okamoto Ryosuke
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 観光学 ,  社会学 ,  宗教学
研究キーワード (11件): サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼 ,  テゼ共同体 ,  パワースポット ,  巡礼地 ,  聖地 ,  後期近代化 ,  宗教社会学理論 ,  世俗化 ,  フランス ,  ツーリズム ,  聖地巡礼
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • フランスを中心とした西欧キリスト教の聖地巡礼/ツーリズムの宗教社会学的研究
論文 (3件):
  • 岡本 亮輔. ダークツーリズムから見る聖地巡礼--カトリックの聖遺物と主観的真正性. 立命館大学人文科学研究所紀要. 2017. 110. 61-84
  • 岡本 亮輔. フェイクが生み出す真正性--青森県新郷村「キリストの墓」の聖地観光. 哲学・思想論集. 2014. 39. 59-77
  • 岡本 亮輔. 帝国の牧師、聖地にて落涙す--明治期プロテスタンティズムと宗教ツーリズム. 哲学・思想論集. 38. 41-58
MISC (5件):
  • 岡本亮輔. 聖地体験における真正性の多様化-パリ・奇蹟のメダル教会の巡礼/ツーリズム-. 宗教学・比較思想学論集. 2009. 10
  • 岡本亮輔. 聖地の零度-フランス・テゼ共同体の事例を中心に-. 宗教と社会. 2009. 15
  • 岡本亮輔. 場所のない聖地、記憶のない共同体-フランス・テゼ共同体の事例-. 宗教学・比較思想学論集. 2008. 9
  • 岡本亮輔. 現代フランスにおけるカトリックの位層-新人種主義の宗教的次元-. 宗教学・比較思想学論集. 2007. 8
  • 岡本亮輔. 私事化論再考-個人主義モデルから文脈依存モデルへ-. 宗教研究. 2007. 81. 1
書籍 (9件):
  • 東アジア観光学--まなざし・場所・集団
    2017 ISBN:9784750515052
  • 江戸東京の聖地を歩く
    2017 ISBN:9784480069511
  • 多文化時代の観光学--フィールドワークからのアプローチ
    世界思想社 2017
  • 聖地巡礼 - 世界遺産からアニメの舞台まで (中公新書)
    中央公論新社 2015 ISBN:4121023064
  • 聖地巡礼ツーリズム
    弘文堂 2012 ISBN:4335160712
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2004 - 2010 筑波大学大学院人文社会科学研究科哲学・思想専攻
学位 (1件):
  • 博士(文学) (筑波大学)
受賞 (2件):
  • 2013/09 - 日本宗教学会賞 『聖地と祈りの宗教社会学-巡礼ツーリズムが生み出す共同性』
  • 2012/02 - 第6回(財)国際宗教研究所賞 博士論文「ポスト世俗化の宗教変容と宗教社会学の再構築-現代フランスの聖地巡礼についての宗教社会学的研究」
所属学会 (3件):
筑波大学哲学・思想学会 ,  「宗教と社会」学会 ,  日本宗教学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る