研究者
J-GLOBAL ID:200901013129595240   更新日: 2020年07月06日

高橋 直人

タカハシ ナオト | Takahashi Naoto
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 血液、腫瘍内科学 ,  血液、腫瘍内科学
研究キーワード (5件): 薬物遺伝学 ,  薬物動態 ,  分子細胞遺伝学 ,  血液腫瘍学 ,  血液学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2002 - 悪性リンパ腫の分子細胞遺伝学的研究
  • 2001 - CMLの分子細胞遺伝学的研究の臨床応用
  • 2000 - リンパ腫関連血球貧食症候群の臨床研究
  • TKIの薬理遺伝学的研究
論文 (48件):
  • Ikeda S, Kobayashi T, Saito M, Komatsuda A, Ubukawa K, Kameoka Y, Takahashi N. Multiparameter Flow Cytometry for the Identification of Neoplastic Plasma Cells in POEMS Syndrome with IgG-kappa Gammopathy: Successful Treatment Using Lenalidomide and Dexamethasone. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2019
  • Hirabayashi S, Hasegawa D, Yamamoto K, Nishimura A, Hosoya Y, Shuo T, Kiyokawa N, Miura M, Takahashi N, Manabe A. Dasatinib and low-intensity chemotherapy for Philadelphia chromosome-positive acute lymphoblastic leukemia in a child with Down syndrome. Pediatric blood & cancer. 2019. 66. 5. e27612
  • Kobayashi T, Miura M, Abumiya M, Akamine Y, Ito F, Takahashi N. Influence of ABCB1 polymorphisms on the pharmacokinetics and toxicity of lenalidomide in patients with multiple myeloma. Medical oncology (Northwood, London, England). 2019. 36. 6. 55
  • Kaga H, Komatsuda A, Yamamoto S, Kikuchi T, Kamata M, Sato A, Odaka M, Yokota SI, Takahashi N, Wakui H. Comparison of measurements of anti-PLA2R antibodies in Japanese patients with membranous nephropathy using in-house and commercial ELISA. Clinical and experimental nephrology. 2019. 23. 4. 465-473
  • Goto T, Ubukawa K, Kobayashi I, Sugawara K, Asanuma K, Sasaki Y, Guo YM, Takahashi N, Sawada K, Wakui H, Nunomura W. ATP produced by anaerobic glycolysis is essential for enucleation of human erythroblasts. Experimental hematology. 2019. 72. 14-26.e1
もっと見る
MISC (26件):
  • 渡部 敦, 吉岡 智子, 伊藤 史子, 池田 翔, 郭 永梅, 奈良 美保, 藤島 眞澄, 藤島 直仁, 市川 善一, 中山 豊, 川端 良成, 北林 淳, 桑山 明久, 小笠原 仁, 井上 武, 茂木 睦仁, 仁村 隆, 三田 亜紀子, 道下 吉広, 波多野 善明, 伊藤 貢, 黒木 淳, 手島 和明, 大八木 秀明, 久米 正晃, 野口 晋佐, 鵜生川 久美, 亀岡 吉弘, 高橋 直人. 秋田県内の多施設調査による骨髄異形成症候群に対するアザシチジンの使用状況と安全性/有効性に関する検討(Azacitidine safety and efficacy in Myelodysplastic syndrome: A multicenter survey in Akita). 臨床血液. 2018. 59. 9. 1780-1780
  • 齋藤 雅也, 渡邊 春佳, 阿部 史人, 池田 翔, 奈良 瑞穂, 鵜生川 久美, 佐藤 隆太, 奥山 慎, 亀岡 吉弘, 小松田 敦, 高橋 直人. 腸炎を契機に発症した横紋筋融解に伴う急性腎障害. 日本腎臓学会誌. 2018. 60. 6. 902-902
  • 池田 翔, 北舘 明宏, 阿部 史人, 小林 敬宏, 高橋 直人, 田川 博之. 治療への基礎的アプローチ 骨髄腫微小環境で発現上昇する解糖系遺伝子群の治療標的としての可能性. International Journal of Myeloma. 2018. 8. 2. 92-92
  • 池田 翔, 北舘 明宏, 阿部 史人, 小林 敬宏, 高橋 直人, 田川 博之. 治療への基礎的アプローチ 骨髄腫微小環境で発現上昇する解糖系遺伝子群の治療標的としての可能性. International Journal of Myeloma. 2018. 8. 2. 92-92
  • Kitadate Akihiro, Ikeda Sho, Abe Fumito, Takahashi Naoto, Shimizu Norio, Matsue Kosei, Tagawa Hiroyuki. Histone Deacetylase Inhibitors Downregulate CCR4 Expression and Decrease Mogamulizumab Efficacy in CCR4-Positive Mature T-Cell Lymphomas. BLOOD. 2017. 130
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1997 秋田大学 医学研究科 内科学第三系
  • - 1990 秋田大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (秋田大学)
経歴 (7件):
  • 2015/02 - 現在 秋田大学大学院医学系研究科 教授
  • 2006/02 - 2015/01 - 秋田大学医学部第三内科学講座講師
  • 2005/09 - 2006/01 秋田大学医学部第三内科学講座助手
  • 2003/05 - 2005/08 カナダサスカチュワン大学がんセンター研究員
  • 2002/03 - 2003/04 秋田大学医学部第三内科学講座助手
全件表示
委員歴 (3件):
  • 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
  • 日本血液学会 血液専門医 血液指導医 評議員
  • 日本内科学会 総合内科専門医
受賞 (2件):
  • 2001 - 山下太郎学術研究奨励賞
  • 1999 - 第10回秋田医学学術奨励賞
所属学会 (2件):
米国血液学会 ,  日本血液学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る