研究者
J-GLOBAL ID:200901013170114291   更新日: 2020年07月01日

臼井 恵美子

ウスイ エミコ | EMIKO USUI
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.ier.hit-u.ac.jp/~usui/
研究分野 (3件): 公共経済、労働経済 ,  経済政策 ,  経済政策
研究キーワード (4件): 中高年者の就業 ,  家族の経済学 ,  主観確率 ,  労働経済学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2015 - 現在 女性活躍の効果的推進と条件整備
  • 2015 - 2020 多様な個人を前提とする政策評価型国民移転勘定の創成による少子高齢化対策の評価
  • 2013 - 2016 日本の若手・女性経済研究者の現状と課題分析
  • 2011 - 2015 女性の出産・育児と就業行動の実証研究
  • 2008 - 2010 労働市場における情報の非対称性の実証分析
論文 (19件):
  • Takashi Oshio, Emiko Usui, Satoshi Shimizutani. Labor force participation of the elderly in Japan (共著). Courtney C. Coil, Kevin Milligan, and David A. Wise eds., Social Security Programs and Retirement around the World: Working Longer. 2019. 163-178
  • Takashi Oshio, Emiko Usui. How Does Informal Caregiving Affect Daughters’ Employment and Mental Health in Japan? (共著). Journal of the Japanese and International Economies. 2018. 49. 1-7
  • 臼井 恵美子, 小林 美樹. 妊娠知識が出産に対する主観的期待に与える影響. 経済研究. 2018. 69. 3. 227-241
  • Emiko Usui, Satoshi Shimizunani, Takashi Oshio. Health Capacity to Work at Older Ages: Evidence from Japan (共著). David A. Wise ed., NBER book Social Security Programs and Retirement Around the World: The Capacity to Work at Older Ages, University of Chicago Press. 2017
  • Miki Kobayashi, Emiko Usui. Breastfeeding Practices and Parental Employment in Japan (共著). Review of Economics of the Household. 2017. 15. 2. 579-596
もっと見る
MISC (3件):
  • Usui Emiko. Why Wages Do Not Increase Despite the Labor Shortage. SOCIAL SCIENCE JAPAN JOURNAL. 2018. 21. 2. 363-365
  • 臼井 恵美子. インタビュー 女性経済学者を訪ねて(第30回)若い人々に経済学の魅力をアピール 臼井恵美子さん. 経済セミナー = The keizai seminar. 2015. 682. 5-8
  • 赤林 英夫, 坂田 圭, 臼井 恵美子. 学界展望 労働経済学研究の現在--2006〜08年の業績を通じて. 日本労働研究雑誌. 2009. 51. 2. 2-38
講演・口頭発表等 (12件):
  • Health Capacity to Work at Older Ages: Evidence from Japan
    (Technology and Aging Workforce: Maximizing the Gains from Longevity and Long Working Life 2018)
  • Are Japanese Men of Pensionable Age Underemployed or Overemployed?
    (International Conference on Pensions, Insurance and Savings 2018)
  • Breastfeeding Practices and Parental Employment in Japan
    (一橋大学・中国人民大学共催第7回アジア政策フォーラム『高齢化時代への対応』 2017)
  • 日本の労働市場における年金世代男性のさらなる貢献の可能性
    (国立大学附置研究所・センター長会議 第三部会シンポジウム、高齢化時代の働き方・暮らし方 2017)
  • How Does Informal Caregiving Affect Daughters’ Employment and Mental Health in Japan?
    (Population Association of America 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1997 - 2002 ノースウェスタン大学 経済学研究科
  • 1993 - 1997 東京大学 経済学部 経済学科
学位 (1件):
  • 博士(Ph.D.) (ノースウェスタン大学)
経歴 (6件):
  • 2019 - 現在 一橋大学 教授
  • 2009 - 現在 IZA Institute of Labor Economics Research Fellow
  • 2014 - 2019 一橋大学 准教授
  • 2007 - 2014 名古屋大学 准教授
  • 2002 - 2007 Wayne State University Assistant Professor
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2018/04 - 現在 日本学術会議 経済学委員会ワークライフバランス研究分科会 幹事
  • 2017/10 - 現在 日本学術会議 連携委員
  • 2018/09 - 2018/09 日本経済学会 秋季大会プログラム委員
  • 2014/04 - 2018/03 日本経済学会 代議員
  • 2010/06 - 2010/06 日本経済学会 春季大会プログラム委員
所属学会 (3件):
Society of Labor Economists ,  日本経済学会 ,  アメリカ経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る