研究者
J-GLOBAL ID:200901013178931361   更新日: 2010年02月25日

並河 永

ナミカワ ヒサシ | Namikawa Hisashi
研究分野 (2件): 経済政策 ,  経済政策
研究キーワード (5件): 法と経済学 ,  取引慣行 ,  応用ミクロ経済学 ,  流通 ,  産業組織論
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2005 - 2010 日本の流通と消費者の特徴
MISC (15件):
  • Hisashi Namikawa. Nonlinear Price and Intra-Brand Competition: Nobody Wins Theorem. Asian Economy and Social Environment. 2009. 2. 26-35
  • 並河永. 小売価格維持と強制メカニズム : 大阪売薬濫売強制運動の試みと挫折<論文>. 社会科学論集. 2007. 120. 1-12
  • 並河永. 数量割引、価格維持と流通の経済分析. 総合研究機構研究プロジェクト研究成果報告書. 2007. 第5号(18年度). 414-415
  • 並河永. 日本の飲食料品店舗密度に関するパネル分析. 社会科学論集. 2003. 109. 83-90
  • 並河永. 食料品の消費習慣と店舗密度. 社会科学論集. 2001. 103. 23-33
もっと見る
書籍 (4件):
  • 並河永 流通の効率性とその指標
    大空社 1998
  • 並河永 情報経済学入門 (第6章担当)
    富士通経営研修所 1997
  • 並河永、 有賀健編著 日本的流通の経済学 (5・6章担当)
    日本経済新聞社 1993
  • 有賀健、並河永、 三輪芳朗・西村清彦編 流通費用と参入障壁 日本の流通
    東京大学出版会 1991
講演・口頭発表等 (2件):
  • 小売店間濫売防止協定の強制メカニズム大正・昭和初期大阪売薬業界の事例を中心として
    (2004)
  • 非線形価格とブランド内競争-勝者不存在命題-
    (2004)
学歴 (3件):
  • - 1991 京都大学 経済学研究科 理論経済学経済史学専攻
  • - 1989 京都大学 経済学研究科 理論経済学経済史学専攻
  • - 1986 京都大学 経済学部 経済学科
学位 (2件):
  • 経済学修士 (京都大学)
  • 博士(経済学) (京都大学)
経歴 (4件):
  • 2006 - 2006 , 埼玉大学経済学部教授 ミクロ経済学
  • 1993/10 - - 2007, 埼玉大学経済学部助教授 ミクロ経済学
  • 1992/10 - 1993/09 , 埼玉大学経済学部講師 流通経済論
  • 1991/04 - 1992/09 , 埼玉大学経済短期大学部講師 流通論
所属学会 (3件):
法と経済学会 ,  経営史学会 ,  日本経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る