研究者
J-GLOBAL ID:200901013267042678   更新日: 2020年02月17日

高浜 秀

タカハマ シユウ | Takahama Shu
所属機関・部署:
職名: 名誉館員 客員研究員
研究分野 (2件): 考古学 ,  アジア史、アフリカ史
研究キーワード (3件): 初期遊牧民 ,  ユーラシア草原地帯 ,  考古学
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2018 - 2021 初期遊牧社会における社会複雑化とユーラシア東西交易路の復元に関する包括的研究
  • 2012 - 2015 中国における初期の馬具
  • 2006 - 2008 北方ユーラシア遊牧民部族社会の考古学的研究
  • 2003 - 2006 ユーラシア草原地帯東部における騎馬遊牧文化の成立に関する研究
  • 1999 - 2002 春秋戦国時代銅器の研究
全件表示
論文 (26件):
  • 高浜 秀. 鍑-什器か祭器か. アジア遊学 ユーラシアの大草原を掘る-草原考古学への道標. 2019. 181-193
  • 高浜 秀. 初期遊牧民文化の広まり. アジア遊学 ユーラシアの大草原を掘る-草原考古学への道標. 2019. 64-78
  • 高浜 秀. Two technical traditions of casting horse bits in China and their relationships with the steppe area. Asian Archaeology. 2019. DOI 10.1007/s41826-019-00027-w
  • 髙濱 秀. 総会記念講演 日本考古学会第114回総会2016年11月26日(土) 中国と草原地帯における初期の金属製馬具について. 考古学雑誌 = Journal of the Archaeological Society of Nippon. 2018. 100. 1. 70-84
  • 高浜 秀. 中国古代の銜の鋳造について. アジア鋳造技術史学会 研究発表概要集. 2015. 9. 9-11
もっと見る
MISC (23件):
  • 髙濱 秀. 上御殿遺跡出土の銅剣鋳型について. 考古学雑誌 = Journal of the Archaeological Society of Nippon. 2017. 99. 1. 136-139
  • 髙濱 秀. 刊行にあたって. 金沢大学考古学紀要 = Archaeology Bulletin, Kanazawa University. 2012. 33
  • 「北方ユーラシア遊牧民部族社会の考古学的研究」. 『文部科学省科学研究費補助金特定領域研究 セム系部族社会の形成 平成19年度研究報告』. 2009. 51-58
  • 「公募研究「北方ユーラシア遊牧民部族社会の考古学的研究」平成18年度研究成果」. 『文部科学省科学研究費補助金特定領域研究 セム系部族社会の形成 平成18 年度研究報告』. 2007
  • 「西アジアにおける初期騎馬遊牧民関係の遺跡を訪ねて」. 『文部科学省科学研究費補助金 「特定領域研究」 Newsletter』. 2007. 8
もっと見る
書籍 (6件):
  • Современное решение актуальных проблем евразийской археологии
    2013
  • 鍑の研究 ユーラシア草原の祭器・什器
    雄山閣 2011
  • 生産と技術の考古学
    朝倉書店 2008 ISBN:9784254535341
  • ユーラシア草原地帯東部における騎馬遊牧文化の成立に関する研究
    [高濱秀] , 2006.3 2006
  • 東京国立博物館所蔵 中国北方系青銅器
    東京国立博物館 竹林j舎 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • モンゴル青銅器時代遺跡の調査(公開講演・研究発表要旨,2007(平成19)年度内陸アジア史学会大会記事,彙報)
    (内陸アジア史研究 2008)
  • Archaeology of the Eurasian Steppes and Xiongnu Activity. 2007
    (Opening up the Silk Road: The Han and the Eurasian World 2007)
  • ユーラシア草原考古学と匈奴の活動
    (シルクロードを拓く-漢とユーラシア世界 2007)
  • 北方ユーラシアの青銅器文化
    (国立歴史民俗博物館 2006)
  • 騎馬民族のシルクロード--草原の道 (シルクロードの世界--シルクロード文化セミナー)
    (シルクロ-ド学研究叢書 2004)
学歴 (2件):
  • - 1973 東京大学 人文科学研究科 考古学
  • - 1971 東京大学 文学部 考古学
学位 (1件):
  • 文学修士 (東京大学)
経歴 (2件):
  • 2001/04 - 2014/03 金沢大学 教授
  • 1973/04 - 2001/03 東京国立博物館 研究員、室長
委員歴 (3件):
  • 2017 - 現在 日本考古学会 会長
  • 2005 - 2008 日本西アジア考古学会 幹事、副会長
  • 1973 - 日本考古学会 幹事
受賞 (1件):
  • 1978 - 流沙海西奨学会賞
所属学会 (5件):
日本中国考古学会 ,  日本オリエント学会 ,  日本考古学協会 ,  日本西アジア考古学会 ,  日本考古学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る