研究者
J-GLOBAL ID:200901013442829015   更新日: 2020年04月26日

上田 誠一郎

ウエダ セイイチロウ | Ueda Seiichiro
所属機関・部署:
職名: 博士後期課程教授
研究分野 (1件): 民事法学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 契約の基礎理論の比較法的研究
論文 (14件):
  • 上田 誠一郎, ウエダ セイイチロウ, Ueda Seiichirou. 遺言書の破棄による遺言の撤回と遺言の変更 : 民法一〇二四条前段と九六八条二項の関係をめぐる立法史的考察 (田井義信教授 錦織成史教授 安永正昭教授 寺山啓進教授 退職記念論集). 同志社法学 = The Doshisha law review. 2017. 68. 7. 2493-2524
  • 上田誠一郎. ドイツ法におけるクレジットカード取引の法的構成. CCR. 2015. 5. 67-80
  • 上田 誠一郎. 嫡出でない子の法定相続分に関する民法九〇〇条四号但書前段の合理性についての一考察 (釜田泰介教授古稀記念論集). 同志社法学. 2013. 64. 7. 2511-2527
  • 上田 誠一郎. 遺言の解釈と上告審裁判所の役割. 同志社法学. 2009. 60. 7. 3161-3185
  • 上田 誠一郎. 全面的価格賠償の方法による共有物の分割と対価の確保の問題について. 同志社法学. 2004. 55. 6. 1433-1459
もっと見る
MISC (37件):
  • 上田誠一郎. 認知症で経済的に切迫した状況にある者を相手方とする契約が公序良俗に反する暴利行為とされた事案. 私法判例リマークス. 2020. 60. 6
  • 上田誠一郎. 法律行為の解釈と慣習. 別冊jurist 民法判例百選(1)総則・物権 第8版. 2018. 237. 40
  • 上田誠一郎. 遺言者が遺言書に斜線を引く行為は民法1024条にいう遺言書の破棄に該当するか 最高裁平成27年11月20日第二小法廷判決. 法学教室. 2016. 427. 46
  • 潮見 佳男, 道垣内 弘人. 民法判例百選(1)総則・物権 第7版. 別冊jurist. 2015. 51. 1. 1-206
  • 中田 裕康, 潮見 佳男, 道垣内 弘人. 民法判例百選(1)総則・物権 「第6版」[含 年月日順総索引]. 別冊ジュリスト. 2009. 45. 2. 1-208
もっと見る
書籍 (2件):
  • 債権総論・契約総論
    法律文化社 2018 ISBN:9784589039477
  • 契約解釈の限界と不明確条項解釈準則
    日本評論社 2003 ISBN:4535513090
学歴 (3件):
  • - 1989 京都大学 法学研究科 民刑事法専攻
  • - 1986 京都大学 法学研究科 民刑事法専攻
  • - 1984 京都大学 法学部
学位 (2件):
  • 博士(法学) (京都大学)
  • 法学修士 (京都大学)
所属学会 (3件):
日本消費者法学会 ,  私法学会 ,  比較法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る